teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


初マンハッタンユウレイボヤ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2015年 4月21日(火)19時18分6秒
返信・引用
  4月21日昼時、「スゴイ生き物で~す」と岩崎さんと向山さんが持ってこられた。写真1はマンハッタンユウレイボヤ。初めてのもの。原色検索日本海岸動物図鑑(Ⅱ)西村三郎・保育社1995には出ていない。写真2は、カタユウレイボヤ。同定は、輸精管・輸卵管2本の先端部が赤橙色となる。被嚢が透明でやわらかい個体と不透明で表層が堅い個体とがあると。写真3は、ユウレイボヤ、被嚢は常にやわらかい、輸精管の先端部がほとんどの場合赤色とはならない。他シロボヤなど4種類の一度に採集されたのだ。ワレカラの研究者阪口正樹先生が、ホヤの研究者大谷道夫博士(大阪市立自然史博物館外来研究員海洋生物)を案内してこられた。なんでも8月に青森で「ホヤ学会」があるそうで、フランスの研究者からホヤ類の採集を依頼されてのことで。専門家のお蔭でマンハッタンユウレイボヤが確認できた。いたのは、甲子園浜二丁目ヨット係留ロープで海水に常時つかっている水深2~3mのところで、おびただしいワレカラ類と共にいたとのこと。
 
 

甲子園浜の生きものウォッチングに参加

 投稿者:はまん婆  投稿日:2015年 4月19日(日)00時14分50秒
返信・引用
  4月18日(土)午後、西宮市立貝類館主催の表記観察会に参加した。講師は渡部哲也先生と山西良平先生というスゴイ方々だった。初めてのものは、ヤドカリの一種でエドカサネカンザシというゴカイの管(穴の直径2mmほど)の欠片に入るものだ(写真1)ヤドカリは巻貝に入るので腹が曲がっている。しかし、このヤドカリは利用する管のように真っ直ぐな腹をしているとのこと。水生昆虫の1種幼虫脱皮殻が複数採集された。普通は淡水のものだが気水域でも生息すると。名前を聞きのがした。本日で記憶にあるものは、タテジマイソギンチャク、ミズクラゲ、カミクラゲ、アカクラゲ、?ゴカイ、マルウズラタマキビ、タマキビガイ、イボニシ、ウミニナ、アサリ、マガキ、ウネナシトマヤガイ、ムラサキイガイ殻、サルボウガイ殻、フジツボ三種とも外来種、ヨコエビ、ニホンスナモグリ脱皮殻、テッポウエビ、イソテッポウエビ、イソガニ、イソガニの寄生虫フクロムシ、ケフサイソガニ、タカノケフサイソガニ、ケアシヒライソガニ、ボラ稚魚、ミミズハゼ、海藻ムカデノリ。香櫨園浜・甲子園浜は神戸港と大阪港の間にあるので大型船のバラスト水の影響で外来種が多い。専門家のお話は、私の未知のことが多く聞けるのでたのしい。  

海岸でもオカヒジキの芽生え

 投稿者:はまん婆  投稿日:2015年 4月18日(土)22時49分59秒
返信・引用
  植木鉢のオカヒジキは芽が出て本葉が2つ、実際の海岸ではどうなっているのか気になっていた。今日やっと海岸に出た。あんな小さい芽がはたして見つけられるか懸念していたが予想していた場所で簡単にみつかった。鉢の芽を知っていたおかげだろう。鉢のものより逞しい姿だった。発育段階もほぼ同じなのは興味深い。コウボウムギは白い花をつけていた。株数が減ったようで心配。ハマボウフウは健在。ハマゴウも芽吹く。1本見つけたハマダイコンの花盛り、川岸に多いセイヨウカラシナの黄色い花が目立つ。この文面だけをみればいっぱい沢山海岸植物の春がみられると思われそうだが、甲子園浜の植生は貧弱なので、準備してその気になって探さないといけない。  

シギ・チドリ保護フェンス設置5月31日まで立ち入り遠慮下さい

 投稿者:はまん婆  投稿日:2015年 4月 1日(水)22時02分36秒
返信・引用
  4月1日朝9:00、西宮市の条例に基づきフェンス設置作業が小雨けぶる中でなされていった。南の国からシベリヤなど北の国へ子育てのために大旅行をする旅鳥シギ・チドリの為である。甲子園浜はエサになる生物が種類・量ともに豊富なので長旅の重要な中継基地となっている。飛来したシギ・チドリ達は10日間ほど滞在して必死に食べてエネルギーを満タンにして次の中継基地干潟を目指す。人影を敏感に恐れる鳥たちに安心して十分に採餌してもらうために5月31日までの2か月間、人間として立ち入らないようにご理解・ご協力をおねがいします。甲子園浜中央の磯や西方砂浜でしっかり楽しんで頂きます様に。  

植木鉢のオカヒジキ発芽

 投稿者:はまん婆  投稿日:2015年 3月28日(土)17時08分52秒
返信・引用
  3月28日オカヒジキが発芽した。最高気温が15度Cが3日続き、さくらの開花ニュースで賑やかな時だ。去年の晩秋に種を取ろうとそたが、どこが種か分からない。とにかくケシやロべリアの種より細かそうだ。紙をしいて叩いたりしたが種らしいものはない。エイままよと枯草のまま海の砂と共に持ち帰り海岸の真似をして鉢においた。目が出るかどうかは分からないが、とにかく海岸のように雨のひに水をかけた。今日、乾燥しているので我が家の植物の水やりした。その時に発見した。ワアー双子葉植物なんだ。  

サクラ咲く 網引公園一本の桜根元に

 投稿者:はまん婆  投稿日:2015年 3月24日(火)13時47分19秒
返信・引用
  実際は3月21日春分の日に咲いていたのだ。買い物帰りの時だった。網引公園のフェンスの中を年配の女性が熱心に覗きこんでおられた。何故かなと私も地面を観察した。ふと桜の太い根元にに目をやった時、桜の花が飛び込んできた。あの女性はこれを見ておられたのだ。夕方で暗くなってきており、生憎写真が撮れるものを持っていなかったのが残念だった。やっと本日撮影にでかけた。その木だけ太い幹で数か所枝切り後の瘤に開花寸前の蕾みをふくらませている。他の桜も蕾が大きくなってきている。公園には夜桜用の提灯が張り目ぐされていた。  

はまん婆の水槽 解散

 投稿者:はまん婆  投稿日:2015年 3月18日(水)00時08分2秒
返信・引用
  3月17日快晴気温16度C、5月並の暖かさ。水槽住民と石など入れていたもの全てを海に返した。記念撮影集合写真のメンバーは、タカノケフサイソガニ中4小2、ユビナガホンヤドカリ、イボニシ2、アラムシロ2、ウミニナ、コウロエンカワヒバリガイ6、ホトトギスガイ、アサリ5mm(水汲みで砂のなかで発生していたのかも。荒い砂粒に足糸でくっついていた。)ヨコエビ、コツブムシ、タテジマイソギンチャク、マガキ2、タテジマフジツボ(イボニシに付着)以上。まるで私にすくってくれといわんばかりに1個体立派なカミクラゲ。ナミマガシワの美しいもの2.運がいい。突然防災アナウンスの大音響。毎月17日にながされている。大切な放送だ。  

春の使者カミクラゲ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2015年 3月12日(木)22時44分54秒
返信・引用
  3月12日晴れ、昨夜は強い風が荒れていたので波が高くお宝が打ちあがっているかもと期待して海へ出かけたが期待外れだった。風向のせいで大した波が起こらなかったのだろう。去年の台風あともそうだった。アカクラゲが例年になく多いぐらいで常連の生き物ばかりだった。打ち上げられた海藻の中から2個体カミクラゲの小さいのを見つけた。(写真1)傘高12cmになるが5cmぐらいだ。このクラゲは春の代表で日本固有種だ。名前の由来は4か所の起点から触手がまるで女性の髪の毛のように出ていることからといわれている。無毒。もう少し暖かくなったらバケツと柄杓をもって甲子園浜へお出かけください。美しい姿とともにプックン プックンと上下運動をするのは見飽きないですよ。新砂浜の防潮堤とテトラポットで風よけされた陽だまりでハマダイコン(写真2)とツルナ(写真3)が花を咲かせはじめていた。  

啓蟄 磯へ出かけた  2

 投稿者:はまん婆  投稿日:2015年 3月 7日(土)23時03分38秒
返信・引用
  カヤモノリは褐藻だが干上がったところでは黄色がかってみえた。写真、釣り人の手前、真ん中より上に広がる黄色っぽい所、潮が満ちるとカヤモノリの藻場になるのだろう。緑藻類も芽生えはじめた。写真2はアナアオサ。転石のみんなも緑に覆われてきていて。写真3は何という緑藻になるのだろうか。細い紐状のスジアオノリ?ヒラアオノリ?ボウアオノリ?二週間後の風景が楽しみだ。  

啓蟄 磯へ出かけた  1

 投稿者:はまん婆  投稿日:2015年 3月 7日(土)22時23分34秒
返信・引用
  2015年3月6日快晴。啓蟄なので20日ぶりに浜甲子園一丁目東端の展望台前の磯にでかけた。驚いたのは海藻の様子だ。海藻の世界は2週間あけると一変した風景になっていると本にあったが正にそうだ。2月16日には気配も無かったのが20cmにも伸びたカヤモノリが群落になってたなびいていた。養殖ノリのアマノリ属がムカデノリを紐の代わりにして大きく育ち、あちこちに打ちあがっていた。甲子園浜としては初めて見ることだった。もう一つは超特大アカクラゲだ。2月末ごろに1500を超えるアカクラゲが来ていると聞いていたが本日は引き潮が動いているときのせいか大きいのが普通程度にあった。そんな時に写真3のようなおばけアカクラゲに会った。昨年の9月から甲子園浜はちょっと変だと私は感じている。  

