teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re>ヒライソガニだけに歩脚の前縁に剛毛

 投稿者:南港グループ和田  投稿日:2009年 2月18日(水)22時14分47秒
返信・引用
  はまん婆さん
原色検索日本海岸動物図鑑Ⅱの記述、見ました、たしかに「後縁に」と書いてありますね。おそらく元々のヒライソガニ(外海に面した岩礁海岸などにいるもの)も後縁に少しだけ毛が生えているようです。今問題になっているヒライソガニのもう一種のほう(内湾や河口域にいる?)は前縁に剛毛が生えていて、これは岩礁海岸などで見られる元々のヒライソガニには生えていないものなのだそうです。ぜひまた今度確かめてみてください。
あとは甲羅の形と目の下の顆粒列の顆粒の数、ハサミの形などが違うようで私も今注目して探しています。

この写真は2007年4月に甲子園浜で見つけたヒライソガニで、私のHPでもヒライソガニと紹介しているものですが、改めてこの個体の写真を見直してみると歩脚前縁に剛毛が認められ、甲羅の形からももう一種のほうに当てはまりました。またいずれ変更しなければなりません。
 
 

ヒライソガニだけに歩脚の前縁に剛毛

 投稿者:はまん婆  投稿日:2009年 2月18日(水)10時36分46秒
返信・引用
  和田さん 有難うございます。ヒライソガニ問題をやっていて、えらいことを見つけました。「原色検索日本海岸動物図鑑(Ⅱ)」西村三郎編著・保育社・1995年12月発行の408頁ヒライソガニのところですが、「各歩脚の後縁に短毛が租生する」とあり「前」ではなく「後」なのです。和田さんの写真では明らかに「前」ですよね。私はこの図鑑を最も頼りにしていたのと何かの本で「剛毛」と記憶があり、それを基に判別同定してきました。?ヒライソガニ2種目(昨年に採集)には「後」に「剛毛が租生」していたようにおもうのですが・・。今年の夏にしっかり確かめたいです。  

ケフサイソガニだった(真っ白いカニ2匹とも)

 投稿者:はまん婆  投稿日:2009年 2月16日(月)22時51分59秒
返信・引用
  何者かを判別すつ大切なポイントをわすれていた。和田太一さんから「口のところの形に決定的なものがある。ヒラは斜めの線、ケフサは横一の線・・・。」と。見せても戴いていたのにうろ覚えだった。口のところを専門的には口顎脚というのが正しいことが分かった。サイト「番匠おさかな館の図鑑ー大分のいきものーカニ・・・」が写真、具体的な図で一番参考になった。そこで本日二匹ともを調べた。甲幅はどちらも14mm。08年10月23日には11mmと8mmだったのが大きくなった。意識して写真と撮った。写真中央の口顎脚には横一の線が見える。頬にはっきりした黒い点がある。ケフサイソガニだ。それにしてもケフサの甲羅が全体に白いなんて聴いたことが無い。
 

サキグロは

 投稿者:南港グループ和田  投稿日:2009年 2月16日(月)18時38分39秒
返信・引用
  こんにちは。
写真見ました。サキグロタマツメタとしている大きな巻貝はスクミリンゴガイだと思います。田んぼなどで増えているジャンボタニシと呼ばれている移入種です。川の上流から流れ着いたのではないでしょうか。

ヒライソガニの2種目か?のほうは小さい個体のようなので少し難しいですが、先日研究者の方から詳しい識別ポイントを聞いてきました。歩脚の前縁に剛毛(軟毛や羽状の毛ではなく)が生えているかどうかがポイントです。甲羅の最大幅の場所も少し異なります。ただ小さい個体だとどうなのかはわからないですね。
それとケフサイソガニ(またはタカノケフサ)でも時々甲羅が白いものがいますね。
 

前回とよく見て比較したら

 投稿者:はまん婆  投稿日:2009年 2月15日(日)17時28分14秒
返信・引用
  前回のにも今回と同じような軟らかい毛がついていた。図鑑のように租毛が棘のように歩脚の後ろの縁に有るのは前回で今回は無い。軟らかい毛のような物は歩脚の前の縁の方にも多くある。後ろ側だけでないといけないのに。もう一度脱皮すると租毛がはえるかもしれない。このカニだけ飼育観察を可能なかぎりつづける必要はありそうだ。それにしてもこのカニ達は何者?  

これらもヒライソガニの2種目か?

 投稿者:はまん婆  投稿日:2009年 2月15日(日)16時51分31秒
返信・引用
  はまん婆の水槽を始める昨年10月末、意図的に甲羅の白い幼カニを2匹入れた。ヒライソガニは、イソガニの仲間で甲羅の色の模様が様々な変化がある。形は甲羅が特異なまっ平ら。各歩脚の後縁には短毛が租生すると図鑑にある。まだ幼いので特徴条件3つともは確認できない。真っ白は他のイソガニ類には無いだろうと考えてヒライソガニ狙いで飼育観察することにした。12月に脱皮して大きくなり最近では甲羅もしっかりしている。海水交換のときにふと見ると歩脚に軟らかそうな毛が沢山生えている。租生ではない。甲羅はふくらみがある。前出5ページ08年7月17日投稿のようなカニだろうか?水槽解散の3月中頃、大阪市立自然史博物館の山西先生所へ持っていこう。





大きくなり
 

サキグロツメタ へそ側

 投稿者:はまん婆  投稿日:2009年 2月14日(土)14時39分43秒
返信・引用
  このサキグロツメタは、高さ62mm、幅54mm。こんなに大きくなったものを見て驚いた。これから注目していきたい。  

サキグロツメタ 春一番の贈り物

 投稿者:はまん婆  投稿日:2009年 2月14日(土)14時06分9秒
返信・引用
  2月14日(土)AM9:30~10:30夜中春一番だったので打ち上げ調査に出かけた。潮位9:34(125cm)満潮。砂浜西端から200mほどの区間。ゴミはかなり打ち上がっている。漂っているもの。ショウジョウケノリ、ムカデノリ、ハバノリ、アナアオサ細かい破片、アカクラゲ2体、カミクラゲ小1体。貝も常連ばかりで少し量が増えたみたい。150mすぎに大きい巻貝。蓋は取れているが身肉が入っている。昨年の大阪湾生物一斉調査で干潟において幼貝が1個確認されていた。1000m西で見つかったと言うことはどういうことか。図鑑によれば、九州有明海(5-10m)、中華、朝鮮とある。大阪湾としては、移入種として注目されていたようだ。  

待望のシミコクラゲ 大発生

 投稿者:はまん婆  投稿日:2009年 2月12日(木)13時46分43秒
返信・引用
  2月11日(祝)東へ100mほどの所、あわ立っている海水を3杯目くらいの時「いた!」10杯目ぐらいの時{またいた!」。帰る時間なのでカミクラゲが打ち寄せていたところの水を汲んで帰った。夜光虫はバケツの水面全体に発光する。水面がツンツン。いるいるシミコクラゲだ!。8リットルの水に20匹以上。これは大発生といってよい。画像は、偶然に来た息子が撮影。このサイトの7ページ08年1月19日投稿もご覧ください。甲子園浜自然環境センター3階では、飼育展示されています。期間限定のクラゲですから早めにいってくださいね。4ミリほどのミニミニくらげ。  

カミクラゲ 高さ3cm幅2.5cm 2個体

 投稿者:はまん婆  投稿日:2009年 2月12日(木)12時42分28秒
返信・引用
  2月11日(祝)午前、甲子園浜自然環境センターの堀野さんから「シミコクラゲがいました。バケツでガバッとすくった海水に5~6匹入っていました。」と電話をいただいた。今期はなかなか現れなかったがやっと・・・。午後4時上げ潮が動き始める頃、砂浜の西端から東へと柄杓で海水をすくって調べながら移動した。いない!。気落ちしながら50m行くと小さいカミクラゲが2固体。カミクラゲは春のもの、高さ10cm幅6cmになる。4本ある放射管の付け根の方から触手を多数なびかせていて、まるで髪の毛の様だとこの名前がついたそうだ。日本特産で、青森~九州の太平洋岸の湾内に普通。  

