投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


コンサート

 投稿者:83Sふるたっち  投稿日:2018年 6月22日(金)11時54分21秒
返信・引用
  お久しぶりです。24日に第32回コンサートをひかえています。今回はメインに宮沢賢治の永訣の朝、たまたま芥川賞とかぶってしまいました。長野近辺の方、もしいらしたら、どうぞいらしてください。24日(日)2時中野市民会館です。  

6月9日訂正

 投稿者:87B入子  投稿日:2018年 6月13日(水)22時52分37秒
返信・引用
  Kitakitaさん。大変失礼ながら訂正させてください。9日(土)の現役のコンパは「TB(テーベー)会」でした。テナー会とベース会の同時開催(1次会はテナー会とベース会は別会場。2次会で合流。女性の1次会はお好きな方へ)という形式です。なお前期納会は7月7日(土)です。OBOGの皆様、案内が行っているようでしたら是非ご都合をつけて顔を出してください。5年に1度の記念定演の谷間の学年(新2年)とのコミュニケーションも大事ですので。
私は午後の練習(たまプラーザ)にもお邪魔して、志賀先生と清野先生の練習を参観してからコンパに行きました。第1ステージの外国語曲(英語)ですが変拍子+不協和音の難曲の練習でした。現役諸君に嫌がられないようにしているつもりなのですが、はたして…。
OBOG懇親会の開催を今年度中に出来るかどうか運営担当として悩んでおります。ご意見等あればご投稿ください。今後ともよろしくお願いします。
 

梅雨入りしましたね 2

 投稿者:85 T kitakita  投稿日:2018年 6月11日(月)20時34分17秒
返信・引用
  え~と 昨日の続きです。

私は國大の試合が第一試合で比較的短時間で試合が終了した場合には毎季1回
程度 神宮球場の最寄り駅の地下鉄銀座線外苑前駅からお隣の表参道駅で常磐線
直通の地下鉄千代田線に乗り換えて葛飾区の金町駅まで乗車して 駅から徒歩約
6分にある96期Tの岩○氏が経営する『麺座でんカツシカン』に行きます。
ここの濃厚なスープと太麺のからみの良い「特製つけ麵」と「特製ラーメン 」
は絶対にお勧めです。この店の店長さんは人当たりが良よくて とても感じが
良い人です。
また6年前には近くに東京理科大学葛飾キャンパスが完成して 理科大の学生
さんも多く訪れています。

本店は埼玉県の南越谷駅及び新越谷駅から徒歩5分の所にあり 岩○氏はその
本店にいますが ときどき金町店にも来ているようです。

『麺座でん』さんからは毎年定期演奏会のプログラムに広告をいただいている
のですから 現役の諸君はどちらの店でもよいですから 皆で卒業までに一度は
食べに行ってほしいと思います。

両店とも水曜日が定休日で 本店は休憩時間なしの通しの営業ですが 金町店は
午後3時から午後6時までは休憩時間となりますので注意して出かけましょう。

9月からの東都大学野球秋季リーグ戦は 現役フォイエルの団員は11月の定期
演奏会を控えているので観戦は無理だと思いますが 卒団生の方々でお時間が
取れて神宮球場にご来場できそうな方々は どうぞ一度母校の応援にいらして
ください。

卒団生の演奏会では3月4日(日)に87期Sの初○さんが一団員として出演
するカール・オルフ作曲の「カルミナ・ブラーナ」を聴きに行きました。
会場は新宿文化センターで指揮者のイタリア人のアンドレア・バッティストーニ氏自らが
指揮をしながら突然バリトンのソロの一部を歌って会場の聴衆を驚かせ
ました。当日のフォイエル関係者の来場者は 83期Aのtouchさん 84期Aの
いけだっちさん 85期B木○氏 87期B入○氏と私の5名でした。
touchさんも地元の静岡でこのカルミナ・ブラーナを一団員としてステージ
で歌った経験があり この日は新幹線で日帰りで聴きに来てくれました。
終演後に皆でいつもの新宿の激安居酒屋で楽しく飲みました。

4月21日(土)には85期Tのうさ君が団長を務める男声合唱団イル・
カンパニーレの第17回定期演奏会があり 埼玉県の川越駅から徒歩5分の
「ウエスタ川越」に行きました。この男声合唱団には82期Bでコーマス
だった望○氏も所属しており 第2ステージではデュークエイセスの にほんのうた
より「女ひとり」「フェニクスハネムーン」「終電車のブルース」と私たちの世代には
何とも懐かしい名曲3曲をごく自然に指揮をされました。

うさ君の団長挨拶も素敵でした。そこへ私が会場の客席から花束を渡す
タイミングは毎回冷や汗ものですが 今回も無事に花束贈呈ができてホッと
しました。会場は3階席まで ほぼフルハウスでした。

またこの日は同時刻に飯田橋のトッパンホールにて私たちの世代のボイトレの
藤○先生が指揮をする女声合唱団の定期演奏会があり 83期Bの管理人さん
他11名ほどの卒団生が聴きに伺い 演奏会終了後に飯田橋の居酒屋で飲んだ
とのことです。

翌日の4月22日(日)には靖国神社春季例大祭で午後12時30分から能楽堂
にて 現役フォイエルの合唱奉納があり 聴きに伺いました。
私にはテナーのかずま君の歌声がよく聞こえました。

この日伺ったのは 87期B入○氏 118期B東○氏と私の3名でした。
今回もまた114期Bで靖国神社に奉職している勝○氏より御神餞を賜りま
した。演奏終了後に現役と少し立ち話をしたあとに 3名で飯田橋駅近くの
九州ラーメン店でビールを飲みながら細麵のラーメンを食べました。

現役フォイエルは先週9日(土)に前期納会があったようです。

現役諸君は前期試験では良い成績を取ってご両親を喜ばせてあげて下さい。


皆さんの楽しい投稿もお待ちしています。

それでは またね。





 

梅雨入りしましたね

 投稿者:85 T kitakita  投稿日:2018年 6月10日(日)12時16分19秒
返信・引用
  皆さんお久しぶりです。
今年も早いもので半年過ぎて梅雨入りとなりましたね。

私はこの春も神宮球場で行われた東都大学野球の我らの母校の活躍をずっと応援
していました。
今季の我らの母校は大健闘して駒澤大 中央大 立正大には2連勝ずつして勝ち点
3を取りましたが 東洋大には1勝2敗 亜細亜大には2連敗でした。
そして最終戦で亜細亜大が東洋大から勝ち点を取ってくれれば我らの母校が勝率
で勝り優勝できる筈でしたが 東洋大はしぶとく亜大から2勝1敗で勝ち点を取っ
たため優勝は今季も東洋大に決まりました。これで東洋大は3季連続の優勝です。

それでも我らの母校の國學院大はよく頑張り 全11試合を戦い7勝4敗で勝ち点
3 勝率が0.636(7÷11=0.636)で第2位となりました。
私は國大が戦った全11試合全てを応援していました。

そしてこの神宮球場では ほぼ毎年・毎季お目にかかる常連さんがいるのです。

まずは毎年春季リーグー戦の開幕時のバックネット裏の2階席にはテレビで見た
ことのあるNHKのベテランアナウンサーや管理職と思われる人たちが10人ほどの新入
社員を引き連れてやって来ます。
私には彼らが記者志望なのかアナウンサー候補者なのかは分かりませんが 皆それ
ぞれマイク無し 解説者無しのアカペラでの実況中継練習をしています。
皆歯切れよく爽やかにアナウンスしていますが あまり野球に詳しくない新人は
最初は滅茶苦茶なことを喋ったりして 思わず吹き出しそうになりますが
30分もすると徐々に慣れて来て上手くなっていきます。
今後彼らは転勤に継ぐ転勤で どんどん鍛えられて成長していくのです。