ご連絡ありがとうございます

 投稿者:ABE  投稿日:2015年 2月16日(月)09時35分57秒
返信・引用
  ご連絡ありがとうございました。
アオイソメは40年近く前からいたのですね。ありがとうございます。
実は、1月31日に甲子園浜自然環境センターであった山西先生の講演会に参加させていただきました。一度現物を貝類館にお持ちしてお話させていただこうと思います。
聞いたことがないようなゴカイの名前がツラツラと、さすがはまん婆さんですね。
今後ともよろしくお願いいたします。
 

阿部さま ありがとうございます

 投稿者:はまん婆  投稿日:2015年 2月15日(日)13時25分13秒
返信・引用
  阿部さま こちらこそ初めまして。ご投稿たいへん嬉しいです。私は浜甲子園三丁目の東山でS44年がら住んでいます。甲子園浜の埋め立て公害問題がおこり今日まで取り組んでいます。その活動と趣味として「甲子園浜の生物観察調査」をつづけてきました。アオイソメがいたとか、私がみたのはS52年頃磯浜ででした。浜甲子園一丁目の久保釣り具店で教えてもらいました。
何事にも探究的な方と拝察しますのでゴカイの専門家・山西良平先生を紹介します。先生は四月から西宮市立貝類館に来ておられます。いろいろなゴカイを生きた状態で持参し、教えてもらわれますように。長年やっているのに私がわかるのはにミズヒキゴカイ、カンザシゴカイ、アシナガゴカイ、サミドリサシバ、ウロコムシがやっとです。観察会・調査などの案内を必ずさせていただきます。町会の回覧でもまわっていますにでもご覧ねがいます。では、また。
 

はじめまして

 投稿者:ABE  投稿日:2015年 2月13日(金)18時20分36秒
返信・引用
  浜甲子園2丁目の阿部と申します。
ネットで検索して本ブログを見つけました。
生まれてからずっとここで生活しておりますが、浜の生物たちについてはほとんど知らずにきました。浜での釣りを楽しもうとしていた時に地元のサヨリ釣り名人からサヨリの餌になるイソミミズの存在を教えてもらい、捕獲もしました(サヨリ釣りのえさにしました)。ネット情報としてミミズの仲間で海水がある環境で暮らしているのは1種類だけであること、また、発光物質を持っている(頭部近くに黄色い色素を蓄えている)ことなど生物として面白いと思いました。
また、最近(2月11日)の夕方のことですが、浜甲子園3丁目の干潟で石をひっくり返したらアオイソメ(薄青い太めのゴカイ)とおぼしきゴカイが出てきてびっくりしました。そのほかにも赤いが太めのゴカイとやや細めだけども薄青いゴカイの3匹を見つけました。アオイソメは、もともとは中国や韓国から釣り餌用に輸入された種類なのでひょっとすると外来種として甲子園浜で繁殖しているのではと思います。昨年の秋に浜甲子園2丁目の浜にアオイソメが波打ち際に複数転がっていて、そこでよく釣りをしている名人は、釣り人が捨てていったと言っていましたが、その頃から湧いていたのではと思っています。既に周知のことであれば恥ずかしい限りです。ご容赦ください。
甲子園浜での自然観察会や調査があれば参加させていただきたいとも思っております。
よろしくお願いいたします。

 

冬の鳥観察会

 投稿者:はまん婆  投稿日:2015年 2月12日(木)23時21分49秒
返信・引用
  2月11日、NPO法人・海浜の自然環境を守る会主催「冬の鳥観察会」に参加した。講師の杉田義彦さんのお話に毎回認識が新たになる。私が確認できたのは、マガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、オカヨシガモ、コガモ、ハシビロガモ、、スズガモ、ホシハジロ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、オオバン、ユリカモメ、カモメなど冬の渡り鳥のほか留鳥のカルガモ、ミサゴ、ハクサキレイ、イソヒヨドリと云ったところだった。この時期、海藻は今年も紅藻のムカデノリ1種類だけが打ちあがっていた。緑藻類、褐藻類は無い。主食が藻類のカモ達はエサ不足ではないだろうか?ひと頃よりオナガガモ、ヒドリガモの数が少なくなっているように感じている。  

寒い! 霜柱 だ !!

 投稿者:はまん婆  投稿日:2015年 2月 1日(日)11時37分16秒
返信・引用
  梅の鉢一杯に”霜柱”。昨日も寒く最低気温が0度だったが時間が短かったせいか結氷は無かった。一時雪。今朝2月1日AM8:30最低最高温度計は1度と3度をさし、現在気温も1度。ポリバケツ底の水は凍っていない。フンーン。ふと塀の上の飾っている梅の鉢に目をやった時に霜柱が飛び込んだ。こんなにまともに霜柱を見たのは何十年ぶりだろう。地上15cmの温度計は1度でも地面はもっと低くなり氷がはることがしばしばある。そんな日は格別に寒い。  

ハマアザミ冬越し姿

 投稿者:はまん婆  投稿日:2015年 1月28日(水)17時34分38秒
返信・引用
  1月27日(火)新年になって初めて甲子園浜自然環境センターに届け物に出かけたついでに東の新砂浜へ行った。ハマアザミの冬越しの様子がきになっていた。普通のノアザミはロゼット型になって濃い位緑の葉が枯草の中でよく目立っているものなので、イメージと違っていて驚いた。みすぼらしかったり2センチぐらいの小さい芽だったり。13か所中7か所が生えていた。
アザミはゴボウの仲間だそうなので根がしっかりとあるだおうから春になると元気な姿になるのだろう。
 

2015年(平成27年)賀状

 投稿者:はまん婆  投稿日:2015年 1月 5日(月)23時51分6秒
返信・引用
  甲子園浜シリーズ38年目です。カンムリカイツブリが、いつになく多数飛来している。すくっと首をのばした凛とした姿に魅せられ今年のテーマにした。今日は暖かく穏やかな甲子園浜だった。ハジロカイツブリ、スズガモ、カンムリカイツブリと潜ってエサをとるものが浜甲子園三丁目の浜にきている。海藻がまったく打ち寄せてないということは海藻が育っていないと云うことだろう。そのせいかオナガガモ、ヒドリガモが少ない。真珠光沢の美しい貝殻ナミマガシワを三個も拾った。幸運に海水の入ったバケツを軽く感じながら帰った。  

新年おめでとうございます

 投稿者:はまん婆  投稿日:2015年 1月 2日(金)00時35分35秒
返信・引用
  1月1日PM3:30気温3度C小雪。はまん婆の水槽の生き物にお正月の若水(新鮮な海水)を汲んで来て新年を共に祝いたいと出かけた。寒い!。おぼろ月のような朧太陽が雪雲から時々現れた。私の初日なので隠れるまでながめた。甲子園浜はけぶって視界は形がぼんやりで打ち寄せる波音が心地よく響いていた。少しヤバイ天候だったが浜に来てよかった。今年もできるだけ多く甲子園浜と関わっていきますので応援をよろしくお願いいたします。  

クビナガワレカラ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年12月31日(水)00時14分45秒
返信・引用
  12月27日岩崎さんがクビナガワレカラ他小さい海岸動物がいっぱいついたものを2リットルの海水を添えて持って来てくださった。甲子園浜2丁目ヨット係留所でワレカラの調査をされている坂口正樹先生のお手伝いの帰りなのだ。クビナガワレカラは大型タイプと小型タイプがある。特徴は第2節が最も長いことだ。ワレカラの雌は別種類かと思うほど姿が違う。お腹がすごく膨らんでいる。始めから動きが悪いのでいつもより頻繁に水交換をしたが二日で死んでしまった。タテジマイソギンチャク花咲かりの大きいマガキ3コが酸素消費量大なので水槽では海の様にはいかなくて酸欠で死んだのだろう。3ミリのカニ、ホトトギスガイ他は生きている。ワレカラは酸欠に弱い。明日は大晦日。海へみんな返そう。
 

大負傷カニ脱皮、五体満足に

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年12月19日(金)16時25分16秒
返信・引用
  12月14日水槽の底に丸いものがある。カニの甲羅だった。脱皮殻なら普通腹も脚もついているのに何もない。でも脱皮はできたかも。しかし脱皮後らしい姿のカニは見当たらない。石の下に潜んでいるのだろうか。それなら動きの悪い状態がしばらくあるので他のカニの餌食にならないようにエサをたっぷり入れておいた。三日たっても現れない。多量のエサは水質を悪くするので水替えを早くしなければならないが、このところの異常寒波で海に行けなかったがやっと行けた。海水交換。いた!!五体満足になっていた。大負傷カニは左側のハサミと歩脚3本と右側の歩脚1本を失っていた。左の最後の歩脚1本が残っていたので、かろうじて這うことができ右の片ハサミで食事もできていた。これでよいお正月ができる。それにしてもカニの再生力はすごい。参照 このホームページ「イソガニの観察日記」も是非ご覧ください。  

イボニシ・三種類背負う

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年11月15日(土)11時23分6秒
返信・引用
  どうなることか先が思いやられる。フジツボ生きている。マガキも生きている。海では半年もすれば倍以上大きくなりイボニシを包んでしまうだろう。細い管の巣のカサネカンザシゴカイは死んでいるらしいので影響はない。ところで移動不能な付着生物がイボニシに付着して他人任せであるが移動するものになった。繁殖システムからはフジツボは不利?プランクトンをエサにしている彼らは、はまん婆の水槽にような小さいものでは懸命に海水替えに頑張ってもエサ不足で命の維持がやっとでほとんど成長できない。イボノシにはいいかも。  

サルシアクラゲ出現

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年11月11日(火)23時20分7秒
返信・引用
  ウリクラゲのバケツを覗いていると静止水の水面にツンツン ツンツンとリズミカルな動きのものがある。懐中電灯であれこれてらしてみるが分からない。そうしたときにバケツの壁に影がうつった。??くらげ?小さい。ながーい髪の毛のようなものが数本光って見えた。傘も・・。サルシアクラゲ。ウリクラゲに食べられてはいけないし姿を確かめるためにビンに移した。なんと二匹もいた。こんなにクラゲがいることはプランクトンが多いということだろう。念のため暗くしてバケツとビンをコツンとたたくとビヤビヤッと夜光虫が光った。今季はじめてだ。  