アカクラゲ出現・海は春

 投稿者:はまん婆  投稿日:2009年 2月10日(火)22時56分6秒
返信・引用
  2月10日(火)午後4時。海水汲み。何回すくってもシミコクラゲはいない。持ち帰ったバケツ二つの8リットルの海水にもいない。ヤコウチュウは両方ともにしっかりといたピカピカっと発光。鏡のような海面にカンムリカイツブリ二羽、ウミアイサ一羽(コレはめずらしい)カモ達は遠く離れたところにいる。何かお土産はないかと探していたらアカクラゲ。丁度アカクラゲの良い画像がほしいところだった。いよいよクラゲの春到来か。ナミマガシワも2個拾った。今日はいいことが二つありそうだ。  

1ヶ月以上遅い繁茂ショウジョウケノリ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2009年 1月26日(月)01時39分37秒
返信・引用
  1月20日海藻観察に波打ち際を東の端から西の端まで歩いた。枝川河口西の新砂浜と称している渚に特徴があった。あのおびただしいアナアオサに変わって紅藻類のショウジョウケノリが大量に漂っていた。ミノウミウシが着いているのを期待して持ち帰ったが「残念」。甲子園浜自然環境センターの前の磯にはまったく見かけない。浜甲子園三丁目砂浜まで漂っているのは無かった。アナアオサはずいぶん少ない。5cmぐらいの破片になってかたまって漂っていた。新砂浜でだけハバノリの一種とムカデノリがあった。こんな際立った状態は地形と潮流や風のせいだろう。  

甲子園浜のオワンクラゲ特集

 投稿者:はまん婆  投稿日:2009年 1月20日(火)17時46分42秒
返信・引用
  オワンクラゲは'02年2月、'04年2月、’6年11月に確認。画像を甲子園浜自然環境センターに掲示しました。クラゲといえば夏のイメージの方が多いのではないでしょうか。ところが秋冬早春にあまり知られない(私の知らない)クラゲが捕れたのです。カラカサクラゲ、チョウクラゲ、ウリクラゲ、シミコクラゲ、・・・。これらも紹介しています。1月下旬から2月中旬の期間限定で出現するシミコクラゲは採取出来次第センターで飼育展示してもらいます。  

今年もミノウミウシの一種出現

 投稿者:はまん婆  投稿日:2009年 1月20日(火)17時13分26秒
返信・引用
  10日あまり以前、甲子園浜自然環境センター3階の堀野さんから採取の知らせをうけていた。本日やっと撮影した。この種は4年ほど前にも。甲子園浜にショウジョウケノリ(紅藻類)が増殖した時に海水汲み置きのバケツで発見された。今回の同様だった。ショウジョウケノリについている。この海藻のちぎれた形とそっくりだと思いませんか。大きさは6mmぐらい。センターで飼育されています。  

Re: 2009年 謹賀新年

 投稿者:シミズ ケイコメール  投稿日:2009年 1月10日(土)16時43分3秒
返信・引用
  > No.146[元記事へ]

はまん婆さんへのお返事です。
賀状 ありがとうございました。はまん婆さんの尽きないエネルギーに いつも感服しています。若かった時代に白馬の大雪渓でビニールをおしりにひいて滑って楽しんだ後 雪の中から取り出して食べた李の美味しかったこと(*_*) 今も鮮明に覚えています。それははまん婆さん(勿論はまん婆さんも若かった)が遊ぶ前に雪の中に埋めてくれていたのだった。一昨年は絵本「飯盛山のきつね」の出版等々。次は「オワンクラゲの浜甲子園漬」の佃煮が出るかも・・・ いつまでも尽きないエネルギーにお屠蘇で乾杯(@_@;)
> 新年明けましておめでとうございます。今年も、はまん婆をよろしくお願いいたします。賀状は、オワンクラゲです。ノーベル化学賞受賞の下村脩氏によって有名になりました。甲子園浜でもこの8年間に3回早春に出現を見ました。今年も現れてくれるように期待しています。図柄のオワンクラゲは「水生生物雑記帳」サイトから拝借しました。このサイトを検索して是非ご覧ください。もしこのクラゲを
採集できたらブラックライトを当てて’光る’様子を見たいとおもいます。
 

甲子園地区からの賀状

 投稿者:はまん婆  投稿日:2009年 1月 3日(土)01時21分45秒
返信・引用
  前の欄をお読みください。
 

甲子園地区住民からも新年のご挨拶

 投稿者:はまん婆  投稿日:2009年 1月 3日(土)01時13分54秒
返信・引用
  甲子園地区埋立事業対策協議会は、1982年12月西宮・甲子園浜埋立公害訴訟の和解条件を監視する機関として法的に設置されました。訴訟の趣旨に則って行政や業者と協議を重ねるわけですが、並大抵の苦労ではありません。地元の委員さんの頑張りで甲子園地区と甲子園浜の環境が保全されています。住民の活動体としてNPO法人・海浜の自然環境を守る会があります。ホームページをはまん婆のリンクからご覧ください。  

2009年 謹賀新年

 投稿者:はまん婆  投稿日:2009年 1月 2日(金)18時43分54秒
返信・引用
  新年明けましておめでとうございます。今年も、はまん婆をよろしくお願いいたします。賀状は、オワンクラゲです。ノーベル化学賞受賞の下村脩氏によって有名になりました。甲子園浜でもこの8年間に3回早春に出現を見ました。今年も現れてくれるように期待しています。図柄のオワンクラゲは「水生生物雑記帳」サイトから拝借しました。このサイトを検索して是非ご覧ください。もしこのクラゲを採集できたらブラックライトを当てて’光る’様子を見たいとおもいます。  

ユウレイボヤ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年12月17日(水)00時34分1秒
返信・引用
  12月16日(火)午後、甲子園浜自然環境センターへ漂流アナアオサ(ユウレイボヤ、ウスカラシオツガイ、カンザシゴカイの一種、ミドリイガイ、他いっぱい着いている)を持って行った。水槽準備を手伝った。飼育展示が始まった。ここの生物たちは何をたべているのか。海水中のプランクトンだ。一般に水槽は人工海水が使われている。するとプランクトンは望めない。目前の海から汲んでくる要があるが係りの人は部屋に張り付いていなければならないので思うようにいかないらしい。海水汲みボランティアに行かねば・・・。手に余れば海に返してもらおう。ミニ水槽では、海では観察出来にくいものが良く見ることができて興味深い。甲子園浜自然環境センターへぜひ見に行ってください。  

漂流アナノサ群にユウレイボヤの1種他数種生息

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年12月13日(土)18時50分14秒
返信・引用
  夕方、満潮、ぐり石護岸に漂流アナアオサ群が接岸していた。ウスカラシオツガイが着いていたので引き寄せてみるとユウレイボヤの1種がいっぱい着いていて驚いた。カンザシゴカイの仲間も、どれも幼い段階のもののようだった。ミドリイガイは1個体4cm。生息している生き物の数の多さは興味深い。ヤコウチュウは、このアオサ群下の海水バケツは光らなくて、砂浜先のはかなり光った。  

波荒らし、打ち上げ貝類多種

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年11月29日(土)18時11分46秒
返信・引用
  ここ2ヶ月、三丁目砂浜は単調で大量のアサリ,パラパラのクチバガイ、マガキぐらいだった。今日は、久しぶりに常連が上がっていた。3種に加えてホトトギスガイ、ミドリイガイ、コウロエンカワヒバリガイ、ナミマガシワ、イボニシ、タマキビガイ、アラムシロガイ、シマメノウフネガイだ。あの大量のアナアオサは陸に打ちあがり干からびたり腐りして地に帰っているのか嵩が小さくなっている。波風のせいか海中のアオサはちぎれている。漂っていた大量のアオサは何処かに行った。最近オヤッと思う観察があった。それは漂流アオサにミドリイガイ、ホトトギスガイがあちこち付着していきている状況だ。海が荒れてこれらの貝は振り落とされたのではないか。海水はきれいだった。  

餌に移動したタテジマイソギンチャク画像

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年11月27日(木)00時12分16秒
返信・引用
  今年のはまん婆の水槽は、エアレーションをしている。水槽には一定の水流がおこっている。イソギンチャクは、その水流を利用したのかもしれない。ほんとのところはわからない。6匹のうち4匹が場所を変えていた。  

水槽の砂中に5個体幼クチバガイ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年11月17日(月)23時11分9秒
返信・引用
  水槽の海水交換時、砂底から強く臭ってきたので腐敗が起こっていると思って掘り返した。案の定黒くなりかけた無酸素層というか還元層というべきかの所があった。これは大変。空気に十分さらすように丁寧に何回も掘り返した。新しい海水ですすいで小さいゴミやおりを取り除いた。これまでに1匹は何時も水交換のときに確認していた。一匹とばかり思っていたのに5匹もいて驚いた。初めからいたのが見つかるぐらいに成長したということだろうか。海水交換の回数を増やさねばならない。  

この時期に褐色の海水とは何事か!