そして國大の応援席には年齢は50代と思われるいつも腰の低いご夫婦が
来られており、ずっと熱心に試合を観戦しており お二人共 國大の試合
が終わると第2試合には目もくれずに直ぐに帰られるのです。
私は当初 学生時代に知り合った仲の良いご夫婦かと思っていましたが
ある日その御主人が野球用のスポーツサングラスをかけていたのです。そして
その姿がとても似合っていたので 私は「あっ!この人は学生時代には
かなりの野球選手だったんだ!。」と直感しました。そして試合終了後
に尋ねたところ そのご夫婦は國大出身者ではなく野球部の4年生のNo.1
投手のS君のご両親だったのです。S君は今季 最優秀防御率投手として
表彰されています。彼は10月下旬に行われるプロ野球ドラフト会議に必要
なプロ志望届を提出するかもしれません。
想像ですが ご両親もそれを強く望んでいるかもしれません。

また栃木県宇都宮市から時々バイクで上京して応援席に座る男性は 私が
4年生のときの1年生の方で國大時代はスキー部に所属していたそうです。
私が宇都宮で知っているのは90期TのSさんくらいなので「合唱団出身で
高校の先生をしている後輩がいますよ。」と言ったら彼は「えっ!私の娘
はそこの高校を卒業しているんです。」とびっくりしていました。
案外彼のお嬢さんは90期TのSさんの教え子だったかもしれませんね(笑)。
先日彼は同期の方々3人でお揃いのスキー部のトレーナーを着て楽しそう
に談笑しながら試合を観戦していました。


また今年74歳になった男性の方とも懇意になりましたが 彼は「私は学生
時代は当時男子寮だった大橋寮に住んでおったんだよ。部活はね あの~
なんてったかな え~と合唱団だよ。」と言われたので 私は「あの~
それってフォイエル・コールのことですか?」と尋ねたところ「そう
そうそのフォイエルなんちゃらなんだよ。」と言ったので私は「えっ!」
とびっくりしましたが 「でもね。私は途中で練習がイヤになっちゃって
行かなくなって自然消滅しちったんだよ。しかしクラスは文学科だった
だろ。男子が15人位しかいなくてさ ほら私は今でも見ての通りの男前
だろ。昔は黙っていたってさクラスの女子が私に近づいてきて隣の席に
座ってくるんだよ。私は噂になるから頼むからやめてくれとお願いして
全部振っていたんだよ。ヒャヒャヒャ~」と昔のことを楽しそうに思い
出して話されて なんとも羨ましい限りでした(笑)。

数年前には某スポーツ新聞の女性記者が私に近づいてきてインタビューをして
きました。インタビューは5分ほどで終わり 彼女は私の氏名と年齢を聞いた
あとホッとしたのか私の近くの席から離れようとはせずに しばらく
座ったままだったのです。そしてどちらともなく話を始めたのですが
彼女は関西地方の出身で関東の有名国立大学を卒業して都内の写真専門
学校に2年間通い一応の撮影技術を学んで 記者として採用されたとの
ことでした。そこから更に話が弾みだしたのですが 私は途中から仕事中
の彼女のことが心配になり「もうすぐ試合が終わりそうなので そろそろ
切り上げましょうか。」と言うと彼女は「あっそうですね。それではあり
がとうございました。」と言ってお辞儀をして去って行きました。

私は翌日近所のコンビニに行き そのスポーツ紙を買いましたが しかし
そこには小さく昨日の試合結果と監督と選手の簡単なインタビュー記事が
載っていただけで 私へのインタビュー記事は全く何も書かれてはいませんで
した(笑)。

また今の時代は親が自分の子供たちの部活動をしっかり見守る時代です。
昨年は学ランを着た4年生の応援団幹部の母親がリーダー台(応援台)
に凛々しく登壇する息子の勇姿をほぼ毎試合 スマホを使って動画撮影
をしていました。またチアガールの母親が応援途中の娘に「ほらあなた
次の授業は出なきゃだめでしょ。」と耳打ちして大学に戻したりして
います。

他大学では八王子や熊谷などの遠方からの遠征となるので そうはいき
ません。今は青学大が二部なので我らの母校が神宮球場に一番近い
大学なのです。

国大の応援団・吹奏楽部・ドリル競技部の3団体は試合中の途中参加
や途中退場が頻繁にありますが それでも何も支障が無くしっかりと
応援活動は継続されていきます。

さあ今日はこれでおしまいです。この続きがあるのですが また今夜
か明日か明後日に投稿予定です(多分)。

尚 YouTubeで「國學院大學野球応援」で検索すると神宮球場での國大
の実際の応援の動画がいくつか出てきますので ご興味がある方は
ご覧くださいね。


それでは またね。







 

素晴らしい演奏会でした

 投稿者:87B入子  投稿日:2018年 5月 3日(木)17時23分46秒
返信・引用
  90TのSさん。30日夜の演奏会は大変素晴らしいものでした。
こちらこそこの掲示板でご案内いただき鑑賞できてありがとうございました。しかもあの入場料。交通費の方が2倍かかるなんて申し訳ない気持ちになりました。
19名(女声10名+男声9名)の一体となった響きに(ありきたりで恐縮ですが)感動しました。
(生意気ですがヨーロッパ中世~バロックくらいの音楽には興味があるほうでして)
会場の豊洲のホールもガラス張りのバックヤード?の彼方にレインボーブリッジ等の夜景が美しく、良い音響の会場でした。
余韻に浸るため(単なる趣味?)帰りは「ゆりかもめ」で夜景を眺めながら新橋経由で遠回りしました。
私はフォイエルの現役諸君とのつながりを保つだけで、機会があればOBOGの方々のステージを鑑賞するのみになっています。
ルックスエテルナは東京だけでなく栃木でも日時が合えば出向いて聞きたいと思っておりますので、またご案内ください。90期コーマスのI君が私のメールアドレス知ってます。
では健康に留意されて良いうたを続けられますよう。
 

コンサートご来場御礼

 投稿者:90TのS  投稿日:2018年 5月 1日(火)16時16分33秒
返信・引用
  皆様、大型連休はいかがお過ごしでしょうか。

当方、↓の投稿でもご案内させていただきましたように、
昨日、東京での演奏会の舞台に立つ機会を得ました。

大学卒業(フォイエル卒団)後、田舎の栃木に戻り、数十年。
合唱だけはずっと続けてまいりましたが、
所属する栃木の合唱団が、東京でコンサートを開催することなど、
夢のまた夢でした。
現在、最年長団員となっている私ですが、
若いメンバーの力で夢をひとつ叶えてもらいました。

終演後、ロビーでお会いできた限りですが、
お二人のフォイエルOBにお目にかかりました。
90期同期のI君は事前に個人的な連絡を差し上げ、
来てくれることは承知していました。
大学時代に合唱のこといろいろ教えてくれたのは彼です。

しかし、87期先輩のIさんにお会いしたことはまさに想定外でした。
連絡先を存じ上げておりませんゆえ、
この場をお借りして御礼を申し上げることをお許しください。
ご来場いただいたうえ、お心遣いまでいただき、本当にありがとうございました。

こちらの掲示板にも何回か書かせていただいておりますが、
大学在学時、そこまで合唱そのものに熱心な団員でもなかった私が、
今もこうして合唱を続けていることが何より不思議です。
その理由の一つは、フォイエルでの4年間を、
自分の中につなぎ留めておきたいという思いからかもしれません。