ウリクラゲ 出現

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年11月11日(火)22時46分19秒
返信・引用
  11月11日、日没20分前ケフサイソガニ雌を海に返しに行った。ついでに二枚貝とフジツボのエサになるプランクトンが多いであろう海水を汲んで帰ろう。上げ潮が動いており満潮に近かった。日は沈み、柄杓でやみくもにすくって6杯ずつ二つのバケツに海水をいれた。さあ帰ろうととバケツを見るとウリクラゲだ!これはカニのお返しかも知れない。あす甲子園浜自然環境センター学習ルームへ持っていこう。  

ミニミニかに がんばる

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年11月11日(火)12時06分9秒
返信・引用
  水槽で最小のカニは甲幅3ミリで1個体いる。海で意識しては捕まえるのは難しい。海藻やフジツボやその他いろいろついている石を入れてある。この石に潜んでいる生き物が現れる事があるのが楽しみだから。冬の昼間は干潮がない。水槽開始の11月3日は最後のチャンスだったのだ。2月まで石の交換は困難。海水交換の前の晩にエサのシラス釜揚げをカニ目がけておとす。上手にハサミでキャッチして両手で焼き芋を食べる時のようなしぐさに笑ってしまう。食べ残したエサは水を腐らせるので交換の前に食事時間を考慮して行う。新しい海水の水槽を横に置き、石、二枚貝のついた砂礫、巻貝、ヤドカリ、と移し、最後にカニをと構える。いつも3ミリのが残る。傷つけないように匙で水流を起こして浮き上がらせてすくい取る。5分~10分かかる。最後にシラスの沈んだ水を下水排水溝に捨てて水道水で洗う。水槽の水深は8cm強。海水交換は今のところは週に2~3回。



 

水槽のカニ脱皮

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年11月10日(月)20時15分30秒
返信・引用
  11月4日水槽開始の翌朝だったので驚いた。小さい脱皮殻だ。一人前にハサミに毛束が黒く付いている。腹側は白いだけだ。タカノケフサイソガニ雄なのだ。11月10日ここでは最大のカニの脱皮殻。腹側を見る。雌だ。よく見ると小さい斑点が4個あるということはタカノ・・・ではない。ハサミやほほの斑点がそばかすより大きいほくろだ。ということは昔から知っているケフサイソガニだ。近年はタカノ・・だらけで、ただのケフサイソガニは影が薄い。大切にしなけば・・・。いや!海に帰すべきか。そうしよう。  

記入漏れ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年11月 4日(火)15時27分19秒
返信・引用
  生貝マガキ 1、写真に出ていたクチバガイは死貝でした。アサリと共にぜひ入れたいと浜で1時間ほど掘ったのですが死貝ばかりで残念。カニ早速一匹脱皮しました。  

第14回「はまん婆の水槽」開始

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年11月 4日(火)15時15分25秒
返信・引用
  2014年11月3日に「はまん婆の水槽」を開始した。水槽に入れる生き物を採集するに適した潮位の時にいろいろあって逸していまった。望ましい潮位ではないが最後のチャンス(11月3日AM9:59、潮位67cm)なので採集に浜甲子園三丁目砂浜出かけた。例年とは少し異なった種類になった。ウミニナ2、アラムシロ2、イボニシ2、ユビナガホンヤドカリ1、タカノケフサイソガニ2、小さくて同定不可カニ7、ヨコエビ類2、ゴカイ3、タマキビガイ3、ウスカラシオツガイ1、ホトトギスガイ2、コウロエンカワヒバリガイ2、前記3種が足糸で砂や貝殻などを集めてからまりあっている巣のようなもの(思いがけないものもいたりして)。今回の一番違うことは砂を敷かなかったこと、海水量を半分以下に少なくしたことだ。1回に運ぶ量を体力的に半分にしたから。回数を増やして冬の海を楽しみたい。  

大輪の菊輝く文化の日

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年11月 4日(火)11時57分29秒
返信・引用
  甲子園浜海浜公園メインゲイトま近、防潮堤越波敷に今年も大菊が10鉢見事にさいている。Tさんの丹精による。途絶えた年があり寂しかった。去年から復活。聞けばH23年に大病をされたとのこと。10月下旬の「はまん婆の水槽」を始める時で海水汲みに行く楽しみになっていた。今日Tさんの苦労話を聞いた。Q「キクは短日植物ですが、街灯が明るいこの地で上手くよく咲くものですね」。A「そうです。このことを知らない人が多い。私は8月20日から20日間だけ光の当たらない暗い所へ毎日午後4時に移動させる。この時期に20日だけでいいんです」と。長年のご経験によるすごい技術と体力だ。80歳ぐらいとお見受けする。ご健康に留意され毎年咲かせて下さいますように。
 

19号台風直後・打ち上げ調査

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年10月16日(木)00時18分45秒
返信・引用
  10月14日午前10:30~12:20浜甲子園三丁目・二丁目地先の砂浜の渚を歩いた。北西風が強かったが波は穏やかなり。台風の中心が東の方だったのでほとんど北寄りの風だったせいかゴミは無かった。海水は澄んでいた。この秋変わったことは水深の浅いところ一面にびっしりと繊細な知らない緑藻(写真3)がついていること。それがオカヒジキ地帯にかなり打ちあがり干からびていた。写真2はツメタガイと穴があけられたサルボウガイ。確認できたのは殻ばかりだった。浜甲子園二丁目にあたる100mでガザミ、タカノケフサイソガニ,(巻貝)ウミニナ、アラムシロ、イボニシ、ツメタガイ2、シマメノウフネガイ3、イシダタミ3、(二枚貝)アサリ、マガキ,クチバガイ、注目はホトトギス、ウスカラシウツガイが多数、ムラサキイガイ、コウロエンカワヒバリガイ、サルボウガイ、ナミマガシワ、ヤマトシジミ4、以上  

ハマアザミ花咲く

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年10月14日(火)17時04分11秒
返信・引用
  6月3日に13地点に移植されたものが生き残ったのは7地点。そのうちの3地点に花がついた。
海岸植物とはいえ今年の夏の過酷さを乗り切れなかったのが6地点もある。1地点には苗3鉢をかためて植えたと云うのにだ。ハマアザミもAランクだ。花は美しいが葉には鋭く獰猛な棘がある。自衛している?でもバラのように愛してほしい。
 

ハマビシ名前プレート設置画像

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年10月14日(火)16時31分32秒
返信・引用
  手元が狂いました。画像です。  

ハマビシ他名前プレート設置

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年10月14日(火)16時21分57秒
返信・引用
  ハマビシは一年草だ。種で越冬する。来年もしっかり生えてくれと名前プレートを設置した。ちょうど今は実がなっている大切な次期だし実は鋭い棘があるので人間に注意してもらいためもある。ハマビシは2003年9月に兵庫県人と自然の博物館の赤澤先生から30鉢の苗を預かて以来のものだ。これは兵庫県絶滅危惧種Aランクなり。他にツルナにもつけた。やがてハマダイコンにの予定。残何なことはハマエンドウが今年は芽がでなかった。プレートも用意していたのに。  

甲子園浜ウミニナ実態調査

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年10月14日(火)15時49分19秒
返信・引用
  1週間かけて甲子園浜ウミニナ実態調査をNPOでした。ウミニナは2008年に私たちは2~3個体を初めて確認してこの巻貝が兵庫県の絶滅危惧種Aランクということが分かり誇らしく思ってきた。近年ものすごく繁殖して生息域も広がっていた。もう絶滅危惧種と言えないんではないかと軽口をたたいていたら今年の改定で削除されて普通種になった。がっかりしたが喜ばしいことなんですよね。とにかく実態調査をして驚いた。ほとんどが死貝だったことに。少なくとも7月25日にはほとんどが生貝だった。なぜ? ⑦B地点では50cm四角の中(5cmは掘って)に
死貝が2053個体もあるなんて!!さてこれから結果報告を纏めねばならないがどうしたものか正念場だ。
 

ツノメガニとトンネル

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年10月 2日(木)00時35分27秒
返信・引用
  昨年ナンヨウスナガニを採集された同地点か2個体とれたがと岩崎さんが持ってこられた。この時期としては小さい。何カニか分からないので西宮市貝類館の渡部哲也先生(カニの専門)に教えてもらいに行った。ツノメガニとのこと。沖縄以南から幼生が黒潮に乗って回遊しているのが初夏に居付き育つ。しかし木枯らし1号の気温で死滅する。成熟すると目から角が出る仰天の形態になるのだが熱帯性なので寒さで死に成熟出来ないので甲子園浜では目の角は見ることはできない。漂着しても子孫を残せないので「死滅回遊・無効回遊」の生物。写真1、素早い動き、ピンボケで御免。写真2・3一晩で迷路横穴、海岸では深さ50Cm程の竪穴。深い穴の掘れる所を探しまわったのだろう。









 

カガミガイ 貝殻

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 9月12日(金)13時23分9秒
返信・引用
  香櫨園浜で11号台風のあと、ホンビノスガイが多数打ちあがったという情報がはいった。5月31日の大阪湾生き物一斉調査において甲子園浜干潟で1個体採集されたので、もしやと期待して調べに行ったのだった。1個体だけまるい白い貝。2011年以来確認できていないし貝殻も今はほとんど見受けないものだったので、てっきりホンビノスガイと思ってワクワクしながら帰った。写真撮影のあと貝殻の内側の縁を撫でてみた。? ツルツルだ。するとカガミガイ?。
2008年に大谷洋子さんからいただいた「ホンビノスガイとカガミガイの見分け方」に従って同定を試みた。外形のまるさがよりまるい、湾入が深い、内側の縁がツルツル、外側の筋が均等でザラザラしていないからカガミガイと決定した。。当掲示板の2008年7月投稿を参照ください。
 

