teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:765/786 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

平成19年6月調査報告

 投稿者:はまん婆  投稿日:2007年 9月 8日(土)15時06分1秒
  通報 返信・引用
  07.07.28甲子園浜生物学習会   主催・青少年愛護協議会・南甲子園小学校PTA
                      観察学習指導・NPO海浜の自然環境を守る会
                             生物調査グループ(2名)
                            ・南甲子園小学校の委員会(6名)
           観察指導グループからの報告
◎採集できた海岸動物

 1タテジマイソギンチャク         11ケフサイソガニ
 2クラゲの一種(ユウレイクラゲ?)        12ヒライソガニ
 3ゴカイ                 13チチュウカイミドリガニ
 4フジツボの一種             14イボニシ
 5ヨコエビの一種             15アサリ
 6イソスジエビ              16マガキ
 7イソスジエビの一種           17マミマガシワガイ(ちょうつがいで左右二枚の貝殻
 8テッポウエビ                          が、しっかり繋がっている)
 9ユビナガホンヤドカリ          18ウネナシトマヤガイ
10イソガニ                19コウロエンカワヒバリガイ
                      20ミミズハゼ
                      21???の幼魚   (以上21種)
◎子どもたちについて
①採集できた生き物が、去年より9種類多かった。(長雨直後の異常な去年に対し今年は平常の海だった      こと。子どもの関心がカニ、ヤドカリに集中しないように大人が配慮できた。)
 今年採集できた(去年見つけなかった)ゴカイ クラゲの一種 フジツボの一種  イソスジエビ(2種)テッポウエビ
イボニシ ウネナシトマヤガイ マガキ ナミマガシワガイ コウロエンカワヒバリガイ ??幼魚。去年採集できているのに今年駄目だったものミズヒキゴカイ タマキビガイ ムラサキイガイ。この3種は今年も普通に沢山いるのに子どもたちの意識にのぼらなかったせいだろう。(意識づけておくべきだった。)
②「めくった石はもどす」「カニが泡をふいたら海水の多いところに放す」など、海の生物にやさしい態度をとるなどは、大変よくできた。
③体調不良、けがなど一人も出なくて大変によかった。
④残念だったことは、ビーチサンダルだけで無防備な子どもが数人いたこと。

◎観察指導グループから
①「サンプル提供者カード」を作成。まとめの資料として必要なものを提供してもらった記録として氏名 年齢 生物の種名 備考などをPTA会長に記入していただいた。これが励みになったのか採集が多種類になったようだ。カード記入者は24人。カードは48枚。3枚以上が7人。一人で8枚の9歳がいた。
②提供サンプル生物を入れる水槽を用意し表示も大きいものをつけた。提供者に自分で入れてもらったの  は、良かったとおもう。水槽は、1??? 2イソギンチャクからゴカイ 3エビ 4ヤドカリ 5カニ
 6貝 7魚 である。反省は、水槽を良く見るように促す要員をつけて子どもたちが次の採集目標ができるようにできたらよかった。
③今回特筆すべきは、ケフサイソガニ雄の白色変異が発見されたことだ。一般にはヒライソガニの特徴とされている。写真を撮るのを忘れていた。サンプルの全部をうつしておくべきだった。掲示のためにも。調査の基本の一つは写真に撮ること。カメラ係りも必要。
④終了が25分オーバーした。参加者の熱意がそうさせた面もあるが、考えねばならない。
⑤付き添いの大人の方々に子どもらの安全とプログラムの進行のにご協力いただくプリントを用意したのはよかった。(皆さん、たいへんよくやって下さった)
⑤6月15日、27日猛暑にもかかわらず事前調査と研修にPTAの委員6名が参加され、大きな力として働いてくださった。感謝。
⑥テントはナイスであった。(写真参照)
                             以上
添付  1、テントでの様子と磯観察風景
    2、「サンプル提供者カード」
 
 
》記事一覧表示

新着順:765/786 《前のページ | 次のページ》
/786