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年11月15日(土)18時45分27秒
返信・引用
  海水汲みに行って仰天した。その昔33年前ごろの夏場、コーヒー色醤油色と云っていた海になっている。こんな死んだ海は埋めてしまえと埋め立て推進の人たちが言った海になっている。その昔でも11月にもなってこんな大変な色は見たことがなかった。なぜ???。素人考えで推測想像してみた。ここ水木金土と四日間小春日和の快晴が続いた。風も弱かった。アナアオサが異常発生をしている。痛んで白くなっているのも目立つ。はまん婆の水槽の水際が緑色で縁取られた。これは植物性プランクトンも大発生したのかも知れない。その昔の夏、観察では、透明度が50cm以下の緑っぽい海水になった数日後透明度は90cmぐらいに上がったが濃い褐色になったのを思い出した。ダメッジは出ていないか気をつけて見たが見つからない。低学年の女の子がバケツに50匹ぐらいイソガニを入れていた。カニ釣りだけでこれだけ取れたのだろうか?この子ごときにつかまるイソガニではないし。砂浜の一角にカタクチイワシが19匹打ちあがり干からびていた。大きい魚に追われてとも考えるが、プランクトンが腐る時には酸素を消費する。酸素欠乏状態は起こったのではないだろうか。  

漂着物調査は11月9日(日)です

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年11月 2日(日)18時43分23秒
返信・引用
  ウリクラゲを見つけたのは、調査地点をどこにするかの下見に行ったときです。はまん婆は素晴らしいご褒美をもらいました。  

ウリクラゲ来る

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年11月 2日(日)18時32分49秒
返信・引用
  11月2日(日)朝。漂着物調査を新しい場所でするので甲子園橋を渡って埋め立て島の砂浜へ行った。アオサはこちらの五倍ぐらい多く寄せていた。ついでに打ち上げや波打ち際の生物も見て廻った。15mほど沖の海底におびただしいアサリの貝殻の帯(幅1m以上)が延々とつづいていた。他はめぼしいことは何も無い。少し気落ちしながら歩いていたら’オヤッ!!”「ウりクラゲだ~!!」もっといないかと探したがいなかった。甲子園浜自然環境センターへこの生き物の解説と共に持って行った。みなさん見に行ってくださいね。  

ミドリイガイ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年11月 2日(日)18時01分13秒
返信・引用
  11月2日(日)晴れ。海水汲みに行く。普段どおりカキの殻アサリの殻クチバガイの殻だけだ。夏や去年の今頃にはあったホトトギスガイ、コウロエンカワヒバリガイ、ウスカラシオトガイも無い。面白くない波打ち際を調べながら80mほど東にさしかかった時に波に揺られているミドリイガイが目に入った。柄杓で掬い取ると小石に足糸でくっついている。生貝だ。はまん婆の水槽の新住民にした。  

幼クチバガイが水槽の敷き砂にいた

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年10月30日(木)00時37分2秒
返信・引用
  10月29日(水)水槽の海水換え、敷き砂も掃除をした。意図的に貝殻などのない純な砂にしていたつもりだった。ところが砂とよく似たいろの小さい二枚貝でまともな形をしているのが見つかった。死貝?生貝?それが問題だ。別の器に取り出しで様子をみた。3分もたたないうちにベロのような白い足を自分の身長ほどにだしてきた。なにも居るはずが無いと思っていた場所の砂だったので驚いた。まさか本当にあんな場所にクチバガイが居るのだろうか、確かめたかった。午後浜甲子園三丁目砂浜へ海水くみに行った。柄杓で砂を掘ってさがした。30cm×20cm×10cmほど掘った時に25mmぐらいのつやのいいクチバガイが見つかった。バケツに入れるとすぐに白い足をだした。ほんとにいたのだ。大中小合わせて4個体採集したが海に返した。  

カニ脱皮ラッシュ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年10月29日(水)23時50分43秒
返信・引用
  10月27日・28日に大水槽のカニ6匹中2匹が、ミニミニ蟹水槽は3匹脱皮した。大潮の日だった。  

タテジマイソギンチャク開く

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年10月27日(月)01時10分47秒
返信・引用
  海水交換をすると一斉にフジツボが曼脚を振り動かす。タテジマイソギンチャクもぱっと開く。餌のプランクトンをとるのだ。イソギンチャクの触手にアミを触れさせたらあーっという間に取り込まれた。そこへ大カニが来てアミをぶんどって行ってしまった。イソギンチャクには又与えた。臭いを嗅ぎ付けたのか砂の中からアラムシロガイがムクムクと出てきて食べ残しに覆いかぶさった。大カニがすかさず寄ってきていけずをした。  

はまん婆の水槽風景

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年10月27日(月)00時44分10秒
返信・引用
  二日目にちりめんじゃこをやったらカニが飛びついてきた。お腹がすいていたのだ。ヤドカリもきた。大きいカニは小さいカニが食べているのを分捕る。餌をはさむと大急ぎで安全と思われる所へ移動する。そしておもむろにたべはじめる。小さいのはあたりにくい。本日は乾燥アミエビだ。先ず大きいカニから順に一匹ずつ全員に与えた。ちりめんよりアミの方がすきらしい。このやり方で平和な水槽になった。  

平成20年度はまん婆水槽開始

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年10月23日(木)23時44分36秒
返信・引用
  10月23日(木)雨くもり雨、潮位尼崎AM8:56(48cm)。甲子園浜自然環境センターの前磯浜で9:30~10:50採集活動。午後観察用生物の選択をする。決定メンバーは以下の通り。数字単位mm。タテジマイソギンチャク(径4、3個体+)ユビナガホンヤドカリ4個体、(貝殻イボニシ31,18、ウミニナ36、アラムシロ 19))ケフサイソガニ類6個体(タカノケフサイソガニ雄1個体13、ケフサイソガニ雄1個体15、雌4個体(11,13、白11、白8)タテジマフジツボ12個体+(4-7)タマキビガイ3個体(10,5,4)イボニシ3個体(20,26,23)アラムシロ2個(16,17)
アサリ1個体(24)マガキ2個体(15×22、12× )。今年は平凡。ヒライソガニ狙いで白い模様のあるものを集めたが全てケフサイソガニ類の雌だった。タカノケフサイソガニだらけで普通のケフサイソガニが少ないのには驚いた。タカノ・・・は今年初めて教えられたものだ。ある本によると4年ほど前に名前がつけられたものだとか。昔からいたのだろうか?ゴカイ類も大変少なかった。二枚貝はアサリ意外の生貝は採集できなかった。やはり今年の夏の気象のせいだろうか?
 