若者たちに交じって、あと何年歌えるかはわかりませんが、
うまくなろうという意識だけは失わずに、
歌っていこうと考えています。



 

春到来ですね。

 投稿者:90TのS  投稿日:2018年 3月26日(月)22時05分45秒
返信・引用
  花の東京は今まさに桜が満開を迎えているそうですね。
ここ数日はどのニュースもお花見情報を伝えています。
重度の花粉症の私でも、春は何かを始める元気を与えてくれる気がしてきます。

さて、コンサートの宣伝をさせてください。
当方が所属する栃木の合唱団「ルックスエテルナ」が、
縁あって東京での演奏会のステージをいただきました。

「小さな夜の音楽会」という名前の合唱演奏会のシリーズをご存知でしょうか。
お客様も演奏者にも無理のない「1時間程度の小さい、軽めのコンサートを提供する」という、
コンセプトで始まった「小さな夜の音楽会(通称 さよコン)」の6回目のステージに、
このたびお声掛けをいただきました。

4月30日(月・祝)19:30開演。東京の合唱団「鈴優会」さんとのジョイント。
会場は、客席から夜景も楽しめる、豊洲文化センター(シビックホール)。
入場料は1,000円です。
当団はオール ルネサンス曲のプログラムを組みました。

演奏会詳細の確認及びチケットの申し込みは、
「小さな夜の音楽会(さよコンで検索)」の公式ホームページからお願いします。

宇都宮も今日開花宣言が出ました。
桜前線もこれから急ピッチで北上することでしょう。
皆様、素敵な春の時間をお楽しみください。
 

寒い日々が続きますね

 投稿者:85 T kitakita  投稿日:2018年 2月 7日(水)11時35分10秒
返信・引用
  過去最強クラスの寒気の来襲により豪雪地帯の皆様には心よりお見舞い申し上げ
ます。

さあ2018年となり最初の1ヵ月はアッという間に過ぎ去りましたね。

私は1月2日(火)と3日(水)は例年どおりに箱根駅伝の沿道応援に出かけ
ました。
2日は朝7時前にJR新橋駅で下車して千代田区内幸町の日比谷シティ前の広場
に行き 我らの母校の全学応援団・吹奏楽部・ドリル競技部の3部会による
応援リーダー公開を観に行きました。
國大の吹奏楽は体連の「吹奏楽部」と応援団内の「ブラスバンド部」の合同チーム
で チアリーディングも同じく体連の「ドリル競技部」と応援団内の「チアリーディング部」
の合同チームで編成されており 我らの応援3部会は皆元気溌剌(ハツラツ)です。

ここには國大を含む7校の駅伝出場大学の応援団が集結しており それぞれの
大学関係者やOBOG及び父兄等がギャラリーとして集まってきます。
そして各大学の応援団はそれぞれ母校の応援活動をするのですが 特に早稲田
大学の応援拠点は黒山の人だかりで 私は残念ながら見ることはできません
でした。

スタートの朝8時までの間に國大の職員の方々は通過する日比谷通りの両
サイドの歩道の防護柵に幟(ノボリ)を10本ずつ斜めに寝かすように置いて
沿道応援箇所を確保してくれています。
今年の我らの母校のOBOG等のギャラリーは100人を超えていたと思います。

朝8時00分に大手町を各大学1区の選手が一斉にスタートすると8時06分位
に選手たちがパトカーの先導と共に遠くから静かに見えてくるのです。
この静けさの中で さあ我らの母校の赤と黒のユニホームの選手を見つけ出す緊張
感は何とも言えないワクワク感なのです。これって息子の志望校の合格発表
の結果をじっと会社で待つ父親の心境と同じです(笑)。
今年は幸いにも浦野選手が先頭集団に食らいついてる雄姿をみて國大関係者
は皆「オオ~凄いぞ 頑張れ!」と大声援を送っていました。

アッという間に集団で通過して行った選手たちを見送ったあとは各大学の
応援団及びその関係者は直ぐに撤収作業にかかり 速やかに大型バスに乗り
込み それぞれ次の応援拠点に向かいます。

國大の職員や応援団たちは2台のバスに分乗して箱根を目指して出発して
行きました。
残されたOBOGたちのギャラリーはその場で自由解散となり それぞれに決めた次
の応援拠点に向かったり帰宅したりします。
私は隣の日比谷公園を抜けて徒歩10分程の距離にある卒業してから定年退職
するまでずっと勤務していた会社のビルを懐かしく仰ぎ見ながら有楽町駅へ
と向かい 速やかに帰宅しました。

私は大昔 社会人になって間もない頃にこの日比谷公園の野外小音楽堂に
警視庁音楽隊の昼休みコンサートを聴きに行ったことがあります。
当時この音楽隊には83期Bでパーマスをされた蒲○さんが所属されていた
のです。蒲○さんは大学卒業後に東京都で警察官になられて警視庁音楽隊
のオーディションを受けて見事合格されチューバやスーザフォンを担当していま
した。(蒲○さんは確か久我山高で吹奏楽部所属だったと思います。)
私はコンサート終了後に挨拶をしに行き 少しだけ会話をしたのを覚えて
います。

翌日の3日は連れと二人で午前11時30分に山手線の浜松町駅に到着して
芝増上寺から約500m日比谷寄りの地点に向かいました。
このエリアは歩道と車道との間の防護柵に沿ってずっと背の低い植え込みが
あるのです。その植え込みの切れ目が何か所もあり そこを狙って応援場所
を確保するのです。選手たちの通過は13時15分位からですが 早く行かないと
他の人たちに良い場所を取られてしまいます。
今年は例年と違いかなりの強風でしたが 手袋をして使い捨てカイロを身体の
各所に張り付けてポットのホットコーヒーを飲みながらじっと選手の通過するその時
を待つのです。周囲の人達はスマホにイヤフォンを差して静かに中継を見ています
が 私たちは昔の古いトランジスタラジオで実況中継を大きな音量で聴き入っている
のです(笑)。
13時近くになると沿道には応援の人たちが溢れて来るので 私たち二人は身を
寄せて詰めて小さいお子さんのいるご家族を僅かに空いたスペースに入れてあげ
ます。

そしていよいよ先導車のヘッドライトが見えて来るともう胸が高鳴ります。
直ぐにラジオを消して第1位の青学大の10区の選手が走って来るのをじっと
静かに待つのです。そして私たちの目の前3mを選手がペースを崩さず通過
して行くとき沿道のファンは思い思いに声を掛けて応援するのです。
この実況中継の音声の無い静寂感が沿道応援の何とも言えない醍醐味なの
です。
そしてその9分後に第2位の東洋大の選手が通過して行き その後続々と
走って来る各大学の選手たちを力いっぱい応援します。そして國大の選手が
通過して行き 更に他大学の最終ランナーが無事に通過して行くのを見送る
とホッと安堵と達成感が溢れてきます。

どこの大学の選手であれ皆この日のために母校の名誉をかけてストイックにトレー
ニングを積み重ねてきているのです。そして全ての選手たちの親御さんの
気持ちになって無事にゴールまで完走することを切に祈ります。

道路規制が解除され 沿道応援の人々も自然解散となり 普通のお正月に
戻ると私たちは毎年芝増上寺のの境内に入り 連れは本堂で初詣をして
その後 屋台や猿の曲芸を見て境内の石段に座って朝ベーカリーで買ってきた
定番のカレーパンとウインナパンと最近ハマっている塩パンを食べて一息つきます。

その後 浜松町駅隣の世界貿易センタービルの40階の展望デッキに上がり綺麗な
東京湾を一望して「さあ今年も始まったね!」と決意を新たにします。


今月の2月25日(日)には東京マラソン2018が開催されます。
フォイエル関係者では私と同期の85期B木○氏と同じく85期Bの高○氏が
出場するとのことです。二人とも今年で60代後半に突入します。
もうフルマラソンはただ参加するだけにして 完走やタイムなどは論外で
「とにかく楽しんで走って無事に帰ってきてくれ~!」と絶叫したい気持ち
です(笑)。


少し遅いですが 皆さん今年もよろしくお願いします。

皆さんの投稿もお待ちしています。







 

さあ皆さんよいお年を!