オオノガイ 殻

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 9月12日(金)12時38分7秒
返信・引用
  この貝は2002年までは常連だった。以来時々貝殻だけは見つかっていたが、ここ数年はほとんど見ない。香櫨園浜も同様だそうな。海流に乗ってオオノガイの幼生が来てくれないかなあ。  

サルボウガイ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 9月12日(金)11時57分32秒
返信・引用
  大形のサルボウガイ殻も上がっていた。今年は春からゴロゴロ沢山採れた。そのイメージからすると打ち上げが少ない。この貝の名前の言われについて聞いていることは「サルがプーとほほをふくらませた様が顔のしわといい膨らみの厚さ感がそっくりなので・・・。」と。  

アサリ貝殻大型ばかり打ち上げ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 9月11日(木)23時12分13秒
返信・引用
  9月9日、甲子園浜の東端から浜甲子園二丁目まで打ち上げ調査をしながらあるいた。疲れた。大型のアサリが沢山打ち寄せられていた口を閉じた姿ばかりだった。開いてみると砂ばかりで身がない。貝殻がはずれていないし模様も鮮明なので最近にしんだのだろう。7月25日にはこんなことは無かったのでそれ以後に死んだのだろう。それにしても同じ大型のものばかりだ。小型のアサリはいないのだろうか?調べてみたい。当日は生憎の大潮満潮だった。大きいナミマガシワガイを拾ってニッコリ。  

十六夜の名月は不思議な雲をすかして

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 9月 9日(火)23時50分42秒
返信・引用
  9月8日、お月見中秋の名月なので浜甲子園三丁目の海岸へ一家5人で行った。他に10人ぐらいのグループが2組。風流の同好者がいてうれしい。数日前までの曇りがちとは、打って変った快晴の空に澄み切った望月。涼しい風、虫の音。9月9日十六夜、今日の月は昨日よりまん円で地球に最も近づくために大きいのだそうな。外へ出ておどろいた。いわしぐものようなくもを通して明るくてらしていた。  

預かっている絶滅危惧海岸植物

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 9月 9日(火)23時13分21秒
返信・引用
  甲子園浜は兵庫県の絶滅危惧種Aランクの希少植物を3種預かっている。6月3日、トライヤルウイークで植えられたハマアザミ、ハマボウ、2003年9月のハマビシだ。現在ハマアザミ(写真1)3本1組で13か所植えられたが8か所が生育し5か所が消えた。たくましい姿なので来年も大丈夫だろう。ハマボウ(写真2)は27本全部活着。満潮時に海水がしみだして水たまりになるところが適地ということで好調のようだ。ハマビシ(写真3)は8月17日に背の高い草を除去して太陽がよく当たるようにした。その甲斐あって実を沢山つけている。  

懸命の努力できれいになった甲子園浜

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 9月 9日(火)22時01分1秒
返信・引用
  2014年9月9日撮影。11号台風の大量のごみがここまできれいになった。8月21日からの重機を活躍させての業者の方々、9月7日(日)百数十人のボランティアのみなさんのおかげだ。写真1、甲子園浜自然環境センター前海岸。写真2、浜甲子園地先の砂浜。  

行政が動いて下さり台風ゴミ処理進む

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 8月26日(火)21時57分59秒
返信・引用
  8月21日(木)から重機など土木機材を使った業者の作業が始まったと聞いていたので25日(月)の午後見に行った。ユンボのような重機が5台、キャタビラダンプ3台、トラック数台の威力はすごいと思った。この調子なら8月中にきれいになるだろう。有難いことです。兵庫県の絶滅危惧種Aランクのウミニナ海岸植物オカヒジキなども無事でよかった。  

大量のゴミ甲子園浜に打ちあがる

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 8月16日(土)00時28分56秒
返信・引用
  台風11号は甲子園浜をゴミで埋め尽くした。8月15日お盆だが緊急集合が要請されて20名あまりがはせ参じ、朝8時から9時まで自然環境センターの前をとりあえず人工物を取り除く作業をした。燃やさないゴミ(缶ビン)と燃やすもの(多量のペットポトル・液体入りは出して。発砲スチロール製品片)に分別した。たちまちにゴミ袋の山ができた。写真2は一応人工のゴミを拾ったが残りの大量のゴミ。写真3は東部の干潟新砂浜、ここはまだ手つかずのようす。ゴミとの格闘は16(土)17(日)とAM8時から1時間やりますのだご参加をお願いします。  

イナザワハベガイ採集

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 8月15日(金)23時31分53秒
返信・引用
  7月25日(金)主催南甲子園小学校PTA・青少年愛護協議会。協力NPO法人海浜の自然環境を守る会によって「甲子園浜生物学習会」がおこなわれた。一番のお手柄は巻貝のイナザワハベガイだ。NPOの生物調査班が子どもたちの採集生物の同定に当たっていたが分からない貝なので講師の和田太一さんに教えてもらった。石の裏に卵がついているのも持ち込まれ、これも和田さんに教えられた。図鑑で調べるとイトカケガイ科だが思われないような形。10ミリぐらいの小さい貝。タテジマイソギンチャクに着生する。(そして体液を吸う)6,7月頃俵状の卵のうを産む。とある。写真2は白い卵のう。1粒に無数の卵がはいっているのだろう。2008年沖地区で2ヶ所見つかっていたがわすれていた。  

シロボヤ 追伸

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 7月15日(火)10時01分5秒
返信・引用
  訂正 「3年間」を「4年間」にです。数え間違いでしたトホホ。補足、昨年確認のシロボヤは甲子園浜橋西のヨットの係留ロープに沢山の生き物と共についていた。3月で1センチ程で小さかったと採集者から今朝聞いた。磯ではやはり「お久しぶり」だったんです。  

今年もシロボヤ確認

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 7月14日(月)23時37分51秒
返信・引用
  7月25日実施予定の「生物学習会」で子どもたちが採集した生き物を同定する判定員の新人研修として甲子園浜磯に行った。潮位14:18(2cm)。よく引いている。めったに行けない所に入れた。「これ何?」の声。「おおっ シロボヤ!お久しぶり」帰宅して記録表を見ると昨年も〇印あり。記憶になかった。表を見ると昔1976年~89年、2001年2年とシロボヤは常連のようにいた。ところが2009・10・11・12年と3年間見つけていない。もう一種の常連ユウレイボヤはここ2年見ない。2009・10年も無。常連は常連らしく毎年確認できてほしい。ホヤは原索動物と高校のときに習った。魚類の直前段階の生き物だったですよね。  

兵庫県絶滅危惧・ハマボウとハマアザミを植える

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 6月 6日(金)00時05分20秒
返信・引用
  写真1、ハマボウを上甲子園中学生と学文中学生が仲良く植えつけ作業をしている。写真2、何故ここにハマアザミを植えたらいいのか説明される服部保先生。防潮堤で風が遮られ雨水が集まる。人が踏み荒らしにくい。写真3、植えつけられたハマアザミ。◆服部保先生の講和。今、日本の植物の半分が絶滅が心配されている。海岸植物は埋め立てと諸工事によって生息空間がなくなっている。兵庫県ではハマアザミとハマボウは淡路島の1~2ヶ所にしかない。海浜植生の復元と再生を図らねばならない。人と自然の博物館で育てられた苗ハマボウ30鉢は、上田萌子(ハマボウで博士号)先生の指示「干潟の植物シオクグのある場所が良い」ということで満潮時に水が溜まるセンターの前の窪地に植えた。ハマアザミは東の端新砂浜に41鉢うえられた。ちょうど翌日夜からしっかり雨が降ったので活着するだろう。すでに預かっているハマビシと合わせて3種の絶滅危惧種を預かる甲子園浜と私たちの責任を感じる。










の責任
 

ハマボウとハマアザミを植える

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 6月 5日(木)22時51分11秒
返信・引用
  6月3日(火)甲子園浜自然環境センターへトライアルウイークで上甲子園中学男子3名と学文中学男子4名だ来ていた。はじめにNPO法人  

第7回大阪湾生き物一斉調査・甲子園浜

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 6月 5日(木)22時16分31秒
返信・引用
  5月31日(土)午後、表記の行事がNPO法人海浜の自然環境を守る会の担当で行われた。参加者は76名。干潟と磯に分かれ、はじめは1平方メートル枠の定点調査。すめば自由採集調査で生物基地に採れたものを集め講師山西良平先生(大阪市立自然史博物館長)のお話を聞いたり質問したりした。特記事項は砂泥干潟地点で大きいホンビノスガイとバカガイがいたこと。ウミニナ・ホソウミニナが干潟へ分布を広げていたことだ。干潟では立派なイソガニが多く磯はタカノケフサイソガニがほとんどだった。34度Cの晴天の暑さだったが熱中症やケガもなく終了できてよかった。写真1、定点調査のようす。写真2ウミニナとホソウミニナに見分け方解説の山西先生を取り巻く参加者。写真3、磯西。  

海浜植物観察会に参加して

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 5月21日(水)11時36分5秒
返信・引用
  5月18日(日)NPO海浜の自然環境を守る会主催の会に参加した。講師宮本裕美子先生(兵庫県生物学会)のお話は、毎回認識を新たにするものだ。日本の自然植生では高山植物が0.3パーセント海浜植物が0.7パーセントで、保護されている高山植物に対して海浜植物0.7パーセントというのは保護に値する数字ではないかにはハッとした。甲子園浜には10種あまり在来の海浜植物があり大切にされている。外来植物が大半を占めているのが特徴だ。アメリカネナシカズラ(寄生植物)花粉症原因のオオブタクサなどは駆除すべきだが他は外来種だからといって嫌悪しないでおこう。海浜植物は内陸の植生から逃れて海浜の塩分・乾燥という過酷な環境に適応した植物ということを理解して環境保全をはかりたい。写真1、満開のハマヒルガオ 写真2、ハマボウフウ 写真3、ハマビシの発芽、右上に本葉が出たもの。  

海岸植物名称プレート設置

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 5月15日(木)12時26分24秒
返信・引用
  5月12日(月)午後、NPO(岸川、高橋、岩崎、東山)は表記の作業をした。ハマボウフウは大きく育ち白い大きい開花前の花枝をのばしている。コウボウシバはしっかりと穂をつきだしている。予想外に多く生えていた。しかし一昨年に杭打ちした時にはあった海側のが無くなっておりロープの位置を約50センチ陸側に移動した。ハマゴウとコウボウシバを設置したところで雨になり作業は終えた。残りは花が咲いているものから早めにしたい。しかし、未だ芽が出ていないオカヒジキ、ハマビシはタイミングを見て設置したい。次の日曜日5月18日午前10:00から甲子園浜自然環境センターで「海岸の植物観察会」がある。ふるってご参加を!!  

