teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re:久々に豚しゃぶ

 投稿者:にしこ  投稿日:2016年11月 7日(月)18時11分59秒
  我が家も豚しゃぶは大好きです。
鍋に浮かべた千切りのネギを、しゃぶしゃぶした豚肉に
たっぷりと巻いて食べるのが我が家の近年のブームです。
とても美味しく、かつ安上がりです(笑)。

もちろん、美味しい牛のしゃぶしゃぶには敵いません...
 
 

神宮外苑の悲劇

 投稿者:adam  投稿日:2016年11月 7日(月)09時45分36秒
  葛西に前の作品を見ると、井桁に組んだ角材の間に鉋屑を貼付けて
ありました。
見た瞬間の印象は”キャンプファイヤー”も準備完了でした。

NHKでは、おがくずと言っていましたが、鉋屑ですよね。

ボーイスカウト経験者やキャンプでたき火やキャンプファイヤーを
経験した人が一人でも居れば、防げた事故であり理恵委任源から
観れば犯罪でしょう。

工学系は理系に非ず!
現場を知れ!
 

久々に豚しゃぶ

 投稿者:adam  投稿日:2016年11月 5日(土)08時35分47秒
  昨日蓋ロース(脂身少なめ(の薄切りの美味しそうなのを見つけて購入し
昆布と日本酒で濃いめの出汁を造って食べました。

しかし、ほうれん草や春菊は手に入らず、寝gも万能ネギ程度の太さの物
しかなく、豚肉も表面は薄かったのですが開けてみたら、すき焼き切りで
した。
青菜は、豆かの葉で代用し、ゴマだれは和風ごまドレッシングをアレンジし、
メインのタレは大根おろしに出汁醤油+カラマンしー、彩りは人参の薄切り
(ピーラー切り)のへんてこな物になってしまいました。
でも、久しぶりだった事もあり美味しく頂きました。
 

Re:朝飲みは止めま笑ね。

 投稿者:にしこ  投稿日:2016年11月 4日(金)18時56分43秒
  昼呑みはしますが、朝呑みはしません。
昼呑みをした日は、夜呑みはしません。

まあ、何だかんだで呑んでいますが(笑)。
 

Re: でも大丈夫。

 投稿者:adam  投稿日:2016年11月 3日(木)08時34分50秒
  それを信じましょう。
でも、朝飲みは止めま笑ね。
 

Re2:「角打ち」で昼呑み

 投稿者:にしこ  投稿日:2016年11月 2日(水)22時30分15秒
  >『昼飲み』?アル中じゃあないの? へへ

一歩手前のような気が。。。(笑)

でも大丈夫。
日本酒なら1合前後で、それ以上は入りませんので。
 

Re: 「角打ち」で昼呑み

 投稿者:adam  投稿日:2016年11月 2日(水)08時04分9秒
  「角打ち」と言うのは初耳ですが、酒屋での立ち飲みと言うと江戸川橋に
会社があった頃に良く見掛けましたが、殆どはブルーカラー族で多くは
印刷関係で働く方で油汚れしたイメージが強かったです。
ある部長(大酒飲み)が夕食後に引っ掛けている所を女子職員に観られて
噂が広まってしまい、内規(口頭)で禁止令が出ました。

『昼飲み』?アル中じゃあないの? へへ
 

Re:酒のあて

 投稿者:にしこ  投稿日:2016年11月 1日(火)19時10分48秒
  最近、「角打ち」で昼呑みする機会が多く(汗)、”酒のあて”という言葉を
よく耳にするようになりました。私は、”酒の肴”か”酒のつまみ”しか
使いません。”あて”って何か好きになれない響きなんですよね(笑)。

因みに「角打ち」。「立ち飲み」と言ってもいいんですが、酒屋の一角での
立飲みはやはり「角打ち」の方がピンときますね。私は、「立ち飲み」より
「角打ち」という表現、響きの方が好きです。
 

Re2: スイカやゆで卵には食卓塩を

 投稿者:adam  投稿日:2016年11月 1日(火)08時45分17秒
  つきに1~2回の事ですし、酒のあてよりも塩分少ないと思いますが。 へへ  

Re:スイカやゆで卵には食卓塩を

 投稿者:にしこ  投稿日:2016年10月31日(月)19時01分59秒
  ん~ 確かにその方が美味しいのですが、私は塩分取り過ぎ傾向なので
ゆで卵は、マヨネーズですね。そして、スイカには何もかけないです。
 

Re: 淡泊過ぎる鱈の鍋が好き

 投稿者:adam  投稿日:2016年10月30日(日)22時49分8秒
  へへ、歳の所為もあると思いますが、食生活は週間の積み重ね
ですからね。
私も庭園料理に親しんでいるうちに、外食も好みが変化しています。
でも、スイカやゆで卵には食卓塩を欠かしませんが。
 