 投稿者:85 T kitakita  投稿日:2017年12月31日(日)05時42分20秒
返信・引用
  本日でいよいよ2017年も終わりですね。
皆さんもきっと本日の大晦日は大掃除やお正月の準備等で大忙しだと思います。
私にとっても今年はアッという間の一年間でした。


11月18日(土)のフォイエルの第56回定期演奏会終了後は 私は12月10日の
日曜日に地元の文化ホールに東邦大学理学部・薬学部 管弦楽団の第47回
定期演奏会を聴きに行きました。毎年御招待状のハガキが郵送されて来て、
聴きに行くのを楽しみにしています。団員も90名前後いて毎年同じホールで
の定演なので固定客が付き 約1400席の客席が満席となり 最後列の座席の後
ろに立ち見が出るほどです。
薬学部の学生は5年生や6年生の楽団員がおり 皆堂々と演奏をしています。

12月15日(金)には「なかのZEROホール」に國大吹奏楽部の第51回定期
演奏会を聴きに行きました。会場の入り口ではフォイエルの2年生を中心
にした現役学生9名が受付係等をしており 忙しく来場客に対応していま
した。この中には来年度の団長候補者や演実長候補者の人たちもいて、
なんとも頼もしい限りでした。観客数は500名位だったと思います。

12月23日(土)の夕方からは教会でのクリスマスキャンドル礼拝があり 24日(日)
はクリスマス記念礼拝 そして午後は祝会があり 私は教会の有志合唱団員の
一人としてヘンデルのhallelujah!(ハレルヤ!)のテノールの一人として
歌いました。そして本日が年内最後の主日合同礼拝となります。

今夜はNHKの紅白を見終わってから 除夜の鐘のテレビ映像を見ながら
就寝して元旦の午後は実家に集まる身内の子供たちにお年玉をあげる
のです。毎年のことですが いつも沢山あげすぎて財布も心も冷や汗を
かいています(笑)。

そして2日(火)と3日(水)は さあ待望の箱根駅伝です。
私は両日とも例年通りに沿道応援に行くつもりです。
でもその詳細はまた年が明けたら投稿することにしますね。
私も今日は大忙しなのです。


さあ今年も皆さんには大変お世話になりました。
どうぞ皆様よいお年をお迎えくださいね。

来年もよろしくお願いいたします。








 

定演は大成功 !

 投稿者:85 T kitakita  投稿日:2017年12月 3日(日)07時03分18秒
返信・引用
  皆さんこんにちは。

11月18日(土)の第56回定期演奏会は無事に成功しました。
当日は朝から生憎の小雨でしたが 午後2時位から止んでくれて 私は練馬文化
センターに向かう途中の駅で折り畳み傘をバックの中に仕舞い込めてホッとし
ました。私が会場に到着したのは午後3時位でした。
何か会場設営やプログラムへの挟み込み等をして お役にたてればと思い早め
に会場に到着したのですが 既に会場の受付等の設営は入○氏や現役演実会の
皆さんにより終了しており チラシの挟み込みも現役により前日までに完了し
ていました。また当日の受付と終演後のアンケート回収等をお手伝いいただ
ける体連の吹奏楽部の皆さん約10名も既に会場に到着していました。
他にフォイエル関係者では篠○氏や今年3月に卒業された女性のAさんやIさん
が協力してくれていました。
そう つまり私は早く行っても何の意味もないOBだったのです(笑)。

開場は16時30分で今回の定演は第56回なので 昨年に比べて来場者が少ない
かなと危惧していましたが 開場の少し前から徐々に入り口付近に観客が集ま
りだし 開場と共に多くの顔なじみの卒団生やご父兄の方々やご招待された他
大学の合唱団員たちが続々と入場してくれてホッとしました。

練馬文化センターの1階席は車椅子スペースを含めて876席あり その約8割の席
が埋まっており 観客数は700名位だったと思います。

1ステはイギリスのボブ・チルコット作曲の「A Little Jazz Mass」でした。
大昔 私が4年生のときの1976年第15回定演時とそれから15年後の1991年
第30回定演時の両合同ステージで歌ったフォーレの「レクイエム」をJazz
風にアレンジしたようなイメージの小ミサ曲でした。何とも不思議な感覚で
約12分間の演奏はアッという間に終了してしまいました。

2ステは室生犀星の詩で 混声合唱のための「流離のうた」でした。
女性コーマスの堅実でしっかりとした指揮ぶりには魅了されました。
詩は少し難解でしたがよく聴き入ってみると楽しめました。演奏終了後には
ステージから会場におられた作曲された仁平秋平先生がご紹介され 観客か
ら大きな拍手が送られました。先生の当日のtwitterには「練習に伺わせて
いただくことも出来なかったのですが その必要もないくらい丁寧に楽譜を
読み込んだ演奏でした。」とありました。

しかし私の座った席の周辺には他大学の合唱団の人たちが沢山いましたが
1ステと2ステは まあものの見事にほぼ全員が爆睡していました(笑)。

休憩時間を挟んで3ステは待望のJ-POPのミュージカルステージでした。
サブタイトルは ~あなたの夢はなんですか~ とありました。
演奏曲目は 1.WINDINGROAD 2.Progress 3.若者たち 4.何度でも 5.世界に
一つだけの花 の全5曲でした。
もうこの頃になると周囲の学生たちもようやく冬眠から目覚め出すのです。
今年の女性のステージ衣装は首もとから背中に掛けている薄いピンクや
グリーンや黄色のカーディガンのみでスカートは1ステ2ステと同じ黒のロング
スカートでしたが 特に手抜き感はなく逆に質素でよかったと思います。
またステージでの演出技術も例年と同様によく練りあげられており 観客
は吸い込まれるように観入っていました。
特に最後の「世界に一つだけの花」の演奏の最後に全員がスッと数字の
1の人文字をつくったときは感動しました。
また3曲目の「若者たち」は1966年に民放で放送された青春テレビドラマ
『「若者たち』の主題歌でした。このドラマはときを経て2014年に現代版
にリメイクされて放送されています。私はこの両方のテレビドラマを自宅
で当時の白黒ブラウン管テレビと現在の薄型テレビで食入るように見てい
ました。60代の卒団生にはとても懐かしい曲目でした。
指揮者の副コーも切れのある指揮をして自らも演奏を楽しんでいるのが
よく分かりました。

4ステは混声合唱のための「等圧線」でした。
この4ステで4年生諸君は最後のステージとなりました。
最前列で胸にコサージュを付けた皆さんは在団中にはきっといろいろな
出来事に翻弄(ホンロウ)されたり 悩み抜いたりと万感胸に迫る思いが
あったと思います。
この組曲は穏やかで 詩は平易ですがどこか意味深で聴いていて現役諸君
の未来への希望のメッセージだと感じました。特にこれから社会に羽ば
たく4年生の皆さんにふさわしい組曲だったと思います。