ゲジゲジ 台所に出現

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 4月20日(日)18時50分13秒
返信・引用
  4月19日、浸けていた食器を洗おうと覗くと長い間見たことがない虫が浮いていた。ゲジゲジ?。図鑑で調べた。和名はゲジでゲジゲジと呼ばれているとある。ふうーん。ゲジゲジなんとかやゲジゲジのようなとかあまりよくは言われていない有名な虫だ。あらためてよく見るとなかなか美しいではありませんか。ムカデも見なくなって久しい。ヤスデも少なくなっているように思える。浜甲子園もすっかり都市化した環境になっているのに、どうやって我が家に来ることができたのだろう。  

まる裸赤んぼヤドカリ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 4月12日(土)23時24分57秒
返信・引用
  4月12日、はまん婆の水槽を解散した。底に砂を敷いていない水槽に4mmほどの赤んぼヤドカリが1匹発生していた。裸のままで活発に動く。スプーンですくい取り容器にいれた。水槽にはあいにく赤ん坊用極小のお家はない。カンザシゴカイの管(パイプ)をちぎって入れた。大急ぎで近寄り、あっという間に中に入った。すこし大き過ぎたのか動きにくそうにしている。そこで小さ目のを2個いれた。すぐ関心を示し、いじくりまくってから新しいほうに入ってみたが、すぐもとの大き目のほうに戻った。今のところはそのままだ。  

我が秘伝の青い目の人形

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 4月11日(金)21時41分4秒
返信・引用
  さいたま市の妹が面倒を見ている99歳の母が、お別れの準備をしていい状態になっている。田舎の実家の廃屋から見苦しいけれど思いで深い「青い目の人形」を甲子園へ持ち帰っていた。母の棺にいれようと思う。昭和20年代、ひな祭り時だけで飾られた。そんなあるとき母が言った「おじいさん(母の父並河良次)は島根県の視学をした人だった。アメリカから青い目の人形が友情として送られてきて、島根県の小学校に配ったが1体だけ残ったので家で秘蔵されていた。結婚のときに持たされた。手紙があったがなくなった」と。私は子供心に、これは公に出来ない秘密にしなければならないものと思ってきた。しかし、ことここに至りアメリカの送り主の気持ちに思い至り、ここに公表することにした。髪の毛がなくなり忍びないのでスカーフをかぶせた。寝かせるとママーといっていたがもう言わない。目はとじる。立たせると目を開ける。1921年に日本にきて数奇な運命だった。  

久しぶりスサビノリ(いわゆる海苔)

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 3月28日(金)11時19分45秒
返信・引用
  3月16日に採集した海藻標本ができあがった。写真1はスサビノリ。痛んでいたので発色が悪い。スサビノリといえば1976年3月はじめての甲子園浜生物調査をした時のことだ。岩上の海藻が腐ったような黒色になっていた。やっぱり、これは海が悪くなったせいかもと心配した。大井友子さん(故人)が持ち帰り標本にされた。すると美しい紅紫海藻だった。神戸大学の広瀬幸雄先生(故人)に同定していただくと「スサビノリSP。本来のアサクサノリが困難になったためにスサビノリが養殖に使われている」と。そういえば須磨では海苔筏が沢山浮かんでいる。ある日年配の男性がスサビノリばかりをとっていた。「料亭で食べたら1万円はする」とニコニコ顔。エエッ!?。写真2はナガアオサ??幅は10Cm以内長さ70Cmアナアオサのような穴は無い。失敗して標本は半分に切れたもの。写真3はカヤモノリ。今年はこれまでになく大変に多い。特に東のほうに。  

浜甲子園三丁目砂浜アサリ育つ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 3月 2日(日)23時26分4秒
返信・引用
  3月2日雨上がり、気温12度C潮位13:31(干潮27Cm)。松村が来たのでアサリ堀りに行った。私たちを含めて17人もの人出ですでに1万円分程のアサリでバケツがいっぱいの人があった。私たちは12:50~13:50(きっかり1時間)浜に入った。サルボウガイがゴロゴロいておどろいた。収穫はアサリ141個、(特大46ミリなど40ミリ台18個、35ミリ~30ミリ27個、30ミリ~34ミリ53個、20ミリ台43個)法律で28ミリ以下は出荷不可のものが4個あり反省した。サルボウガイは12個(大4個、中4個4個、小27ミリ4個)。他に確認したものは、特大ウネナシトマヤガイ、かなりのウスカラシオツガイとアラムシロガイ、1個だけコウロエンカワヒバリバイ、ウミニナ多数、タマキビガイ、イボノシだった。一晩砂出しをして明日に食べよう。  

クラゲ3種甲子園浜自然環境センターへ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 2月27日(木)22時53分24秒
返信・引用
  少しましな画像。やはりサルシアクラゲではないと考える。前回の説明のとおりで和名がないSarsia mirabitis L.AGASSIZ とみる。サルシアクラゲより泳ぐスピードがなく優雅。なんとも可愛い。はまん婆によこぞ捕まってくれたものだ。甲子園浜自然環境センターで是非みてほしい。飼育寿命は短いと思われるので早めのお出かけを願う。前々回のカグトクラゲは死んだ。残念。  

初めてのサルシアクラゲの仲間

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 2月26日(水)00時34分42秒
返信・引用
  2月25日夕方5:30頃、薄暗くなりかけた時にシミコクラゲねらいで海水汲みに行った。ヤコウチュウが多いところにいるので泡立っているところやアカクラゲの漂っているあたりの海水をすくった。現場ではみえないのでワクワクしながら帰宅。シミコクラゲが6匹で期待したほどではなかった。それでも他に何かいないかと丹念に探していたら1Cmほどの透明なものがピューと横切った。静止したときにすかさずストロウ・ピペットでゲットした。傘は5ミリぐらいで点眼4個、口柄は傘から少し出ていて口柄の半分は膨らんだ胃部、触手は4本で傘高の2倍かな。知っているサルシアクラゲとは少し印象が違う。明日、明るいところでよくみよう。とりあえずの悪い画像ですみません。先日のカブトクラゲといいサルシアクラゲといい北方系だ。今年の冬の寒さのせいかも。カメラはPENTAX WG-10 マクロで。  

今年もシミコクラゲとヤムシ出現

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 2月21日(金)23時48分56秒
返信・引用
  2月21日。海岸植物のプレートを作る件で岸川さんが来られた。カブトクラゲを見ていただいた。「シミコクラゲがいる」と言われ驚いて指摘されたところを見ると2ミリほどの小さいユウフォウが空中に静止している。海水汲みで何時も気を付けているがいない。毎年正月ごろから採れるのに今年はどうなっているのかと思っていたところだった。はまん婆の水槽の水替えをする前に、まだ何かいないかを調べるとヤムシが1匹!!極細の2センチ針状、透明。静かに上下に立ち泳ぎしているが突然矢のような速さで横に行く。光を当てバケツにうつる影とヤムシの反射像をたよりにすくい取ったが機敏な動きで難儀した。写真には至難の業が必要なので諦めた。やはり海藻群落の中にはいろいろいるのだ。  

カブトクラゲ 画像

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 2月21日(金)22時53分43秒
返信・引用
  2月21日(金)昨夜の画像は一刻も早く知らせたくてひどい画像だったので今朝撮り直しましたた。少しはましですが・・ピシャリとしたものがありません。が、前回の文とあわせてご覧ください。大きさは全長4cmほどです。  

カブトクラゲ甲子園浜初めての客

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 2月21日(金)00時20分28秒
返信・引用
  2月20日。夕方4:30海水汲み。すごく潮が引いていた。低潮線下にびっしりアナアオサが茂っている。柄杓がとどく。海藻の群落には、いろんな生き物が潜んでいる。期待をこめて海藻の中の水をすくうがハズレ。アカクラゲが沢山漂着している。そのクラゲのあたりをすくったか暗くなり何か入っているか分からない。帰宅。いた!!。小水槽に入れて図鑑を見ながらあれこれ動かして観察。「体はほぼ卵形で・・・。体の下方両側に大きな翼状突起があり、これら突起の基部に各側に1個ずつ耳状小突起がある。櫛板列のうち、4本は長く突起上に達し、4本は短くて耳状突起の基部に終わる。・・」該当した。日本近海に普通とのことだが甲子園浜では初めてだ。写真が超悪くて面目ない。  

アカウミガメ骨格標本作成終了。展示完了。

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 2月 6日(木)23時35分5秒
返信・引用
  昨年10月1日の掘り出し作業からはじまって、この2月1日に展示場所に設置するまでにようやっとこぎつけた。本日、簡単な説明などの表示を張り付けて一応完成となった。2月9日(日)10:00から「冬の鳥観察会」が甲子園浜自然環境センターで開催されるので参加のついでに3階の学習ルームにあがり是非みていただきたい。  