アナアオサ 増殖中

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年10月 9日(木)00時45分28秒
返信・引用
  海藻は「夏枯れ、冬みどり」だ。甲子園浜も7・8月は海藻はほとんど無い。アナアオサの細かい破片が少しだけ漂っている程度だ。そろそろ緑は育ってくる頃だと10月3日浜にでてみると予想外にアナアオサが繁茂していて渚の1メートルは漂うアオサでうずめられていた。10月末には波打ち際はアオサの連山が形成されるだろう。その頃にアメフラシが現れるが今年はどうだろう。はじめて見る緑藻を採集。紅藻も、常連のムカデノリかとも思うが棘っぽくて硬い。標本にしている。鍋島先生に同定してもらう予定。  

今年の苦潮・青潮(無酸素水魂)

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年10月 9日(木)00時04分17秒
返信・引用
  9月18日だったか?私の留守中に「青潮になっている」と電話があったとのこと。どんな影響がでているか気になっていたがままならず。やっと10月3日に打ち上げ線調査を東西1100メートルやった。干潟の新砂浜はすこし貝殻が多かったが心配するほどではなかった。7月29日はカガミガイが開いて驚くほど多数打ちあがっていた。今回1個も無かった。白い円形が美しいのでみんな拾われたのだろう。西へ西へと見ていったが普段と変わらない。浜甲子園三丁目にさしかかたところから急に貝殻が増えた。小ぶりのアサリ18mm~20mmがほとんど。クチバガイ25mmも平常より多い。ホトトギスガイ、コウロエンカワヒバリガイ、ウスカラシオツガイもしっかり混じっていた。昔から「夏やけ」といわれていて甲子園浜の生き物は夏にダメッジをうけてきた。  

生物調査結果発表ポスター展示

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 9月14日(日)16時21分5秒
返信・引用
  「平成20年大阪湾生物一斉調査・甲子園浜」を甲子園浜自然環境センター3階学習ルームに展示しました。6月17日、30日、7月1日、2日、5日の5回にわたり延べ65人の参加で調査が実施されました。その全様を詳細に発表しています。12月までは展示してあります。是非見に来てください。大阪湾で2種目のまだ名前がつけられていないヒライソガニを私たちが採集したとかで話題になっています。その他特記事項写真を見てください。  

生物学習会の報告掲示をご覧ください

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 8月15日(金)17時28分1秒
返信・引用
  平成20年7月30日、青少年愛護協議会・南甲子園小学校PTAの共催による生物学習会が甲子園浜自然環境センターで行われました。参加者数はスタッフを含めて約120名で研修室は超満員でした。「いろいろな生物に出会いましょう」というテーマで毎年やってきましたがカニ・ヤドカリ・エビなどにばかり興味関心がいき数は多いが種類数は限られたものでした。それはそれで良いプログラムを考えねばなりませんが、ことしはこの傾向を打開するために「採集種類数ギネス」をやりました。PTAの委員の方々が証状(賞ではなく証で、採集生物種類数を判定して書き込む)を子ども全員分作ってくださいました。判定も事前研修されていたのでちゃんとできました。全体として37種類の確認があり、一位の子どもは17種類採集でした。ぜひ 見に来てください。  

残暑お見舞い申し上げます

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 8月15日(金)16時44分10秒
返信・引用
  ことのほか厳しい暑さが続いていますが、お陰さまでそれなりに機嫌よく過ごしています。
甲子園浜自然環境センターへ行った帰りに海岸植物ハマゴウの様子をみました。花は終わりに近く実をいっぱいつけています。過酷なところで絶え絶えながら他の植物よりも元気にしています。もう一つ特記事項はスナガニの穴が15個もありました。6月17日の1倍半ほど大きいものが半数ありました。ミサゴとササゴイも見ました。タツノオトシゴは一匹まだいきていました。
 

先日はありがとうございました

 投稿者:南港グループ和田  投稿日:2008年 8月 4日(月)22時49分3秒
返信・引用
  はまん婆さん。先日は貴重な体験をさせていただきありがとうございました。特別鳥獣保護区の干潟は初めて調べたので、カガミガイやニホンスナモグリがたくさんいたのは驚きでした。南港野鳥園ではカガミガイは見つかっていないので、甲子園浜はすごいなと思いました。また機会があればよろしくお願いします。
環境省の鳥獣保護区の設定に関するパブリックコメントにも意見は出したいと思います。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=10038
 

ニッポンスナモグリ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 7月31日(木)22時50分32秒
返信・引用
  7月29日(火)小雨午前中、特別鳥獣保護区干潟の生物調査に和田太一さんが来られた。ホンビノスガイねらいだったが見つからなかった。はまん婆がビノスと見間違ったカガミガイがかなりとれた。枝川河口の新砂浜では82個も打ちあがっていた。干潟はゴカイもカニも量は多かった。砂の所は10cmの浅さでコンクリート基盤に当たる場所や30cm以上深く掘っても砂のところもあった。無数の穴が開いておりニッポンスナモグリを3匹採集。スナモグリの足の先はヌニークな形をしていて、しかも繊細だ。これで50cmも穴を掘るなんて想像できない。不思議な能力が備わっているのだ。  

平成20年大阪湾生物一斉調査・甲子園浜生物一覧

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 7月27日(日)22時35分12秒
返信・引用
  6月から7月、五日間五回にわたて延べ65人の参加によって貴重な結果をえました。厳しい暑さのなかを熱心に調査をして下さいました。感謝を御礼を申し上げます。  

ありがとう

 投稿者:  投稿日:2008年 7月26日(土)14時50分51秒
返信・引用
  わかりました。会えるのを楽しみにしています!  

鳴尾東小学校六年生萌さんたちへ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 7月25日(金)21時56分49秒
返信・引用
  甲子園浜について調べているんですって。たいへんうれしいことです。とりあえず7月31日(木)午前9:30甲子園浜自然環境センターの3階学習ルームであいましょう。今年のはまん婆は本業で忙しく8月19日過ぎまで日がとれません。甲子園浜自然環境センターには、甲子園浜関係の資料がそろっていますので自分たちで調べることができるとも思います。  

お願い

 投稿者:  投稿日:2008年 7月25日(金)16時38分25秒
返信・引用
  私達は鳴尾東小の六年生です。今甲子園浜について調べています。甲子園浜の事を教えていただきたいのですが、インタビューさせていただけないでしょうか。会う場所はどこでも良いのですが・・・。  

新客タツノオトシゴ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 7月23日(水)21時50分30秒
返信・引用
  7月23日(水)午前、甲子園浜自然環境センターの堀野さんから電話があった。「タツノオトシゴが3匹持ち込まれた。満潮の波打ち際でとったというお婆さんと孫。お婆さんに金魚といっしょに飼えるか尋ねられた。」と。午後写真と撮らせてもらった。体長6cmぐらい。30年ほど昔にタツニオトシゴを採ったという話を聞いて私も是非と願っていたがその後気配もなかった。定着して住民になってほしい。が、3匹は随分弱っている。堀野さんは、シュリンプを与えたり専用水槽にしたり手をつくしておられるが何時まで生きられるかとおっしゃっている。見たい人は一刻もはやく・・・。  

ホンビノスガイ・カガミガイとの見分け方

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 7月21日(月)18時39分37秒
返信・引用
  7月5日大阪湾生物一斉調査甲子園浜干潟で3個のホンビノス的な貝をアサリ堀のおばさんからもらった。カガミガイのようでもあるし・・・。2月に発見のホンビノスガイの画像と比べてみると「よく似ている!」。後日、貝類館の大谷洋子さんが来られて1個持ち帰られた。その結果カガミガイということで解説図解をFAXでくださった。添付します。  

ヒライソガニ

 投稿者:南港グループ和田  投稿日:2008年 7月18日(金)11時57分34秒
返信・引用
  はまん婆さん
これが噂のもう一種のヒライソガニなのですね。興味深いですね。
南港野鳥園でもヒライソガニはたくさんいるので、今度注意して探してみます。
 

Re: 二種めのヒライソガニ

 投稿者:うちやま  投稿日:2008年 7月17日(木)23時21分32秒
返信・引用
  > No.116[元記事へ]