3年生以下の人たちもこの1年間お疲れさまでした。
さあ今の時期は後期総会や来年度役員等の改選時期なのでしょうか。

今年は新入団員の男性入団者は僅か6名(T1名 B5名)とごく少数でした。
来年度は新4年生たちも4月の入学式時期には新3年生たちだけに任せな
いで 総動員体制で新入団員獲得に奔走してください。そしてより多くの
男性入団者を確保してください。

そして毎年書いていますが フィエルの活動期間は3年間ではなく4年間
です。今年活躍して来年度に新4年生になる人たちは休団する場合はせ
いぜい5月の新入生歓迎合宿前ぐらいまでにしていただき その後は下級
生の指示に従う謙虚な「一兵卒」として部活動に復帰して欲しいと思い
ます。そして来年の定期演奏会のステージでは今年の4年生と同様に堂々
と胸にコサージュを付けて最後の晴れ舞台で 私たち観客を楽しませてく
ださい。

とにかく皆様お疲れ様でした。

尚 広くインターネットの普及と経費等の節約のため 定期演奏会へご来場いただ
いた卒団生の方々への「お礼状」のはがき送付は昨年度より廃止となり
現役のホームページにて代行しております。また新年度の役員等の氏名を書い
た「年賀状」送付につきましても同様となっておりますので ご理解の
ほど宜しくお願い申し上げます。

私は自宅のデスクトップのパソコンに このOBOG掲示板と現役フィエルのホーム
ページの両方を「お気に入り」に保管しています。

皆さんの投稿もお待ちしています。


さあ もう早くも師走になりましたね。
皆さん ご自愛ください。


それでは またね。




 

開場16時30分 開演17時00分

 投稿者:85 T kitakita  投稿日:2017年11月12日(日)15時09分34秒
返信・引用
  皆さん こんにちは。
さあ今週18日(土)は現役フォイエル・コールの1年間の集大成となる
第56回定期演奏会です。
今 団員たちはかなりの緊張状態のなかにあると思います。

私はその前の11月3日(金 祝)にちょっとブレイクの若木祭に行って来ま
した。当日は晴天で午前中から沢山のサークルが校舎に沿って店を出して
おり 各店いろいろなファストフードをつくって販売していました。
どこの出店(でみせ)も食中毒には大変気を使っており 皆 頭にビニールや
バンダナのキャップをしっかりかぶり エプロンと使い捨て手袋をはめて慎重
に調理していました。

フォイエル・コールの1年・2年生たちは今年はイベント用のポップコーン
製造機をレンタルしてきて 本格的なキャラメルポップコーンをつくり 大きめの綺麗な
コップに盛って あの奇抜なコスチュームを着て学内を1個 200円で売り歩い
ていました。
私は神宮球場での野球応援で知り合った別サークルのOBOGたちに4個買って
プレゼントして 自らも1個買って食べましたが かなり美味しかったです。

私はキャンパス中央のモニュメント前で1年生・2年生数人の写真を撮ら
せてもらい 同世代宛のメールに添付して送りました。
ありがたいことに今年も年配の卒団生がかなり来場してくれそうです。

また先週5日(日)には名古屋市の熱田神宮から三重県の伊勢神宮までの
8区間106.8Kmを走る全日本大学駅伝が行われましたね。
私は第1区から第2区への襷(たすき)リレーまでをテレビで見て外出し、
帰宅したときは午後1時過ぎで 最終の第8区選手たちの力走をみること
ができました。
我らの母校は先頭集団から少し後ろでしたが テレビの画面にはよく映り
健闘した走りをみせて第11位になりました。沿道には國大の幟(のぼり)
も要所 要所で はためいていて嬉しいかぎりでした。
母校のあの赤と黒のユニホームを見るとホッとしますよね。

さて今週の18日(土)の練馬文化センターにおいての第56回定期演奏会は
開場16時30分 開演17時00分とかなり早めですので 皆さんお時間の間違い
がないよう気を付けてご来場ください。

御招待状が届いている卒団生の方々は従来通り当日OBOG受付にその御招待
状をお渡しいただければ直ぐに会場入りができます。
御招待状を忘れたり紛失されたり或いは未着の方々でもOBOG受付の専用の
芳名録に卒業期 パート 住所 氏名等を記入していただければ ご入場いた
だけますのでご安心ください。

また御招待状の下には演奏会終了後の現役との打上げ会は20時30分からで
池袋駅東口より徒歩約5分の飲食店にて会費6000円で実施すると印刷され
ています。

今回は定演終了時間が早めですので 各世代同士の飲み会(同窓会)が
容易だと思いますので どうぞ多くの卒団生の皆様がお誘い合わせのうえ
ご来場いただけますよう 宜しくお願い致します。

現役のホームページのtwitter欄には若木祭の奇抜なコスチュームの写真や
定演までのカウントダウンの楽しそうな写真がたくさん掲載されていますので
ご覧くださいね。


さあ 当日が楽しみです。






 

さあ11月になりました。

 投稿者:85 T kitakita  投稿日:2017年11月 2日(木)09時56分31秒
返信・引用
  皆さんお元気ですか。
今年も早いものでもう11月になりましたね。
私は11月になると もう年末近しでそわそわし出します。

明日の3日から5日までは 我らの母校は若木祭があり 私はほぼ毎年出かけて
楽しんでいます。私の観る内容は大抵決まっており 青葉雅楽会の笙(ショウ)
篳篥(ヒチリキ)・龍笛(リュウテキ・横笛)の管楽器(吹物)による雅楽の定期演奏会
とフラメンコクラブの情熱溢れるフラメンコ舞踊と吹奏楽部の中庭演奏会 全学
応援団のリーダー公開 そして途中何度でも出入り自由な落語研究会の寄席落語
を聞くことです。

毎年現役フォイエルは一 二年生中心で出店にてファストフードをつくり奇抜な
コスチュームで昔の駅弁売りのように学内を売り歩きます。現役のホームページ
のツイッターを見ると今年はキャラメルポップコーンを販売するそうです。
都内及びその近郊の卒団生の皆様で もしご都合よければ どうぞお出かけくだ
さい。

秋季東都大学野球では11月4日(土)に神宮球場において亜細亜大学と東洋
大学による優勝決定戦が行われます。我らの母校は勝ち点3を取りましたが
勝率で第4位となりました。また10月のドラフト会議ではセカンドの山崎選手
が楽天により第3位で指名されましたね。

陸上競技部は90期TのSさんが投稿されたとおり 箱根駅伝予選会では出場
49校中総合第6位で予選を通過して2018年1月2日・3日の本選出場を決め
ました。今回で11回目の本選出場となります。

また11月5日(日)朝8時05分スタートの全日本大学駅伝にも陸上競技部
は出場します。
テレビ朝日系列で朝7時45分から全国放送されますから 皆さんお時間が
あれば どうぞご覧ください。

10月18日(水)には靖国神社能楽堂にて現役フォイエルによる合唱奉納が
ありました。雨ばかりの日々の中 当日は珍しく晴天となりました。
卒団生の来場者は私と87期Bの入○氏の2名位だったと思いますが 現役
の質素のなかにも厳粛さを感じる演奏には感動しました。
また神社に奉職している114期の元団長の勝○さんより貴重な御神饌をい
ただき大変恐縮しました。

さあ11月18日(土)は第56回定期演奏会ですね。
90期TのSさんの演奏曲目解説のとおり 私も各ステージをとても楽しみ
にしています。ルックス・エテルナさんは堂々の金賞受賞でしたね。
90期TのSさん どうぞ当日はご来場ください。