ムカデノリなど紅藻類育つ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 2月 6日(木)23時06分48秒
返信・引用
  1月29日、海藻の打ち上げ観察をしながら甲子園浜の東西全波打ち際を歩いた。東の新砂浜にムカデノリとショウジョウケノリがかなり寄せていた。しかし例年に比べて少ないように感じた。センターの前・磯と西の砂浜には見かけなかった。これら紅藻類は低潮線以下のところで生育する。冬は夜中に大きく潮が引く。首を突っ込んで採餌するカモたちは夜中にこの海藻を食べているのだろうか。褐藻類はなし。緑藻類はアナアオサ・ウスバアオノリ・ボウアオノリが砂浜のところに少々。図鑑によると緑藻の生育は3月中旬からとか。海藻をたべるオナガガモやヒドリガモたちの数に対してエサは足りているのだろうか。  

マルウズラタマキビの写真について

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 1月29日(水)23時16分5秒
返信・引用
  手元が狂って中途のまま投稿になってしまった。トホホホ。マルウズラタマキビを2個体採集(拉致して)帰り「はまん婆の水槽」にいれた。翌日に水槽を覗くをタテジマイソギンチャクをに乗っかって水面より離れたところに、もう1つはどこへ行ったかと探すと蓋に角っこにいた。  

マルウズラタマキビ 

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 1月29日(水)22時57分22秒
返信・引用
  1月28日火、AM10:00気温は5度Cだがポカポカ晴天なので甲子園浜の東端から西橋まで観察しながら歩いた。この1月は土が凍ったひが6日もあった厳冬なのにアラレテマキビは飛沫帯に岩に裂け目にびっしりとついていた。普通にみるタマキビガイは水中の岩のしたにいて寒さをしのいでいる。干潮で最も長く干上がっている乾いた岩にマルウズラタマキビを沢山みた。秋に気が付いていたようにアラレほどではなくタマキビより上に分布  

アカウミガメ頭部骨格標本 組立作業

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 1月14日(火)00時23分36秒
返信・引用
  1月13日(成人の日)PM3:30~5:20?。大阪自然史博物館へ岸川さん岩崎さん品川さん東山の4にんで行った。前回同様に和田岳先生のご指導のもとに作業が進められた。完全な標本を持ってこられて「これと同じようになるように部位を集めて接着していってください」ということでジグソーパズルのような作業が始まった。接着はグルーガンだった。写真1は、要所要所に和田先生が手を貸してくださる。私は1個の部位を見つけただけで写真とうろうろ係。有能な3人にお任せ。写真2は内部の部位でピッタリいった快感。写真3は、これで終了ということで記念撮影。部位が足りないのでどうしようもないので断念。展示のアドバイスとして顎はくっつけないで横に置くと。他。いよいよ月末週に展示板に腹と背骨などの固定作業をすることになる。2月中旬には展示できるかも。  

新年明けましておめでとうございます

 投稿者:はまん婆  投稿日:2014年 1月 4日(土)12時41分36秒
返信・引用
  「子どものために」 さざなみがひいた そのあとに ちどりがあるいたあしあとが ちいさくのこっているよーな そんなきれいなすなはまを こどものためにのこしておこう 作詞作曲山田洋三。1980年代、西宮甲子園浜公害訴訟原告団が公判傍聴で神戸地方裁判所に行くバスの中で熱唱された歌をモチィーフにしました。「子どものために」の歌の通り、未来に生きる子ども達のために甲子園浜を大切にしていきたいものです。今年もよろしくお願いいたします。
 

NPO掲示物「カモたち」に更新

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年12月18日(水)01時28分10秒
返信・引用
  12月17日(火)甲子園浜自然環境センターの方々に写真や文の貼り付けと掲示板への取り付けを手伝っていただいてお陰さまで展示ができました。これでやっと冬バージョンになりました。甲子園浜の冬の主役な何といってもカモ達でしょう。代表的なオナガガモ、ヒドリガモ(波打ち際や浅い所で首を突っ込んだり逆立ちして餌をとる種)ズズガモ、ホシハジロ(深く潜って餌をとる種)の4種の絵図を基にしています。甲子園浜近隣に住む者としてせめてこの4種は知っていてほしいとねがってのものです。絵図を描いたのではまん婆はやっと覚えることができました。  

アカウミガメ骨格標本展示への見通しが立つ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年12月18日(水)00時53分40秒
返信・引用
  12月11水12木13金14土15日と五日間AM9:30~12:00にアカウミガメの標本作り活動に参加した。事前に大阪自然史博物館の和田先生に私たちが行き詰まっていた問題点について教えて戴いての再開だった。部位の確認と接着、補強のためのニス塗り、展示版のペイント塗り、甲羅は学習ルームの半球義が置かれていた所に腹側はNPOの掲示場所へときまった。新年1月に展示できるように骨をレイアウトして固定する。これが一苦労だが2月までにはおひろめできるだろう。写真は首の骨がそろって歓声。半球義の底の円盤を利用するために分解中。骨のニスぬり完了。  

にじ! 虹だ~っ!!

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年12月10日(火)23時37分29秒
返信・引用
  海岸管理者である兵庫県当局による除草作業がはじまった。絶対に残して保存してもらいたい海岸植物に縄張りを直前の日にした。その時には知らなかった小さいハマゴウがストーンサークルで守られているのが2箇所みつかった。感謝!!。その2箇所に未だ除草作業が来ないうちにと10日(火)夜中じゅう降っていた雨が上がったので頑張って縄張りにでかけた。9:45ごろ作業が終わり、ふと六甲山を眺めると虹!!。みるみる虹の橋は甲山へと伸び、よく見ると虹の外側にうっすらともう一つ虹、二重にじだ。こんな素晴らしい虹をみたのは何年ぶりだろう。

 

重機による除草作業から守りたい海岸植物に縄張りする。

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年12月 8日(日)23時00分25秒
返信・引用
  外来種や本来甲子園浜になかったものの除去以外は自然の植物にまかせようというのと白砂青松でありたいの議論が何年か以前にあった。結果、兵庫県生物学会阪神支部が長年生態調査をされているBライン西10M以東を保存して、そこから西の砂浜の除草がおこなわれる。小さいとはいえ砂浜は人力ではどうにもならない広さがあるので重機が利用される。まだ保護ロープ張りがなされていないハマゴウ10号とハマスゲ群落にとりあえず仮の縄張りをした。除草作業関係者のみなさん、よろしく御願いいたします。  

防潮堤の落書き消し

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年12月 8日(日)22時18分16秒
返信・引用
  先月に予定していた日が雨で延期になっていたのが本日行われた。主力は西宮市立東高校生徒会。私は下働き「うろうろ係り」。手順は①溶剤(柑橘系の環境によいもの)をたっぷりと塗る。②5分間塗料が溶けるのを待つ③亀の子たわしでこすりだす。④雑巾でふき取る。この過程を消えるまで繰り返す。⑤最後に真水をかけ流し雑巾でふきとる。高校生たちは力をこめて擦るがなかなかとれない。顧問の先生「かくのは一瞬やが消すのはこんなに大変・・。」と。生徒達はちょと手を止めて苦笑いをしたようの見えた。額に汗がにじみ、厚手のゴム手袋もつぎつぎと破れた。甲子園浜の自然には「落書き」はいらない。作業後足をのばして東の新砂浜の観察。ハマダイコンが大きく育っていた。期待したハマエンドウは見つからなかった。  

飼育スナガニに命名・木枯らし文次郎

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年11月22日(金)12時44分25秒
返信・引用
  採集者の岩崎さんと話し合って名前をつけた。11月3日文化の日の”次”の日で木枯らし一号の出た”次”の日からはまん婆の住民になったのを記念して「木枯らし文(紋ではなく)次郎」と命名した。どうぞよろしく御願いいたします。11月22日現在元気です。新鮮なイカを細かく切ったものや釜揚げシラスを冷凍しておき一片を与えている。餌は予想外に良く食べる。イカが好きのようだ。元気なのは室温が10度C~17度C(私の健康のために外気温との差が少ないように就寝中は17度Cに設定している)だからかも。光は苦手と思っていたが最も明かるい所によくいる。考えてみると、そこは暖かい空気が一番良く当たる所のようだ。  

kxwbomnc@gmail.com

 投稿者:ニューバランス 人気ランキング  投稿日:2013年11月15日(金)18時57分45秒
返信・引用
  nb 1300 ニューバランス 人気ランキング http://www.kocalpeact.com/パンプス-ミュール-new-balanceニューバランス-7yrf-4_10_11.html

http://www.kocalpeact.com/パンプス-ミュール-new-balanceニューバランス-7yrf-4_10_11.html

 

夜中 活動活発

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年11月 7日(木)23時09分51秒
返信・引用
  11月6日、23時過ぎトイレに行ったついでにスナガニを覗いてみた。アッ シラスが無い。でもアオサはそのままだ。深い穴が1個増えている。ビンの周りに光を当てて穴の様子をみた。底の横向き穴の8cm程の空間でカニは左右に動いて大騒ぎをした。光に驚いたのだろう。ごめんごめん。慌ててスタンドライトを消した。7日雨の前にと海水汲みにでかけた。波打ち際に餌になるどのようなものがあるのだろうかと調べたが、分からない。干からびた打ち上げアナアオサの下に無数のヒメハマトビムシがいた。7日、岩崎さん情報によると新砂浜にスナガニの大きな穴が沢山20数個あいているとのこと。木枯らし1号に生き延びているのはツノメガニではないだろう。今朝の最低気温は15度Cと暖かかったので活動したのだろう。ビンのカニも室内で暖かいので活動的なのかもしれない。

 

スナガニ餌 取り込んだ?