はまん婆さんへのお返事です。
いつも勉強させてもらってます。
そうなんですか。ヒライソに2種類いるのですか。知りませんでした。
甲羅がペッタとたいらなものだけだと思っていました。そして、
そのヒライソはあまり見ないと思っていました。
 それと大雨の後、近大姫路大のキャンパスにたくさんのスナガニ
(甲羅がきちんと四角形)があちこちで死んでいました。
 砂浜から遠いですが、移動してくるんですね。
> 去年の「生物学習会」でオヤッ?と思うイソガニの仲間が見つかっていた。オスなのに鋏に毛の束がない、甲羅は複雑な模様になっている、ではヒライソ?。でも甲羅がヒライソにしてはもこもこしていて膨らみ感がある。歩き脚にあらい毛がある、これはヒライソだけのものだ。どういうことと思っていたら今年も採集できたので大阪湾生物一斉調査で知った専門家に同定してもらった。その大阪市立自然史博物館の山西良平先生によると「大阪湾には二種類のヒライソガニがいる」とのこと。同定では、ヒライソガニ属の一種。
 

二種めのヒライソガニ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 7月17日(木)11時31分27秒
返信・引用
  去年の「生物学習会」でオヤッ?と思うイソガニの仲間が見つかっていた。オスなのに鋏に毛の束がない、甲羅は複雑な模様になっている、ではヒライソ?。でも甲羅がヒライソにしてはもこもこしていて膨らみ感がある。歩き脚にあらい毛がある、これはヒライソだけのものだ。どういうことと思っていたら今年も採集できたので大阪湾生物一斉調査で知った専門家に同定してもらった。その大阪市立自然史博物館の山西良平先生によると「大阪湾には二種類のヒライソガニがいる」とのこと。同定では、ヒライソガニ属の一種。  

イナザワハベガイが産卵するのを見た

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 7月 3日(木)14時53分10秒
返信・引用
  7月2日(水)沖の人工島養浜、東半分を調査した。近くの住民であるはまん婆もめったに来ないところだ。大阪湾岸道路の大橋の下は600メートルの海面幅で海水の交換に大切な役割をはたしている。最も水交換がいい所と思われるので生物も豊かだろうとワクワクしていだが結果は新しいものは無し、量も一番少ないようでややがっかりだった。砂浜はさすがにきれいな色で20cm掘っても黒い還元層はでない。砂粒は荒く2mm以上だ。この浜の東端が人工磯状なのをはじめて認識した。昨日の人工磯同様に大きいタテジマイソギンチャクガ目に付く。直径15mmぐらいの同イソギンチャクの付け根をさぐるとイナザワハベガイがいた。あちこちといた。産卵最中にも出あった。7月5日(土)の調査でも注目したい。  

イナザワハベガイ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 7月 1日(火)23時32分1秒
返信・引用
  甲子園浜生物調査第3日目、沖地区砂浜(西半分)と人工磯。レベルの高い方が応援にかけつけて下さっている。はまん婆程度ではとうてい見つけることのできないものを採集して下さる。居るのでしょうが知識・意識・経験の乏しい私たちは「見ていて見えず」の状態なのでしょう。なまえのイナザワハベガイは有名な貝類学者二人の名が合わされたものだそうな。この浜に沢山生息しているタテジマイソギンチャクの体液を吸い取って生きているという。  

初採集エビジャコの一種

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 7月 1日(火)23時03分32秒
返信・引用
  大阪湾生物一斉調査甲子園浜第二日目・浜甲子園三丁目砂浜。11名参加。確認された特筆生物はエギジャコ。詳しい方によれば「砂底の表面に居るものなので、砂底をこするように採るのに適した網でこすっていくともっと採れるはず。シャコとエビの間の位置の種」とのこと。私も採ってみたい。  

Re: 今年もスナガニがいる!

 投稿者:うちやま  投稿日:2008年 6月29日(日)00時12分51秒
返信・引用
  > No.110[元記事へ]

はまん婆さんへのお返事です。
 久しぶりです。絵本づくりでお忙しかったと聞いています。スナガニですか。
やはり定着しているのですね。ありがとうございます。
> 甲子園浜自然環境センターの前でスナガニの穴を6個確認。うれしい! 約50日間ぶりの投稿です。私のPCでSDカード関係の設定が消失したせいです。我慢できなく息子に相談。USB2.0マルチカードリーダ(約2000円)を買い夫のパソコンを操作して画像をメールで自分のパソコンに送りファイルに入れて、やっと投稿となりました。面倒なことこの上なしですががんばります。
 

新住民 ウミニナ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 6月28日(土)23時41分55秒
返信・引用
  6月17日(火)大阪湾生物一斉調査・甲子園浜第1日目を実施。はじめての巻貝が採集された。同日貝類館で同定してもらった。ウミニナであまり多くないとのこと。甲子園浜ではこれから6月30日、7月1・2日は西部砂浜、沖埋め立て島砂浜。7月5日は東部干潟を調査します。干潟は30年ぶりです。今年は、特別鳥獣保護区の更新の公聴会があります。アピールの資料となることを期待しています。  

今年もスナガニがいる!

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 6月28日(土)23時09分24秒
返信・引用
  甲子園浜自然環境センターの前でスナガニの穴を6個確認。うれしい! 約50日間ぶりの投稿です。私のPCでSDカード関係の設定が消失したせいです。我慢できなく息子に相談。USB2.0マルチカードリーダ(約2000円)を買い夫のパソコンを操作して画像をメールで自分のパソコンに送りファイルに入れて、やっと投稿となりました。面倒なことこの上なしですががんばります。  

ハマエンドウ咲く

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 4月11日(金)00時55分24秒
返信・引用
  4月1日鳥獣保護区の新砂浜にて。ハマエンドウが2本さいていた。ここにしかない。2004年の台風まではセンターの前にもあり、可愛くきれいせいかよくむしり取られてはその辺にほかされたりで心痛むことが度々だった。シギ・チドリの保護フェンスのおかげで安心になった。しかし二ヶ月間見に行くことができない。六月に実をつけたハマエンドウに出会うことが出来るのをわくわくしながら待とう。  

デジカメ入院

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 4月 2日(水)23時59分48秒
返信・引用
  やっと用が足りる程度に扱えるようになったデジカメが故障した。海水の飛まつや油絵の油類が原因ではないかと思われる。久しぶりにOM.1のお出ましです。写真屋さんに出してからスキャンしたりでリアルタイムにいきません。デジカメ退院は四月末になります。四月一日シギ・チドリ保護のための仕切設置がされた。2ヶ月間入れない新砂浜(特別鳥獣保護区)の調査をした。ハマエンドウが2本さいていた。打ち上げで目を引いたのは、セイヨウハバノリとカヤモノリなど褐藻類、ミドリイガイだった。見当たらないのは常連のホトトギスガイで友達のコウロエンカワヒバリガイやムラサイキイガイもごくすくなかった。
なぜ???
 

三月四月はクラゲの季節

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 3月27日(木)23時52分1秒
返信・引用
  こんなに形の整ったカミクラゲに私は今年にまだであっていません。3月25日(火)浜甲子園3丁目浜では、ひどく傷んだものばかりでした。大きさは4cm~7cmよく見かけていた時より小さいものが多かった。水温15度C以下の春に現れるそうです。どっさり打ち寄せられていたのはアカクラゲ、手を開いたより親指一本大きく30cmぐらいの特大が何枚?も。小さい5cmぐらいから様々なおおきさ。どれも傷んでいた。当日はミズクラゲは見受けなかったが23日には12cmぐらいのが4匹、これも傷んでいた。今期は常連の三種のクラゲだけでちょっと寂しかったです。  

(無題)

 投稿者:ポチメール  投稿日:2008年 3月27日(木)10時22分13秒
返信・引用
   はまん婆さんから刺激を受け、久しぶりに甲子園浜に出かけました。
カヤモノリが沢山いました。美味だということなので甲子園浜の名物になるのでしょうか?
 40㎝大の立派なキビレチヌが多く浜に打ち上げられていました。
 画像は波打ち際に漂っていたカミクラゲです。美しい姿が上手く撮れませんでした。

http://www.asahi-net.or.jp/~dh9y-mtur/

 