現役諸君は野菜をたくさん食べて うがいと手洗いをこまめに励行して
風邪予防を徹底してください。

私は定演が近づいたらまた投稿する予定です。


それでは またね。










 

第56回定演

 投稿者:90TのS  投稿日:2017年10月21日(土)08時40分12秒
返信・引用
  連投失礼します。

関東コンクール無事終了しました。
Uさんとも会場内でご挨拶することができました。
ありがとうございました。

また、その前日に行われた箱根駅伝予選会での本選出場決定。
おめでとうございます。
やはり、これがあるとなしでは、正月の過ごし方が変わってしまいますものね。

さて、今週、私のところにも定演の招待状が届きました。
今回はプログラムがおもしろい。
1ステの「ジャズミサ」は、イギリスの現代作曲家チルコットの代表曲であり、その名の通り、宗教曲にジャズのテイストを盛り込んだ、いわゆるミサ曲の概念を覆すポップな曲。ここ数年、多くの合唱団が取り上げる人気曲です。
4ステの「等圧線」は、これまた現代、最も人気のある日本の作曲家、信長貴富の作品。詩人であり作詞家の覚和歌子の詩につけられた、現代的でありながらどこか懐かしい彼の音楽は、中学生から大人の合唱団まで歌われています。
2ステの「流離のうた」は、新進作曲家の仁平秋弘の作品。これから旬を迎える作曲家の曲を先取りしましたね。彼は、ご自身も合唱人であると聞いています。

このように、一つの合唱の演奏会としても魅力あるプログラム。
昨年の55回定演に、久々にお邪魔した私ですが、
今回ももろもろの調整がつけば、上京しようと思います。


 

関東合唱コンクール

 投稿者:90TのS  投稿日:2017年10月 6日(金)21時15分20秒
返信・引用
  久々の投稿です。

秋は合唱コンクールの季節。
8月の県大会を経て、支部大会に進出した団体が各地で練習の成果を競います。

「関東大会(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・静岡・山梨・新潟の括り」)は、
10月15日(日)新潟県民会館での開催。

フォイエルOBOG関連としては、私の知る限り、以下の団体が出場します。
同声合唱の部で、85期Uさん所属の埼玉県代表「Il Campanile」(14:50演奏予定)
室内合唱の部で、90期当方所属の栃木県代表「ルックスエテルナ」(12:38演奏予定)

お近くにお住まいの皆様、よろしければご来場いただき、ご感想などお聞かせください。
 

10月になりましたね

 投稿者:85 T kitakita  投稿日:2017年10月 2日(月)11時12分13秒
返信・引用
  皆さんお久しぶりです。
季節はすすみ もうあっという間に10月になりましたね。

私は5月以来この掲示板から遠ざかっていましたが 特に体調不良等ではなく
ただ投稿する内容が無かっただけなのです。

その後7月下旬になって83期Sのシュワッチさんより9月9日(土)新宿文化
センターでのチャイコフスキーの歌劇『エフゲニー・オネーギン』のご案内をいただ
きました。同じくご招待いただいた84期Tのau○氏と85期Bの木○氏は 当日
は残念ながら所用で欠席となり 出席者は私一人となりましたが 事前に用意
した花束とクッキーは3人の連名でお渡ししました。

今回も彼女は合唱団の一員であり 場面により一般民衆や華やかな舞踏会の
招待客等での出演場面が沢山あり 衣装は3回も変わりどれもとてもお似合
いでした。

また10月10日(火)には87期Sの初○さんが東京文化会館においてモーツアルトの
レクイエムに出演されるとのことで 同世代の卒団生数名が聴きに伺うよう
です。

そして11月にはシュワッチさんと初○さんは揃って某有名合唱団の一員と
してヴァチカン国際音楽祭へ出発されるとのことです。

私たちの世代の多くの卒団生の皆さんが幾つになっても規模の大小に関わ
らず合唱活動を続けられていることは素晴らしいことですね。


話は変わって9月19日(火)に恵比寿の「うの花」にて毎年恒例の現役演実
会とOB5名との定期演奏会プログラムの広告契約の飲み会がありました。
今年は89期Tの堀○氏がとうとう60代に突入となりましたが まあなんという
か相変わらずのぐちゃぐちゃな飲み会でした(笑)。

だいたい私が現役に聞きたいことやお願いしたいことを話そうとすると隣の
83期Bの管理人さんが直ぐに話に割って入り 壊そうとするのには閉口しまし
たが 美味しい日光市のらっきょうのたまり漬けをいただいたので怒りを
チャラにしました(笑)。

23時頃には飲み会は終了して現役5名と管理人さんを駅近くまでお見送り
したあとに残ったOB4名は坂を上がった路地裏にあるワインバーに向かい
ました。
2軒目があることは毎年の恒例なので 私は今回は覚悟を決めて事前に
インターネットでビジネスホテルを予約しておきました。
タクシーで帰宅すると軽く15000円は超えてしまうのと翌日に神宮球場で
東都大学野球の國學大VS亜細亜大の第1回戦があったからです。
しかし翌朝起きてみると もう限りない二日酔いで結局午前10時にチェクアウト
してそのまま帰宅してしまいました(笑)。

インターネットといえば毎年10月に開催されるNHK全国学校音楽コンクールの
応募が今年より往復はがきからネットでの応募に変わりました。
私は10月7日の高等学校の部と9日の中学校の部の二つを応募しました
が 残念ながら両者とも外れてしまいました。
これは決められた期間にネットで応募して 抽選結果発表日に返信
メールが届くのです。何か便利は便利ですが 外れると何とも言えない
味気ないショックがありました(落涙)。

現役は8月23日から29日まで志賀高原にて夏合宿があり 26日(土)
には志賀高原総合会館98にてサマーコンサートがありました。
You Tubeに「せりふぉい」さんが①から③までに演奏内容を分割して
アップしてくれています。
(You Tubeの画面でフォイエル・コールと書き込むと出て来ます)

今年は卒団3年目の元団長や元ベースのパーマスと卒団2年目のテナー
のパーマスの方々がサマコンに行ったとのことです。
最後の③の動画でのお見送りの「美わしの志賀高原」の演奏の際に
ワインの差し入れやプレゼントを投げ入れる楽しい映像がありますので
視聴可能な方は是非ご覧ください。尚ステージで女性が背中に掛けてい
る衣装はカーディガンとのことです。

また現役のホームページには11月18日(土)の第56回定期演奏会の素敵
なチラシがアップされています。

会場 練馬文化センターです。
開場 16:30 開演 17:00 です。

開場 開演時間が早めですので気をつけましょう。
練馬文化センターは今年で3年連続の定演会場です。


そして10月17日から20日まで靖国神社で秋の例大祭委があり 現役による
合唱奉納があるはずです。出演日時が決定すると現役ホームページに掲載され
ると思いますので皆さんも注目して 伺える方はどうぞお越し下さい。


私ばかりの投稿ではつまらないので 皆さんの投稿もお待ちしています。

それでは またね。







 

GWですね

 投稿者:85 T kitakita  投稿日:2017年 5月 5日(金)11時03分47秒
返信・引用
  皆さんお久しぶりですね。
やっと全国的に暖かな季節となりゴールデンウィークも後半になりましたね。

先日 現役フォイエルからは5月3日より7日まで福島県の裏磐梯に新入生歓迎
合宿に出かけるとのメールがありました。きっと今年もまた初々しくパワー
溢れる若者たちが沢山入団してくれたと思います。