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年11月 7日(木)13時11分59秒
返信・引用
  11月6日午後1時、新たな穴。餌に振り被った砂を除けると胡瓜だけがのこっていた。4匹のシラスは取り込まれ食べられてのだろう。一日半は手をつけられていなかったのに。やっとビンの環境におりあったのだろう。えらい目にあわせてすみません。来年の5月ごろまで宜しく御願いします。新しい餌に交換。シラス一匹とアオサ片。  

飼育瓶のスナガニ、翌日 新しい穴

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年11月 5日(火)18時25分26秒
返信・引用
  11月5日、午後3時。本日の最低気温が11度C。これから段々寒くなる。屋外通路でなく部屋に定置することにした。瓶を覗くと縁に大きい深い穴。ガラスに沿って底に達している。反対側の底で砂が盛んに動いている。L字にあなを堀り進んだのだろう。しばらく見ていると穴がはっきりしてきた。そしてカニの姿が見えた。甲羅が左右に6Cmほど行ったり来たりしている。安心して休むことが出来る場所が出来るまで作業は続くのだろう。餌は食べていないようだった。  

スナガニ飼育画像

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年11月 4日(月)22時29分12秒
返信・引用
  トラブルで画像がでませんせしたので、添付します。  

初体験スナガニの飼育をはじめる

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年11月 4日(月)22時24分22秒
返信・引用
  11月4日、岩崎さんから「甲子園浜・新砂浜に居るんですが・・。スナガニを掘り出しました。どうしますか」と電話がきた。私は即座に「連れてきて欲しい」と御願いした。先日もスナガニの飼い方の出ている本を岩崎さんから見せていただいたので準備をしていた。10月26日以来毎日浜に出かけたが穴がほとんど無く有って掘っても成果無しで飼育を断念していたのだった。梅酒用のビンに海砂を深さ16cmいれカニが逃げられない空間を11cm、口は台所のネットでふさぐ。本にあったように紙にシラス釜揚げと胡瓜細切れを少しのせて砂の上に置きスナガニを入れた。気温が下がったせいか動きが鈍い。4分ほど場をはなれて帰ってみると居ない!砂に穴が開いていた。素早く潜ったのだ!ビンの縁で下から8cmの砂が動いている。脚先が左右に見えて盛んに動かしていた。やがて静まった。お休みなさい。白紋は不明瞭だが鮫肌と雄の印の最先端が三角形でなく半円形なのでスナガニ雄と同定した。本日木枯らし一号がでた。多数を占めたツノメガニ他熱帯性のものは死滅だろうか。温帯性のスナガニを責任をもって冬越しさせたい。  

はまん婆・まご水槽スタート

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年11月 4日(月)18時12分50秒
返信・引用
  11月3日恒例の甲子園浜の生き物水槽を開始した。海水汲みがしんどくなったので止めようかと思ったが、運動不足解消、筋力維持、甲子園浜の眺望風景の気持ちよさ、冬の海でないと出会えない生き物のお客さんとのめぐり合わせ、などが寒い季節を乗り越えさせてくれることを期待している。今年は、小学2年の孫(男)水槽が加わった。はまん婆水槽環境を工夫した。砂層の無い所から厚いところを作り石を積んで水面から出たところを設定した。水槽の置き場をいつもの廊下でなく屋外の通路にした。寒いときは毛布を掛けよう。住民調査はしていないが、注目はアサリとクチバガイ(写真)、タテジマイソギンチャク、カンザシゴカイ(写真)、フジツボだ。他にウミニナ、マルウズラタマキビ、ケフサイソガニ、ユビナガホンヤドカリ、ウスヒラムシ。がんばります。  

スナガニ達はもう冬篭り???

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年10月29日(火)19時11分34秒
返信・引用
  台風27号はこの辺りは逸れて通過したが気温がぐっと下がった。我が家の最低気温計では17度C~12度Cが続いている。今のうちにスナガニ類の採集調査をしたいと毎日穴さがしにでかけた。甲子園浜には一種類しかいないものと思い込んでいたが今年三種類と分かった。所謂スナガニは温帯性で冬越しできる。ツノメガニとナンヨウスナガニは熱帯性で5月ごろ黒潮に乗って幼生がやって来て生育する。が、木枯らし一号が吹くと死滅する。子孫が残せない「無効回遊」「死滅回遊」というのだそうな。9月には百数十個も穴があったのに本日は4個。頑張って深く掘ったがダメだった。寒くなると穴を塞ぐという。暖かい日が続くと又穴がふえるのだろうか。今日の感動はハマゴウ10号が浜を訪れる人々によって守られていたことだ。もう一つはカンムリカイツブリ。  

台風26号のあと

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年10月16日(水)16時30分28秒
返信・引用
  10月16日潮位10:53(干潮65cm)丁度この時間帯に台風あと調査に浜甲子園三丁目海岸へ行った。大阪の方は明るいが六甲山は雲が覆い神戸は驟雨。甲子園浜上の雲は南へ速くながれている。この度の台風も山風(陸風)でうねりも無かったし武庫川もたいして増水しなかったらしい。新たなゴミは巨大流木とロープぐらいだ。24号台風以後の南西風がかなりのゴミを運んだようだ。打ち上げ生物は無し。干潟の所でウミニナを確認。小さいのがうじゃうじゃいる。大中小とりまぜて掃いて捨てるほどいるのは初めて見た。石を捲るとイボニシとタマキビガイがそれなりに。足糸で石にクッツキ合っているウスカラシオツガイ、コウロエンカワヒバリガイ、ホトトギスガイを掘りさがしたが一匹もいなかった。打ち上げも古いものしかない。シロチドリが10羽ほどとんだ。オナガガモほかカモ類が12羽。カワウも活動。緑藻の芽生えかすかに。末尾になりましたが、伊豆大島をはじめ台風被災地の皆様にお見舞い申しあげます。







 

24号台風のあと

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年10月10日(木)22時33分59秒
返信・引用
  10月10日(木)午後4時から、1日遅れだが台風後の打ち上げ調査に浜甲子園三丁目の海岸へ出かけた。台風らしい風雨は30分あっただろうか、そのせいかやはり海岸の様子は大した変化は無い。打ち上げの生き物も平常どおり。海藻もまったく無い。鳥の足跡だらけ。もしウスkラシオツガイ、ホトトギスガイがあがっていても殻が軟らかいので食べられてしまっただろう。台風の南東風はやはり海の浮遊ゴミを運んできた。オカヒジキ、ハマスゲ、コウボウシバ元気。ぐり石のところでカニ釣をしている父子、容器を覗くと立派なイソガニがうじゃうじゃ。18号台風あとの青潮からこんなに生き延びていたのだ。ケフサイソガニ2ヒキ。「帰りには海へ返してくださいね」というと快いお返事をいただいた。  

一時 休止に

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年10月 9日(水)18時11分31秒
返信・引用
  10月8日(火)9:00~10:40.甲羅の縁の部位の接着、右側のはほとんど無い。甲羅本体との接着は無理。展示法を考えなければ。保管の関係でパネル一枚に纏めねばならない。腹がわと甲羅を立体的に構成しなければならない。しかし甲羅がもろい感じなので何らかの方法で補強しなければならない。素人が出来る技術的解決が見つかっていない。見通しがつくまで作業は休止になった。これからが大変。問題解決に向けて勉強し知恵を絞らねばならない。ご協力を御願いします。  

アカウミガメ甲羅組み立て作業

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年10月 7日(月)17時11分7秒
返信・引用
  10月5日、岸川さんの写真がナイスなので載せさせていただきました。  

甲羅 完成 !!

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年10月 6日(日)23時47分31秒
返信・引用
  10月5日(土)9:00~11:20①さてどのようにするかを話し合う②大きい部位で出来ており作業がやさしそうな甲羅を本日の目標にする。③部位と部位がぴったり合うジグソウパズルをする。④中心線背骨のような小さい甲羅が足りないので見本の写真を見ながら他の整理場所を探す。あったっ。少し違った形なので別の分類に入っていた。⑤ゴミをさらに取り除いてアカウミガメの甲羅になるように仮組み立てする。⑥瞬間的に接着できるグルーガンで尾から始める。形を支えるのは新聞紙を丸めて詰め込む。この方法が最もフィットし、けっこう強いのでこのやり方でしていった。⑦最後に首肩の所を接着して完成!期せずして歓声が上がった。画用紙ドームは使わなかった。⑧展示と保管について考えておく宿題がでた。はまん婆はうろうろしながらほとんど見ているにすぎないが進行係りかな。  

乾燥が順調に進む。

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年10月 3日(木)22時16分25秒
返信・引用
  10月3日(木)9:00~11:15、岸川さんと甲子園浜自然環境センターへ。乾燥は順調に進んでいる。節電のためクーラーは止めて扇風機をまわし窓を開けた。夕方5:00閉館時に窓を閉めにこられる。10月5日(土)9:00からいよいよ組み立て作業にはいる。甲羅から接着していくのだが接着剤が固まるまで動いてはいけないので安定した置き台がいる。このアカウミガメの甲羅によく似たドーム型のものを画用紙で作った。膨らみをささえるものはスチロールの箱である。接着剤は木工ボンドと聞いているが固定まで1時間以上かかる。瞬間的に接着するグルーガンもかんがえている。うまくいきますように。  

アカウミガメ骨格標本作り・水洗いーー乾燥

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年10月 3日(木)00時09分24秒
返信・引用
  10月2日、9:00~11:30.甲子園浜自然環境センターの研修室で作業。岸川さんの配慮に満ちた準備物をもとに、①洗った骨を乾燥させる場所作り②掘り出した骨を囲んでどういう部位の箱からするか作戦を話し合う。③砂やゴミを除く。④水洗い⑤乾燥(カメの実物のように部位ごとにまとめて並べる。⑥阪口先生の助言で乾燥をより進める対策をした。濡れた新聞紙の交換、クーラーによるへやの除湿、扇風機を明日岸川さんが持って来てくださることになった。  

アカウミガメ骨格標本にするために掘り出す

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年10月 2日(水)23時26分36秒
返信・引用
  2013年10月1日、3年前の8月に漂着したアカウミガメは腐敗が進み過ぎているので須磨水族園の研究者たちによって砂浜に埋められた。(この掲示板にかいたので探してください)2~3年経てば骨格標本ができる状態になっているとのことで本日決行。事前に須磨水族園の亀崎園長(日本ウミガメ協会会長)の教えを受け資料をいただき標本の実物や製作技法なども教えてもらった。とは言え何分素人が初めてすることなので慎重に作業した。目印と記憶にピッタリの所で甲羅が現われた。掘り出した部位は埋まっていた状態を平行移動したようにした。そいて再現しやすいように、運ぶことを考えて骨を容器にならべた。大きな穴を埋め戻す時に拾い残しが無いように注意した。2個見つかった。センター長の山中さんに車で運んでもらった。明日は骨を洗って・・・。暑かった。お疲れ様でした。皆さん有難うございました  