ケフサイソガニ9mm♀脱皮写真

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 3月25日(火)11時34分18秒
返信・引用
  このカニは、はまん婆の水槽に来た時は6-7ミリで同定するときに傷つけそうで止めていた。二回目の脱皮の殻を調べた。先ず腹をみる♀、つめに毛束(毛の房)がない。イソガニ類の♀の同定は難しい。手がかりは爪脚で隠れるほほの所に小さい黒い点が何個かはっきりついていること。爪楊枝で壊れないように気をつけて爪脚を動かしてほほを出す。あった!。12ミリ殻にもあった。殻にも点がついているのだ。二匹はケフサイソガニの雌と判明した。  

ヤドカリなど甲殻類脱皮ラッシュ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 3月24日(月)17時00分48秒
返信・引用
  はまん婆の水槽では3月21,22、、23日の三日間は甲殻類の脱皮ラッシュだった。みんな一回り半大きくなっている。しかしヤドカリはどうなんだろう。引越し用の大きい貝殻が用意できてない。(打ち上げ調査のたびに心がけていたが無かった)元の殻に入った。狭苦しさを感じていることだろう。カニの脱皮殻を測定する。甲幅(単位mm)12,9、5、3の四匹。写真のヤドカリ、フジツボ複数、コツブムシの仲間等。ちょうど大潮に当たっている日だった。透明なふやけた身を小石の陰にひそませている。いかなごの新子釜揚げをやるとかじりついた。  

ウスヒラムシ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 3月19日(水)23時26分50秒
返信・引用
  投稿の失敗。画像です。  

ウスヒラムシうじゃうじゃ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 3月19日(水)23時23分3秒
返信・引用
  3月9日浜甲子園1丁目砂浜東端。波打ち際にて。  

久しぶりのシロボヤ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 3月19日(水)23時10分2秒
返信・引用
  3月9日浜甲子園1丁目砂浜東端よく干上がった所の波うち際。普段はとても入れない所まで行けたので大きめの石をめくっていった。ウスヒラムシがうじゃうじゃ今年のような大発生は見たことがない。イボニシもびっしり。石の下の砂にミズヒキゴカイ(このところめっきり少なくなっている)コケムシは着いていなかった。一昨年に打ち上がったシロボヤを見たきりで、石に着いた生きたシロボヤを2匹確認できたのはほんとにひさしぶりだ。まだ小さかった。  

カヤモノリ初多数出現

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 3月12日(水)12時14分3秒
返信・引用
  3月9日(日)海岸清掃行事の後、生物観察をしてまわった。大潮で広く干上がっていた。鳥獣保護区の新砂浜西端でカヤモノリが1株漂っていた。あたりの海中をみるとあるある10数株が育っていた。センターの前でも浜甲子園1丁目砂浜東端にも同じように20cmぐらいに成長したカヤモノリがあった。2004年に甲子園浜では初めて1本小さいものを確認して以来だ。褐藻としてはハバノリ、セイヨウハバノリノ2種しかなかったので大変嬉しい。標本に2株をしている。  

ホンビノスガイでしたか

 投稿者:南港グループ和田  投稿日:2008年 3月 6日(木)20時12分24秒
返信・引用
  ホンビノスガイ、これまでは東京湾でしか見つかっていなかったようですが、いよいよ大阪湾にも入ってきたのですね。これからどんどん増えてくるかもしれないですね、注意してみておかないといけない種だと思います。  

新住民ホンビノスガイ発見!

 投稿者:ポチメール  投稿日:2008年 3月 3日(月)10時33分30秒
返信・引用
  ホンビノスガイに目をとめられたのには、まったく敬服のいたりです。
甲子園浜の新住民ですね。これは甲子園干潟に関心を持つ者として、充分に注意していかないといけないことですね。
チチュウカイミドリガニ同様、西日本に勢力広げていくのでしょうか?

http://www.asahi-net.or.jp/~dh9y-mtur/

 

???貝ホンビノスガイでした

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 3月 3日(月)00時40分35秒
返信・引用
  3月2日、西宮市立貝類館の大谷洋子先生から同定結果を戴きました。文面を紹介します。「ホンビノスガイです。カイヤドカリウミグモが寄生し、アサリなどを殺してしまうということで問題があるそうです。甲子園浜ではもっといるのではないでしょうか。塩分濃度の低い内湾干潟で少し汚れているところを好むようです。低質は泥、ヘドロなどにも強いようです。この大きさで2年はたっていますので、又、調べてみて下さい。香枦園浜も調べてみます。少し掘らないと見つかりませんので潮干狩りでアサリと一緒にとれることが多いようです」 はまん婆がGoogleで検索したことによると東京湾に近年に現れた外来種で船舶のバラスト水に幼生が入っていて、アメリカ、カナダから運ばれてきたのだろう。味は美味でアメリカなどでは人気があるそうです。ネット販売楽天市場に1kgを2800円で出ていて驚きです。皆さん大いに採ってください。アサリの保護のためにも。  

新住民???ハマグリ・カガミガイで無い明確判明

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 2月29日(金)21時48分36秒
返信・引用
  2月29日午後、西宮市立貝類館に同定を頼みにいった。思いがけなく手間取られていた。この館にもらっていただき標本にして保管したもらうことになった。同定結果は後日に知らされる。  

ハマグリ?これは

 投稿者:南港グループ和田  投稿日:2008年 2月26日(火)22時03分45秒
返信・引用 編集済
  ハマグリ???としている貝ですが、カガミガイにも見えますが、もしかしたらホンビノスガイかもしれません。だとしたら大変なことなので、ぜひ貝類館でちゃんと見てもらってください。  

ハマグリ???新住民出現!!!

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 2月25日(月)23時25分22秒
返信・引用
  二月二十五日(月)朝は3度Cで外出はご法度の身。午後3時20分気温が8度5分にあがっていたので海水汲みに出かけた。丁度干潮時で潮位は33cm。よく引いている。歩測で26歩。6人の潮猪狩客が夢中でほっている。私はいつもの通りバケツを覗かしてもらい他にあれこれ質問して生物の状態を知る。ある女性のバケツに「おやっ?」。写真をとらせてもらったがどうしても連れてかえりたかった。頼んだら気持ちよく下さった。家で別容器で飼育している。ほとんどのアサリが30ミリなのにこの貝は50ミリもある大きいものだ。推測するにアサリと同じ幼生期にこの浜に流れ着いて定着したのだろう。もしそうならこの貝はアサリより何倍も成長が早いということになる。近日中に貝類館で同定をして貰おう。  

ミノウミウシ第7種目か?

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 2月25日(月)22時26分51秒
返信・引用
  二月二十四日(日)漂着物調査のあと、3階の学習交流ルームへ行った。自然海水ミニ水槽に出現した。堀野さんが11月に見つけ、三日ほどで姿を消したままだったのが二月二十日すぎに現れたと言う。実際の体長は10ミリ足らず。是非見に行ってください。  

甲子園浜にミニミニ雪だるまが・・・

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 2月10日(日)18時59分8秒
返信・引用
  ひろーーーい雪の原に大きい雪だるまが一つ、10mぐらい離れたところにちょこんとこのミニミニ雪だるまがいた。  

積雪のため漂着物調査中止

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 2月10日(日)18時43分8秒
返信・引用
  2月9日(土)朝から雪がふっている。昼になってもふっている。どんどん積もる。近年に無く積もっていく。我が家の外の温度計が1.9度Cの時は積もっていく。3時過ぎ降る一方で溶けている。気温は3度C。思いがけない積雪の銀世界に雪ウサギを作ったり童心に返りはしゃいだ。午後4時半頃に雪は止んだ。しめしめこれで明日の漂着物調査できるだろう。午後6時ごろ雪はしっかり積もっている。気温は2.1度Cに下がっている。溶け方がゆっくりになったように感じる。この積雪なら漂着物の採集は不可能だ。迂闊にもこの事に気づくのが遅かった。砂浜はどんな状態かと見に行った。浜の方が雪が深い。溶けにくいのだろう。相談して中止を決定。写真は2月10日午前9時15分ごろ、調査地点での積雪の様子。  