私は今年に入って2月15日(水)に新国立劇場中ホールに83期Sのシュワッチ
さんが出演するオペラ『オテロ』を83Bの守○さんと83Sの富○さんと84Tの
鮎○さんと私の4名で観に行きました。とても素晴らしいステージに感動
しました。
演奏会終了後には富○さんと鮎○さんと私の三人で初台駅近くの「養老乃瀧」
で楽しく飲みました。

3月4日(土)には新宿区角筈区民センターに83Bの守○さんが出演する
独唱・重唱会にも行きました。守○さんは前半で日本の「九十九里浜」と
後半でヴェルディのオペラ『椿姫』から「プロヴァンスの海と陸」をそれ
ぞれ独唱され また最後のトリの重唱で同世代のテノールの方と共にオペラ
『ルチア』より「おそろしい夜だ」を熱唱されました。
客席は236席の小ホールでしたが 観客の惜しみない拍手は鳴り止みません
でした。

また先日現役の演実会から昨年の第55回定期演奏会のブルーレイ等が郵送
されて来ました。恐る恐る再生してみましたが 当然ですがやはり年配卒団生
は皆 年相応な容姿になっており 私自身かなり冷や汗が出ました(笑)。

しかし皆さんお仕事や子育て等も一段落して またいろいろなかたちで合唱を
続けられてなによりだと思います。


さて話は変わり 4月に入り東都大学野球春季リーグー戦が始まりました。
この時期には神宮球場前にある國學院高校の桜の花がとても綺麗なんです。

大昔私が入団した頃に皆の会話の中で盛んに「コッコー コッコー」という
言葉が出ていたので 私はてっきり当時青果店に並んでいたリンゴの品種の
「国光」だと勘違いして「どなたか先輩に東北のリンゴ農家の御曹司がいる
のかな~?」と勝手に思い込んでいました(笑)。

その我らの大学硬式野球部は今季かなりしぶとく強いのです。
4月12日からの國大VS専大戦では2勝1分で勝ち点1を取り 18日からの
対日大戦でも2勝1敗で勝ち点1を取り 更に5月に入り対中央大戦に
おいても2連勝して勝ち点の合計は3となり 現在単独で第1位です。

特に中央大と國學院大戦では両校のグランドでの死闘もさることながら
両校の応援団は東都大学の中では1・2を争う程の素晴らしい応援団
です。そのスタンドでの応援展開は感動ものでした。

我らの母校はひょっとしたら今季優勝するかもしれません。
これからも5月9日からは対東洋大戦があり また16日からは最終戦
となる対亜細亜大戦がありますので 現役諸君や都内及びその近郊の
卒団生の方々も もしご都合がつけば どうぞ神宮球場へ一度足を運んで
皆で一緒に我らの母校を応援してみましょう。

國大の学生は学生証を野球部員に提示して学年 学部 氏名等を記入すれ
ば無料で入場できます。
一般の入場料は1300円ですが60歳以上の方は運転免許証等を提示すれば
1000円に割引されます。

但しご来場の際は雨天や東京六大学の試合順延等で日程変更が多々ありま
すので 詳しくは「東都大学野球連盟」のホームページで試合日程等をよく
ご確認の上 ご来場ください。

そうそうホームページといえば現役フォイエルのホームページがすっかり
リニューアルされて とても素敵になりましたね。
新聞委員長のKAZUMA君を中心とした現役諸君はこれからも私たち閲覧者を
楽しませてくださいね。ずっと応援しています。


それでは またね。










 

お久しぶりです

 投稿者:85 T kitakita  投稿日:2017年 2月13日(月)18時41分23秒
返信・引用
  お久しぶりです。

東北地方や日本海側の豪雪地帯の皆様には心よりお見舞い申し上げます。


皆さんはお元気ですか。
私は昨年の大晦日の午前中にこの掲示板に2時間をかけて投稿を試みたのですが
残念ながらインターネットの接続不良により投稿が一瞬にして全て消えてしまいました。
さすがに落ち込みましたが仕方がありません。

またお正月の箱根駅伝の往路・復路の沿道応援の様子も投稿するつもりでしたが
それもその後に引いた風邪が長引き ついそのままとなってしまいました。

ところで昨夜 同期の木○氏よりメールがあり 彼は昨日82期の望○氏や同期の
うさ君が出演する埼玉県川越市合唱連盟創立35周年記念演奏会に行き 合唱を
楽しんできたそうです。
演奏では「韃靼人の踊り」がバレエ付きであったそうです。

またそのメールによると彼は今週15日(水)午後4時50分から始まるNHK総合
テレビの「ニュースシブ5時」という番組の中で5時30分頃から恵比寿の特集
があり 木○氏も登場するとのことです。
私はその日の夜は新国立劇場中ホールに83期Sのシュワッチさんも出演する
歌劇「オテロ」を鑑賞しに行きますが 当日はテレビの録画をセットして翌日
見るつもりです。彼が何を語るのか楽しみです。
一部ではご覧になれない地域もあるかもしれませんが どうやら全国放送の
ようです。
皆さんもよろしかったらご覧くださいね。


現役では先週11日(土)に追い出しコンパがあったようです。
4年生の皆さん お疲れ様でした。
来月の卒業式以降からはいよいよ新OBOGですね。
後日の現役のホームページが楽しみです。


さあ まだまだ寒い日々が続きますが どうぞ皆様ご自愛ください。

それでは失礼します。










 

第55回定演無事に終了

 投稿者:85 T kitakita  投稿日:2016年12月16日(金)18時16分57秒
返信・引用
  早いのもで11月25日(金)の第55回定期演奏会終了からもう3週間になりますね。
しかし今回も無事に定演が終了してホッとしました。

今年はOBOG合同ステージの年でしたので 現役の皆さんには6月4日(土)の第
1回練習会から11月13日(日)までの実に9回にも及ぶ合同練習の場を設けて
いただきました。

定演前日の24日は関東地方では思わぬ大雪となり 私は駐車場の車に積もった雪
下ろしにかなり時間を取られました。
しかし当日の25日(金)は雲ひとつないドンピシャの晴天となり安堵しました。
そう昔からフォイエルの定演の当日には傘が要らないという私が勝手につくった
ジンクスは今年も当たりました(笑)。

当日は合同ステージに出演するOBOGは15時40分集合で 16時から卒団生のみで練習
室での発声練習をして16時50分から40分間 現役との最終リハーサルがありました。
男性は紺系のスーツに白のワイシャツとそれに合うネクタイで 女性は定番の白のブラ
ウスに黒のロングスカートです。ちなみに今回のOBOGの出演者数は Sが6名 Aが7名
Tが3名 Bが8名(80期代13名 90期代3名 100期代8名)の合計24名でした。

現役との合同ステージは最初の第1ステージです。
18時30分に緞帳(ドンチョウ)が上がると女性副コーの指揮による校歌斉唱・合唱です。
卒団生は皆ここまでは暗譜で正確に歌えるのです(笑)。

志賀先生の指揮の下 1曲目はボロディンの歌劇イーゴリ公よりの「韃靼人の踊り」
です。ここからは黒の楽譜カバーを広げての演奏です。
私は英語の発音で四苦八苦していましたが 全ての練習会に出席できたせいか完璧
ではありませんでしたが 楽しく歌えました。
2曲目と3曲目は第50回定演のときの第4ステージの混声合唱組曲『炎への讃歌』
から「火焔太鼓」と「「一粒のいのちへの流れは」でした。「火焔太鼓」のあの
ダダダダの8分音符と16分音符の入り混ざったリズムが難しくて冷や汗ものでし
たが 私たち卒団生は予めタキシード姿の現役の間に皆上手く配置され 学生より
も劣る技術を左右前後からしっかりカバーしてもらえて大変助かりました。