台風18号産物青潮の犠牲、多数のイソガニたち

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年 9月19日(木)17時38分58秒
返信・引用
  9月17日青潮の影響はほとんど見受けないと昨日にかいたが、薄い青潮とはいえ一日も経てば何らかの影響があるかもと出かけた。いつもの海のところばかり見て何も無いなあと思っていたら子どもの「カニが沢山死んでいる」というこえ。思いがけない所で護岸で日常は海水に浸からない所だ。階段護岸の1段目は登れなかったのか角のところに点々と。満潮の潮位を利用して護岸に逃げあがってみたものの階段は上がれない。青潮の毒(SO)で弱っているのにコンクリートにてりつける太陽。すっかりひからびていた。写真1は青潮の乳濁でなく洪水の濁水かのともおもったが犠牲をみてやはり青潮。青潮は薄くても恐ろしい。  

18号台風沖地区のゴミもさらっていった

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年 9月19日(木)16時35分49秒
返信・引用
  9月17日PM4:00ごろ、ゴミの様子を確かめに出かけた。風下なのでてっきりゴミだらけと思っていたが「きれい、さっぱり」だった。強い風(西北西から北)が甲子園橋から南へ吹きつずけていたせいかも。干潟のみなみに開いた600mの水面から外海へ流された?ウインドウサーフィンセンター西の人工磯がひっこんでおり、その隅にすこしゴミがたまる。台風18号は山幸国を経験したことの無い大雨で大被害をおこした。お見舞いもうしあげます。遺物は海に流れやがて甲子園浜にも漂着することでしょう。おしまいに十三夜の名月をどうぞ!  

アメリカネナシカズラがハマゴウを食い物に

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年 9月16日(月)16時55分32秒
返信・引用
  9月16日、岩崎さんから聞かされていたので気になっていたハマゴウを探した。それはハマゴウ12号だった。ラーメンのような黄色いアメリカネナシカズラが取り付いていた。種をつけたところが沢山枯れている。ハマゴウの実と思いきやビッシリとアメリカネナシカズラの実だった。ハマゴウのミズミズシイ実の栄養を皆吸い取って自分の実にしたのだろう。取り付かれたところのハマゴウは実が無い。恐るべきアメリカネナシカズラ!!とり付くのはハマヒルガオだけではない。種を砂に落とさないように気をつけてポリ袋に入れて持ち帰ろう。環境省も問題にしている外来種です。撲滅に御協力願います。  

台風18号ゴミ一掃と青潮発生

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年 9月16日(月)16時14分9秒
返信・引用
  9月16日朝、台風18号が去った早い時間に恒例の打ち上げ調査に出かけた。台風は東風から北風(陸風)だったので目ぼしいものは無いと予想したが、その通りだった。甲幅6cmのガザミが3個体ぐらいだった。ゴミ。うんざりするほどポリ袋やペットポトルが散乱していたのが沖に吹き飛ばされ流されたのか丘も波打ち際の水中も綺麗さっぱりになっていた。しかし又、南西風(優勢風向)にもどると大量のゴミが押し寄せるだろう。台風は表層の海水を沖にやったので低層の無酸素水塊を押しあげて甲子園浜全体を乳濁させ弱い青潮になっていた。今のところは青潮の被害を見受けなかった。今年の夏は異常高温つづきで海水がかき回されるような時化もなかったのでひどい青潮が考えられていた。生き物の難儀はつづく。  

ツノメガニ(熱帯性)を採集

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年 9月11日(水)23時31分31秒
返信・引用
  7月に甲子園浜にもツノメガニという所謂スナガニでないスナガニ属のカニがいると教えられ採集を願っていた。9月3・6・8日に仲間と調査をした。カニは写真を甲側腹側ほかいろいろ撮った後、放した。画像でこの2種の見分け方を教えてもらってはいたが実物を見たときに同定にとまどってしまった。そこで岩崎さんと西宮市貝類館の渡部哲也先生に画像を元に解説を受けに行った。写真1はスナガニ(温帯性でこの浜で越冬、甲は鮫肌で下部に白い斑紋が2つ)写真2はツノメガニ(甲の下部に黒い斑紋二つ。熱帯性、幼生が黒潮に乗って来るのが5月頃に甲子園浜にも漂着して成長するが木枯らし1号で未成熟で死滅する)写真3は(熱帯性ナンヨウスナガニだったか熱帯性ミナミスナガニか忘れた。高潮線近く海岸植物帯に生息、穴が深い。オカヒジキの所にあった穴で腕の付け根まで掘った時に出てきた。岩崎さん採集撮影)大阪湾にスナガニ属が4種いるそうだ。10月に甲子園浜全域を調べたい。  

ハマアザミ 遂に消える

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年 8月17日(土)22時39分58秒
返信・引用
  8月17日快晴36度C。前回14日2枚になっていた葉が根元からはずれていて姿が無くなった。夫がその葉を持ち帰ってくれたので押し葉にしている。ネットで調べると盛夏の移植は無謀だった。もらったポット苗を一回り大きい深い鉢に植え替えて新牛蒡のように根がしっかりし冬葉になる10月末に海岸に移植するべきだったのだ。しかし一縷の望みを持って雨があるまで水遣りをしたい。写真、姿はないが根が生きているかもと水2リットル。少しでも楽かもと枯れ草で覆う。  

セスジイトトンボ ? が我が家に

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年 8月16日(金)16時32分45秒
返信・引用
  炎暑 お見舞い申し上げます。この20日間は快晴ばかり、最低気温は25度C以下はなく29度Cが2回ありました。最高気温も異例の37度C36度Cが5回以上で34度Cでは涼しく思うほどでした。熱中症・脱水症は作業をたったの30分間でもなると主治医から聞きました。くれぐれもご注意ください。8月16日早朝、植物に水遣りをしていると糸トンボ発見。デジカメをとってきてバシバシ撮ったのですが、この1枚ばけがこの程度で。小学館の図鑑で調べたが同定の説明がないので図鑑の写真では分からない。が・・セスジイトトンボ ? イトトンボは毎年現われる。  

炎暑続き・移植ハマアザミ 生き残られるか!?

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年 8月10日(土)18時34分1秒
返信・引用
  8月3日植えつけ後8日目水1.5リットル。葉がみんな立っている。ごわごわとしていて厚みを増していた。棘も強くなっている。色は青緑から黄み黄緑になった。海岸の暑さと乾燥の中で生きようとする姿なのか。8月10日夫に自転車で水遣りに行ってもらった(水2リットル、写真撮影)。この1週間は気温が35度Cほどの炎暑だったので心配はしていたが予想以上のダメッジを受けていた。7月30日の欄と見比べてください。幼いハマアザミにはいくら海岸植物とはいえ この過酷な気象は大変だろう。一日おきには見に行ってやらねば・・・。行ける人に頼んで。  

漂着アマモ28本移植

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年 7月31日(水)16時29分21秒
返信・引用
  昨日ハマアザミの名札を立てに行くついでに甲子園浜の丁度西端から東端まで打ち上げ観察をしながら歩いた。真っ先におやっと目についたのがアマモ?かなりの頻度で波打ち際にあがっている。以前近藤浩文先生が「甲子園浜にアマモが生えているか?」といわれたのを思い出した。根がついているのを選んで拾った。さて、どうしたものか。ネット「平成20年7月 お台場におけるアマモ移植試験概要」サイトが参考になったが、とてもそうはできない。「だめもと」で、それなりの配慮をして植えた。場所・卓越風向が南西で波が穏やかで砂っぽい沖地区の砂州のところをに決めた。生育は水深1~2mというのに浅すぎるが透明度の低いこの浜でも日光は十分とどく。かなり傷んでいたが1本でも定着したら万歳!だ。朝6時起きで協力してくれた夫に感謝する。  

ハマアザミ

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年 7月30日(火)23時57分29秒
返信・引用
  7月27日の観察会サンプルとして持ってこられたハマアザミの苗を一鉢服部保先生から戴いて甲子園浜に植えた。ハマアザミは兵庫県絶滅危惧種Aランクで県では一箇所しか自生地がないそうだ。今のままに自然に放置しておけば絶滅のおそれが大きい。里山と同様に海岸も人間が関わることによって生態系が保たれる。生物の多様性が人間にとって重要なことの認識が高まり行政も取り組みはじめた。兵庫県立人と自然の博物館ではハマアザミも保存をはかっている。本来普通に海岸にあったものが開発行為によって絶滅の危機にある。ハマアザミは、花は魅力的だが鋭いとげがあるのであぶない。人々に迷惑をかけない、逆に踏まれないを考慮してハマエンドウ保護ロープ内に植えた。海岸のような過酷な環境に強い植物とはいえ苗(あかんぼう)は保護がいる。大人になるまで水やりをしよう。  

海岸植物について(第2回エコツアー 西宮市)

 投稿者:はまん婆  投稿日:2013年 7月30日(火)23時03分18秒
返信・引用
  7月27日(土)午前。甲子園浜自然環境センターで標記の行事が盛会裏に行われた。講師は兵庫県立大学名誉教授・服部保先生。内容は、前半に海岸に出て海岸植物観察、途中で在来の海岸植物を害している外来植物の除去など実践活動をする。研修室に帰り講演(スライドを使ってウイットにとんだ分かりやすい解説。私たちが甲子園浜でやってきたことに自信を得た。写真(西宮市)ツルナ、ハマダイコンの実の戦略などについて。コウボウムギ、ハマボウフウの保護ロープ内ではびこっているセイバンモロコシを参加者で除去。  

レンタル掲示板
/8