ただアメフラシを救助

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 1月25日(金)01時11分43秒
返信・引用
  1月24日海水汲みでの特記事項はアメフラシだ。浜甲子園2丁目の波打ち際でひどく傷んだコウイカのようなものが波に翻弄されている。取り上げてみるとアメフラシだ。普通のただのアメフラシ。四月五月に卵は毎年見つかるが、親の姿を見たのは何年ぶりだろう。てっきり死んでいるものだろうと思っていたが、写真を撮る時にぐにゅっと頭が伸びてきた。触ると縮んだ。生きている!!!!!。専用の水槽にアオサとエアレーションをセットして放した。いろんなポーズをする。ここでの回復は難しいと思う。残酷な結果になることだろうが明日元の海へ返そう。  

遅い初出ショウジョウケノリ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 1月25日(金)00時33分23秒
返信・引用
  2008年1月24日雪時雨。海水汲みに出た。ちらほらっとアオサが打ち上がっている。大きいのが漂っていないかと波打ち際を歩く。やっ!ショウジョウケノリだ。今期初出。それにしても遅い。ここは、浜甲子園2丁目先だ。そういえば1月4日以後は3丁目砂浜しかあるいていなかった。2丁目砂浜の低潮線下に直径20cmぐらいに成長したショウジョウケノリを2株見受けた。引き返すときに注意深くみるとあちこちにあった。しかしアオサはほとんど無い。  

シミコクラゲ側面像

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 1月18日(金)17時43分0秒
返信・引用
  下手な鉄砲数うちゃ当たる! スーパーマクロ様様!ユーホーのようなすがたで水中で静止している。右端のは触手を後ろになびかせて上に向かって泳いでいるところ。泳ぐスピードはかなり速い。平時は省エネをしている。海藻やコップのガラスにつかまってじっと動かない。底に沈んで動かない。水面に浮かんだまま動かない。コップを持ち上げると水が動くせいか何匹かふわっと気球のように浮かんでくる。見飽きない。  

4mmシミコクラゲ大発生

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 1月17日(木)22時44分18秒
返信・引用
  08年1月15日日没直後、海水汲みに行った。波打ち際が泡立っていた。これは夜光虫がいるぞと思いながら持ち帰った。暗いところでコツンとバケツに衝撃を与えるとビヤビヤッ
と水面が蛍の光色に光った。夜光虫だ。さあ水槽の水を替えようと明るい所で水面を見るとシミコクラゲが目に付いた。これは先ずこのクラゲを別の容器に写してからと考えてストローピペット技法で作業をした。いるわいるわ8リトルの海水に60匹以上もいた。最低気温が2度Cが何日かあち夜光虫が多いときに発生するように経験的に思う。シミコクラゲは1月2月の期間限定だ。16日、17日とシミコクラゲ狙いで水汲みに出かけたが、いなかった。夜光虫もいなかった。風向きと潮流が変わっていたせいかもしれない。17日は15日と共通する時間帯だったというのにいなかった。
 

080104ハマダイコン育つ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 1月 5日(土)00時37分39秒
返信・引用
  1月4日甲子園浜自然環境センターへ年賀の挨拶にいく。ついでに東端の新砂浜を見に行く。ハマダイコンが大きく育っていてびっくりした。12月2日には乾燥した実がぎっしり落ちているだけで芽が出る気配は全くなかった。12月になり数回雨があり、やや暖かい日が多かったので育ったのだろう。場所は実の固まっていた所ではなく、テトラやコンクリートに降った雨が流れ落ちるところだった。鍵は水だ。計6本。昨年より調子がいい。春がたのしみだ。  

'08.01.02打ち揚げの貝

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 1月 4日(金)10時35分24秒
返信・引用
  浜甲子園三丁目砂浜西端から三番目の東屋前までの打ち揚げ線約300mを調査した。満潮線に沿って幅15cmの貝殻の帯が続いている。??何か水質悪化があったのか?他の原因は何か?いつもより量が多い。西ほどヨーロッパイワホリガイが多く、東はコウロエンカワヒバリガイが多い。クチバガイが以外に目に付く。アサリは少ない。写真は定規に沿って左からナミマガシワガイ、ミドリイガイ、クチバガイ、アサリ、二段目マガキ、ホトトギスガイ、ヨーロッパイワホリガイ、ウネナシトマヤガイ、三段目コウロエンカワヒバリガイ(大小)ヨーロッパイワホリガイ(小の列)。アナアオサは5cm破片ばかり、いつもの大きいものは影をひそめている。他に生き物はみあたらない。水面には野鳥。  

お正月の浜甲子園三丁目の浜

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 1月 2日(水)23時32分59秒
返信・引用
  08年1月2日PM3:00-4:00.ここ二日の朝は一度C、(土は凍ってはいない。)最高気温も6度Cで私は外に出かけるわけにはいかない。「もがりぶえ」をならす強風だったので波もあらくなりお客さんが打ちあがっているかも。うずうずしていた。本日午後気温が9度C。海水汲みに行った。凧揚げの親子6組。凧揚げにちょうど良い風が吹いている。ゲイラカイト5、連凧1.良いお正月風景だ。打ち揚げは期待はずれで平穏な海たったらしい。
ナミマガシワガイ(2,5cm)を一つ拾う。縁起がいい。
 

Re: 明けましておめでとうございます

 投稿者:うちやま  投稿日:2008年 1月 2日(水)02時13分22秒
返信・引用
  > No.82[元記事へ]

明けましておめでとうございます。
はまん婆さんへのお返事です。
うちやまです。
旧年中は本当に、ご主人も含めて、いろいろありがとうございました。
今年も「親子で動物探検」頑張っていきます。よろしくお願いします。
また、はまん婆さんの甲子園浜における素晴らしい発見日記も
よろしくお願いします。
 関心がなければ、そこに、○○がいたなんて、誰も気づきません。
気づかれなければ、それは無に等しい。・・・でも、はまん婆さんがそんな
ちっちゃいけれど、かけがえのない大切な命にスポットをあててくれれば。
 ひとたび、はまん婆さんが記録すれば、その小さな命はスポットライトを
浴び、スターになれます。もしかしたら、「大事にせなあかん」という
世論が起こるやもしれません。
 どうぞ、今年も自然探検・発見・ほっとけんをよろしく!
> あけまして おめでとうございます
 

(無題)

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 1月 1日(火)23時10分34秒
返信・引用
  あけまして おめでとうございます  

2008年賀状

 投稿者:はまん婆  投稿日:2008年 1月 1日(火)23時04分7秒
返信・引用
  新年明けまして おめでとうございます。甲子園浜に出かける楽しみは、先ず常連の生き物に出会うこと。次は、お客の生き物に出会うことです。デジカメもパソコンも未熟でお見せできる画像ではありませんが、頑張って載せていきます。今年もよろしくお願いいたします。賀状の絵柄は、浜甲子園三丁目砂浜でのカモたちの日向ぼっこの風景です。  

チョウクラゲかも

 投稿者:はまん婆  投稿日:2007年12月18日(火)22時50分1秒
返信・引用
  07年12月16日の海水汲みもお客さん狙いの場所を選んだが、何の変化もなく少し気落ちしながら帰った。夜、夜光虫も光らなかった。これが普通だ。そうたびたびサプライズがあるものではないと納得する。17日(月)昼前、たんたんと水槽の水替えをしているとアオサだらけのバケツに「オヤッ ?」直径3~4cm無色透明のジェリーの玉。動かない。生き物ではないかも?突然羽ばたいて泳いだ!ワア 去年つかまえたチョウクラゲにそっくりだ。幅1ミリにも満たない櫛板列の繊毛が七色に光って美しい。  

カラカサクラゲが入っていた!

