teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:12/849 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

飼育中イソギンチャク 大変だ!!

 投稿者:はまん婆  投稿日:2020年 6月21日(日)16時00分10秒
  通報 返信・引用
  汲み置きの海水があと1日分だったので6月17日(水)の夕方に汲んで来て貰った。梅雨になったのに雨は極微量だった。まとまった雨が上がって半日過ぎたときに海水汲み。当日就寝前11:30に海水交換をした。翌朝期待に反してイソギンチャク全員固く蕾んでいいた。なんで?。ひょっとしたら水質調査調査の阪口先生から聞いた「沖の防波堤以内はほとんど淡水化している」のではないか。博多の塩で塩分濃度を高めよう。しかし濃度計がない。2時間毎に二つまみの塩を入れ、やさしく攪拌。計10つまみ後、しばらくするとオレンジの輪が弱弱しくあらわれた。他は蕾んだままだ。写真1、さらに弱弱しくなったオレンジの輪。石から剥がれて落下いた灰色種のイソギンチャク。写真2、もう一つの石のイソギンチャク達は、蕾んだまま。飼育をはじめて41日目だ。又、まとまった降雨だったので、手持ちの海水を工夫して濃度調整して使いたい。採集地のイソギンチャクは淡水化の海でどうしているのだろう。
 
 
》記事一覧表示

新着順:12/849 《前のページ | 次のページ》
/849