今回の観客席は1階席のみで2階席は閉鎖でした。1階席は864席で観客席は85%
位埋まっていましたので 約730名の来場者数だったと思います。
客席には見知った人が幾人もみえました。

約22分の1ステが終わり緞帳が下がったあとは周囲の現役に丁寧にお礼を言って
直ぐに楽屋に戻り 荷物・コート類を抱えて楽屋出入り口から出て 正面入り口
より入場して 指定された前列の席に座りました。
現役は15分間の休憩時間のなかで 直ぐに2ステの準備です。


2ステはディズニー曲集のミュージカルステージでした。
緞帳が上がるとドキリとしました。夏合宿のサマコンのYouTubeの動画に比べて
約20名も増えており 70名以上の団員がいて圧巻でした。そして動画では気が
付かなかったのですが 全員靴は履いてはおらず 女性は白のフットカバーで 男性は
黒系の厚手の靴下を履いてステージ上での騒音防止を図っていました。
私は最初女性たちは皆 白足袋を履いているのかと思いました(笑)。

下手側に立つ副コーのAmiさんの指揮の下 女性は淡い青やオレンジや紫等のカラ
フルなスカートはとても素敵でした。また微に入り細を穿つその演出はよく
練り上げてあり 全員乱れもなくよく歌い上げていました。

また譜めくりはベースの4年生のS君でした。私はフォイエルの定演で今回
初めて男性の譜めくりの方をみました。彼はとても酒が強い人なんです(笑)。

最後に丹精込めてこのステージを練り上げて来た演実会の女性5人が揃って
お辞儀をしたときは「ああ~よくここまで演出したな~」と感動しました。


第3ステージは学生指揮者のo-石君が指揮する 混声合唱組曲「わたしの中
にも」でした。5曲とも作詞者が違う組曲です。今回の学指揮は珍しくグレー
のスーツ姿で指揮をしていました。彼は練習会のときからとても学生とは思え
ぬほどの冷静さと機智に溢れており 堂々たる大人の対応ぶりは その優雅な
指揮にも現れていました。

また今回のプログラムの薄い黄色や白や赤のお花畑のとても明るい綺麗な表紙
は演実編集長で いつもにこにこ笑顔が可愛い目○さんが水彩画で描いたもの
でした。彼女によるとこの3ステの4曲目の「休息」の歌詞からイメージして
描いたといっていました。

譜めくりは4年生のアルトの鵜○さんでした。彼女が2年生のとき演実会で
一度「うの花」でお会いしたきりですが 同期ソプラノの亀○さんやkanaさんと
同様に 女性は2年も経つとぐっと大人の女性になっていきます。
とてもしっかりとした素敵な第3ステージでした。

最後の第4ステージは志賀先生の指揮の下 混声合唱組曲「深き淵より」で
した。最前列には胸に黄色のコサージュを付けた4年生たちがずらりと23名
も並び 壮観でした(昨年は10名)。
5曲目の「うたを うたって あげたい」には少し目がウルウルしました。
4年生はもうこれでステージでの歌い納めですものね。


昨年の団長や技術長や演実長の皆さんやOBとの交流が無かった方々も来年
4月からは教職員や神社関係 更に進学やフリーターやダブリン君等いろいろだと
思いますが 皆よくぞここまで頑張って来たと褒めてあげたいと思います。

そして3年生諸君もお疲れ様でした。今頃はきっと総会・改選等の来年度
に向けての準備段階でしょうね。重荷を下ろせてホッと一息ですね。
しかし私は毎年書いていますが フォイエルの在籍期間は3年間ではなく
4年間です。しばらく休団する場合はせいぜい5月のゴールデンウィークまでと
して連休中の福島での新歓合宿からは参加して 今度は上から目線なしの
一兵卒として新3年生の指示に従いましょう。

2年生1年生の皆さんは さあここからが自分たちの出番です。
やりたくない役職での仕事や もう絶対に関わりたくない人たちとの交流を
経験することにより皆徐々に成長してゆくものです。

最後に私たち合同ステージに参加したOBOGに対し 現役の皆さんは最善を尽く
して対応していただき 感謝の念に堪えません。
大変お世話になり ありがとうございました。


それでは またね。










 

第55回記念定演の御礼

 投稿者:87B入子  投稿日:2016年12月 8日(木)17時57分4秒
返信・引用
  定演が終わって早や2週間、本格的な冬になりました。

↓90TのSさんの書き込みにもありますように平日にもかかわらず多数のOBOGにご来場いただき、OBOG会長西山さんをはじめOBOG会運営担当の一人として感謝申し上げる次第です。
個人的には当日はOBOG合同の第1ステージの出演に加えて受付の運営(設営~撤収等。OG名古屋さんありがとうございました)で忙しく皆様に充分な応対ができなかったこと、申し訳なく思っております。
また、89期Tの堀江さんからは各先生方宛だけでなく出演のOBOG宛にも大きな盛花2基を届けていただき、あらためてご披露と感謝を申し上げます。
さらに、来場の皆様にお願いしたご厚志は12名のご協力をいただき、合計83,000円が集まりました。そのうち80,000円を当日の打ち上げで現役の団長の花ヶ崎さんに西山さんから「援助金」として渡していただきました。残る3,000円は10月22日に開催したOBOG懇親会の残金と合せて次回の連絡・運営用に運営担当一同でお預かりいたします。
(ちなみに残高は26,841円です)
さて、鬼が笑うかも知れない来年の話ですが、現役からの報告で次回の第56回定期演奏会の会場と日程が決定したとのことです。

★第56回定期演奏会
日程:平成29(2017)年11月18日(土)
会場:練馬文化センターこぶしホール(大ホール)→今年と同じです。
(今年土曜日が当たれば…。)

記念定演は済みましたが、OBOGの皆様には来年以降も引き続き現役の様子を見守り、定演はもちろんのことコンパなどにも顔を出して現役の諸君と交流を深めていただきたいと考えております。
まとまりませんがご報告といたします。ありがとうございました。
 

55回定演お疲れ様でした

 投稿者:90TのS  投稿日:2016年11月28日(月)21時39分43秒
返信・引用
  卒団後35年が経過した90期OBの私ですが、
久々に(恐らくは20年ぶりに)、栃木から聴きにまいりました。

現役との合同ステージに参加されたOBOGの皆様、お疲れ様でした。
私の同期ではただ一人、バスの井上君が元気に歌っていました。

年度当初は当方も参加意思を表明して譜読みを開始しましたが、
練習の大半が土曜設定のため、
勤務先の学校や現在の所属合唱団の練習との兼ね合いで挫折しました。
申し訳ありません。
若い学生に混じって難曲に挑戦された皆様には、本当に敬意を表します。素敵でした。

それにしても、ステージの現役の学生の皆さんの若いこと! 見た目も声も……。
自分の子供よりも、はるかに若いのだから当たり前ですね。
その子たちが、自分もさんざん歌った校歌や団歌を思い入れたっぷりに歌うのだから、
何とも不思議な気分になりました。

誇らしげにコサージュを付けて、最終ステージに立った4年生の皆さんもご苦労様でした。
4年間のフォイエル時間はさぞかし濃密な時間だったことでしょう。
さあ、皆さんの人生の本番はこれからです。
ここでの財産を糧にして、大いに頑張ってくださいね。

帰りの電車の時間の関係でそそくさと会場をあとにし、
どなたともご挨拶をかわすこともできなかったご無礼をお許しください。





 

/24