 投稿者:はまん婆  投稿日:2007年12月 8日(土)00時33分16秒
返信・引用
  2007年12月7日正午はまん婆の水槽用の海水を汲みに行った。西風。上げ潮が動いており波は音が荒かった。もう少しで満潮だ。何かお客さんが柄杓に入ることを期待して場所を選ぶ。海藻やゴミが吹き(流れ)集まって汚いところをすくう。クラゲは透明だし波で肉眼でみえない。4リットル入りのバケツを両手にさげて100歩毎に休憩する。時間をゆっくり取るとバケツの中は静止水になる。ピコと動くと何かいる。おお!カラカサクラゲだ!足取りがかるくなる。デジカメであれこれやってみたが写らない。写真右中上に細長い漏斗状のものが、このクラゲの特徴の口柄で先端に胃袋。どうやればまともに写せるのだろう。  

フレリトゲアメフラシの口

 投稿者:はまん婆  投稿日:2007年12月 5日(水)23時53分15秒
返信・引用
  先だってフレリトゲアメフラシの口の形について「横一文字」と書いたのは間違いでした。2003年のファイルを見ていたら口の画像が出てきました。口をつぼめた形です。開くと丸いと思われます。一文字に見えたのは顎というか首の線だったのですね。  

11番目 ハマゴウ確認

 投稿者:はまん婆  投稿日:2007年12月 3日(月)21時10分18秒
返信・引用
  2007年12月2日(日)快晴 NPOの海岸清掃が行われた。「ちょっと来てぇ、ハマゴウがあるんや」。付いていってみると予想外の大きさだ。網引町の千葉さんが発見され、踏まれないように石で囲って見守ってこられてたようだ。「初めは小さかったがこんなに大きくなった」と千葉さん。他と同じように保護囲いを高橋さんがして下さることになった。目に付きやすい所なのに私は気がつかなかった。そういえばこの夏の猛暑で浜へ行かなかった。ハマゴウは成長が早い。一夏で30センチ以上は伸びることが分かった。これから落葉して冬枯れのはだか木になる。囲いがないと踏み絶やされる恐れが大きい。  

ミノウミウシ 4種目

 投稿者:はまん婆  投稿日:2007年11月27日(火)15時40分5秒
返信・引用
  2004年1月甲子園浜自然環境センターの堀野さんが採集・飼育展示されていた。なんと水槽の中で産卵した。石に渦巻き状で直径30ミリはあった。卵は2~3ミリ幅のゼリーのひもに入っている。親が9ミリほどなのに卵は何倍も大きい。どうゆう分けだろう。不思議だ。そういえば子どもの頃に池でヒキガエルの卵を見たことがよくある。直径2~3センチのゼリーのひもに小豆粒のような黒いものが点々点と並んで連なってる。長さは数メートル。これも親の大きさからは考えられない大きい量だった。  

3種目ミノウミウシ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2007年11月15日(木)22時12分15秒
返信・引用
  この11月のはじめに甲子園浜自然環境センターの堀野さんが採集され飼育展示されている。黒い棘の先っぽは朱色で美しい。裏側は他のミノウミウシと同様に白い。フレリトゲアメフラシとごく近い種なのでしぐさがよく似ている。どちらもセンターで今見ることができます。  

初めてのミノウミウシ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2007年11月15日(木)21時57分29秒
返信・引用
  ミノウミウシを初めて見たのは2001年12月下旬だった。初めての「はまん婆の水槽」で発見。感動興奮したものだった。まだミノウシなるものについて全く知らなかったので、てっきりアメフラシの子ども幼ない姿と思っていた。これが一種目。
 

タマキビガイの食欲

 投稿者:はまん婆  投稿日:2007年11月 2日(金)12時19分23秒
返信・引用
  穴がえらい増えている。このアナアオサは、ほとんど穴がなかったのに。タマキビは海水に入れ20分ほどたつと水から出るものと水中に残るものに分かれる。このタマキビは数日外に出て動かなかったが、このところアオサについていた。今朝見ると穴が・・・。そういえば、はまん婆の水槽で3mmほどの緑藻で覆われた小石をまるでバリカンで刈ったような一筋が這い後についていたことがあった。  

2mm稚カニ しらすに食らいつく

 投稿者:はまん婆  投稿日:2007年10月29日(月)15時22分15秒
返信・引用
  低質を調べるだけでは分からないが海藻に付着している小動物を見るためにアナアオサのバケツをつくった。予想通りに夜中に現れた。ヤムシ、ウスヒラムシ そしてこのミニミニちびカニ3匹(2~3mm)石の下にうじゃうじゃいるのはもう少し大きい。別の容器に隔離して飼育している。以前、はまん婆の水槽で見たことがあるが今回もカニの縦泳ぎをみた。この小ささの時だけ「縦泳ぎ」が出来るのではないだろうか。かなりの速さだった。5日間餌をやっていないのに気づきシラスを1匹入れたら、隠れていたアオサから1匹が駆け出してきた。  

フレリトゲアメフラシの糞

 投稿者:はまん婆  投稿日:2007年10月29日(月)11時22分41秒
返信・引用
  2007.10.29朝。わあ・・・。ふんだらけ。約70個。20時間の産物だ。背中の割れ目の一番後ろからプイッと一つ糞を出した。  

アオサを食べるフレリトゲアメフラシ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2007年10月28日(日)16時17分30秒
返信・引用
  撮影中、アオサをたべはじめた。お腹が空いていたのだろう。口を初めて見た。普通のアメフラシの口は丸いのに横一文字だ。  

いた! フレリトゲアメフラシ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2007年10月28日(日)16時04分14秒
返信・引用
  2007.10.28快晴クリーンアップin甲子園浜with伊藤ハムは、私どものNPOと共催ななので参加した。ゴミ拾いはそこそこにハマエンドウの保護囲いの修理、拡張作業を高橋さんと行った。帰り道、ひょっとしたらアメフラシに合えるかもと打ち上げ調査をしながら渚を歩いた。浜甲子園二丁目海入り口地先。打ちあがったアオサのに大きいビー球ぐらいのゼリー状のもの。やはりいたのだフレリトゲアメフラシ。いつも持ち歩いている広口ビンに入れたときは弱っているように見えたが、写真を撮るときにはえらい元気で・・・。その他特記事項はイソスジエビ新鮮死骸4cmトガザミ脱皮殻10cm。  

ミノウミウシの一種撮影できた!

 投稿者:はまん婆  投稿日:2007年10月27日(土)23時54分19秒
返信・引用
  2007年10月24日採集飼育観察容器のミノウミウシが二日ぶりに(夜中)姿を現した。白いタッパにスプーンですくって入れて観察しやすいようにした。デジカメ撮影を試みた。スーパーマクロでフラッシュ無し。写っていた!  

前出フレリトゲアメフラシ卵の拡大写真

 投稿者:はまん婆  投稿日:2007年10月26日(金)22時41分38秒
返信・引用
  体長7mmぐらいの細いミノウミウシの写真を撮りたいのですが・・・。スーパーマクロで挑戦してみます。  

フレリトゲアメフラシの卵がある状況

 投稿者:はまん婆  投稿日:2007年10月26日(金)22時24分51秒
返信・引用
  10日ほど以前、甲子園浜自然環境センターの前の渚でもみつかっている。みどりがかっていて初めて見る色だったが生きていた。  

浜甲子園三丁目干潟トゲアメフラシ卵塊

 投稿者:はまん婆  投稿日:2007年10月26日(金)22時12分49秒
返信・引用
  和田さん 有難うございます。昼間に潮が引き観察できる最後の時なので10月23,24,25日と仲間で調査をしました。特記事項はフッリトゲアメフラシの卵を一つだけでしたが発見。いつもは漂着アオサの上なのですが今回は大きい石に育っているアオサに付着させたものでした。それなら親もと探しましたが見つかりませんでした。雑多な生き物で覆い尽くされている拳大の石を持ち帰り飼育観察していたらミニウミウシ出現!!!!!。  

トゲアメフラシ

 投稿者:南港グループ和田  投稿日:2007年10月21日(日)22時02分42秒
返信・引用
  南港野鳥園でもアオサ類が繁茂しています。夏場は少なかったのですが、この時期になってから増えだしました。今日はトゲアメフラシも干潟上にたくさん転がっているのを確認しました。  

レンタル掲示板
/8