Re2:鍋

 投稿者:にしこ  投稿日:2016年10月28日(金)19時12分56秒
  昨年の1月頃は、術後の食事としてタラなどの白身魚を食べさせられておりました。
それまで、鱈の鍋チリなど食べなかったのですが、その時期の食事のおかげで
淡泊過ぎる鱈の鍋が好きになりました。
来年の1月は術後2年検診です。とても元気ですが、どうなることやら。
 

Re: 鍋

 投稿者:adam  投稿日:2016年10月28日(金)09時37分41秒
  日本に居る時は、南部鉄器などの鉄鍋(すき焼き用大小・田舎鍋:囲炉裏に
掛かっているイメージ)、土鍋数種(多くは出張の際に各地で購入)があり。
鍋大臣だったのですが、全て於いて来てしまいました。
(唯一鍋焼きうどん用の鍋は持って来ていた。)

でも、セブに住んで数年経った頃から鍋が食べたくなり、気に入らない鍋を
ホワイト・ゴールド・クラブで購入しました。
最近やったのは、蟹・エビ・貝類+野菜の海鮮系の薄味の物で。〆はうどん
でした。
すき焼きは、OGびーふの固まりの良さそうな時にオーダーかっとしてもらって
鋳物ホウロウの鍋でやっております。
 

 投稿者:にしこ  投稿日:2016年10月27日(木)21時26分29秒
  鍋の美味しい季節になりましたが、近年、手軽で美味しい
鍋用の袋入り液体スープの種類が増えましたね。
我が家もよく利用しています。簡単に美味しく作れます。
〆は、うどん、ラーメン、雑炊、おじや。。。じゅるり。
 

Re: 「ニラ、卵、モヤシのスープ」

 投稿者:adam  投稿日:2016年10月27日(木)09時43分54秒
  我が家(元)でも良くやっていましたが、人参の薄切りも入っておりました。
ニラ、卵、モヤシは、物価の優等生ですし、直ぐに出来ますからね。
(日本の卵は、高級品もありますが。)
その昔、ニラは花壇の縁取りに植えていたので、しょっちゅう食卓に上って
おりました。
子供の頃は甘利好きではありませんでしたがね。

セブのニラは一般に細くて葉が薄く、良く言えば癖が無いのですが物足りま
せんが。戦時誓ったのは我が家で生息している物よりは太くて厚いもので、
美味しかったです。
 

Re:ニラ卵丼

 投稿者:にしこ  投稿日:2016年10月26日(水)21時30分42秒
  我が家では、寒くなるにつれ「ニラ、卵、モヤシのスープ」が
わりと頻繁に食卓に並びます。まあ、栄養はありそうだし、
体も温まるし、私も息子も好きです。
 

ニラ卵丼

 投稿者:adam  投稿日:2016年10月26日(水)10時46分34秒
  昨夜は、何となくかったるく食よくもなかったので、ニラ卵丼を造って
食べました。
ニラはこちらの物としてはしっかりとした物があったし、卵は近年御気に
入りの茶タマ(黄身の色と味が良い)で(葉ネギも少々)造ったので、
色味も良くぺろっと平らげてしまいました。

20年ぶりぐらいかな、ニラ卵丼。
 

Re2:※ほっこり

 投稿者:にしこ  投稿日:2016年10月25日(火)19時35分37秒
  >私の中での”ほっこり”は、”柔らかく暖かい”あるいは”心暖まるXX"と言う感じ

「まっこりを飲んでほっこりした。」・・・この使い方は無しですね(汗)。

最近、どぶろくを飲む機会が何度かありまして、先日飲んだ
長野の十二六(http://doburoku.jp/)は美味しかったです。
 

Re: ※ほっこり

 投稿者:adam  投稿日:2016年10月25日(火)07時43分58秒
  前にも話したような気がしますが、東北地方の日本海側(秋田県や津軽地方など)
には、古い今日言葉の一部が残っておりました。
現在も生き残っているかはかなり不確実ですが。
そして、内陸部(山間部)に行くほど古い時代の言葉(単語)は、音や振動の
伝播と告示しております。

それで、私の中での”ほっこり”は、”柔らかく暖かい”あるいは”心暖まるXX"と言う
感じです。
 

Re:セルホンではなく本を読む

 投稿者:にしこ  投稿日:2016年10月24日(月)19時12分57秒
  そのような女性、日本でも電車の中で稀に見かけます。
そんな時、私は「ほっこり」するのです。。。(笑)

※ほっこり
 京都言葉:つかれた。がんばった。
 標準語 :あたたかいさま。ほっとするさま。
 

レンタル掲示板
/186