teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:101/851 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

甲子園浜で海水調査が続けられている

 投稿者:はまん婆  投稿日:2019年 1月22日(火)17時39分35秒
  通報 返信・引用
  1月18日正午頃、海水調査の様子を見にいった。はまん婆の魂胆はシミコクラゲが採取されていたらもらい受けたいということだった。調査は、ほぼ毎週同時刻に阪口正樹先生と相棒の向山裕子さんによって行われている。水温、塩分濃度、CODと例年通りに加えてプランクトン(浮遊生物)調査だ。写真?調査定場所(浜甲子園2丁目、正午頃)写真②プランクトンを調べる。バケツに10リットルの海水を30回計300リットルを仕掛けのある笊に流し込む。重いし30回の単調さに嫌になるとのこと。写真③ざるを海水に少し浸してふるい残ったプランクトンをピペットで採取する。クラゲ類がこの季節にはいるのだが、一匹も居なかった。面白くない。でも・・これが科学調査。ざるの目を潜り抜けた生物は100分の1メッシュの布で漉しとられる。それは管ビンに移され薬品で固定する。自分だけでは困難なので専門家の同定を依頼。日時が書かれたペットポトルに海水を入れてもちかえる。はまん婆はお目当てがかなわなくて気落ちしたが、この営々とした作業のギャラリイとなって少しは元気づけになったかな?この次はチョウクラゲやシミコクラゲが取れるかも。皆さんもギャラリイ―として見に行って頂きます様に願います。  
 
》記事一覧表示

新着順:101/851 《前のページ | 次のページ》
/851